【第5話】「10の秘密」のあらすじや感想をまとめ

「10の秘密」第4話では、由貴子の闇の部分が一気に露出し始め、圭太と瞳のかんけいも再び壊れてしまいました。

また、帝東建設の闇や由紀子とのつながり、そして竜二もなにやら隠している様子…

今後どのような展開になっていくのか、第5話のあらすじをまとめました。

「10の秘密」第5話のあらすじは

瞳が家を出ていき、だらしない生活を送っていた圭太の元へ圭太の母親が訪ねてくる。

瞳が志望校を変えると言っていることを聞き、お金を手に入れることを決心した圭太。

再び帝東建設に出向き、3000万を要求。しかし、竜二に由貴子は3億円を帝東建設に要求していることを聞かされ、由貴子よりも小さな人間であるとバカにされてしまった。

菜七子の実家で店の手伝いをしていた瞳のもとに翼から電話がきて会うことに。
10年前の事件の真相を暴くように瞳に伝える。

それを隠れて聞いていた菜々子。怪しい翼の態度に不信感を持ち、圭太に報告することに。

由貴子は残りの3億円を竜二から回収する。

しかし受け取った帰り道、警察に返送した何者かのグルーブにそのお金を盗まれてしまった。

そのお金を盗んだのは、なんと圭太だった。

圭太は由貴子の悪友でかつて偽装パスポートを頼んでいた男性にコンタクトを取り、その男らと協力して3億円を盗んだのだった。

圭太に3億円を取られたことを知った由貴子は、夜中に圭太の自宅に潜入。しかし圭太が警察に通報し、金を見つけることはできなかった。

由紀子と圭太はそこで鉢合わせし、3億のことについて話をする。瞳のために使うんだと3億を返さない意志を示す圭太と、自分のお金だと主張する由貴子。

結局話は平行線のまま解決せず…

瞳と久しぶりに会い話す圭太だったが、結局また瞳に嘘を付き嫌われてしまった。

菜七子は夜のクラブに出没。いつもとは違った派手な出で立ちで、怪しい男とどこかへ向かう菜七子は、何か隠しているようだった。

そんな菜七子だが、翌日にはいつもと変わらない様子で圭太の家に。

瞳と翼が二人であっていたことを話し、翼と会うようになってから瞳が10年前の事件のことを気にしだすようになったことに気づく。

二人であっていた瞳と翼の元に向かい、瞳を帰らせた圭太は翼と二人で話すことに。

翼は10年前の事件の被害者女性の一人息子で、それが原因で白河家のことを調べ、瞳に近づいたと話す。

圭太の言葉に逆上し、ナイフを手に襲いかかってくる翼。

しかし翼は「偶然ではなく母はあの日訪ねてきた男に火事に見せかけて殺された」と話す。

瞳が起こした偶然の火事で亡くなってしまったと思っていた圭太は、意図的に殺したんだという翼の言葉に違和感を覚え否定するが、翼の耳には入らなかった。

一方自宅近くで外出する瞳を尾行する由貴子を発見し、声をかける菜七子。

由貴子は自分の3億円を圭太に奪われたことを菜七子に伝え、菜七子に報酬を払う代わりに自分の手伝いをしてくれないかと持ちかける。

しかし菜七子は応じず、由貴子は不敵な笑みを見せながら立ち去っていった。

「10の秘密」第5話の感想は?

「10の秘密」第5話を見た皆さんの感想がこちら!

https://twitter.com/niyaniadrama4/status/1227386438670356481?s=20
https://twitter.com/tanakajuri615_/status/1227383550523002880?s=20
https://twitter.com/Q8QXnFzLgvKQQbx/status/1227378010484948992?s=20

「10の秘密」今後の展開を予想

まとめ

いかがでしたか。

「10の秘密」の第5話のあらすじやまとめをまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です