【炎上再来】がーどまんがコレコレを告訴?原因となったツイキャスは?

ドッキリ系の動画で人気を集めているYouTuberのがーどまんさんと、物申す系YouTuberとして様々なゴシップネタを軽快なトークで斬るコレコレさん。

両者とも今やYouTube登録者数が100万人を超える超有名配信者ですが、何やら法的措置を宣言するという話が上がっています!

目次

がーどまんがコレコレを訴えるとツイート

実はコレコレさんとがーどまんさんは以前にも一悶着が有りました事、ご存じでしょうか?

有名なYouTuberに突撃し、コラボを実現する手法で注目を集めているへずまりゅうさんというYouTuberのiPhoneを、突撃されたがーどまんさんが派手に壊すという事件。

この事件にはコレコレさんが介入するのですが、へずまりゅうさんによる嘘で誤解が生じ、がーどまんさんとコレコレさんの間に敵対関係が生まれてしまいました。

結果的には両者で和解が成立し、解決したはずなのですが、がーどまんさんがコレコレさんを訴えるという内容のツイート。


出典:Twitter

今度は一体何があったのでしょうか…?

コレコレががーどまんを非難したツイキャスと内容は?

2020年3月29日にコレコレさんのツイキャス生配信で、へずまりゅうさんと親しいYouTuber「柴犬key Channel」さんが、がーどまんさんとへずまりゅうさんのやり取りはヤラセであるという情報を話し出します。

柴犬key Channel


出典:Twitter

ツイキャスにはへずまりゅうさんも参加していたのですが、この件については「言えないんで…もう名前すら言えないんで。」と終始黙秘。

この態度からコレコレさんは「言われたくないことがあるからお互いの名前を出せない」「めっちゃ怪しいね」と発言しています。

この動画を見たがーどまんさんが一本の動画を公開します。

動画でのがーどまんさんの主張
「示談をしたのだから、これ以上話を蒸し返さないでくれ。」

一方コレコレさんの主張
「自分から話題を出しているわけでは無い。ただ言われたらやり返す。」

また、がーどまんさんは「自分の彼女の話題も出さないで欲しい」としておりますが、コレコレさんは「あのクソ女から先に攻撃された」と反論する等、お互いの主張が平行線を辿っている事が分かります(^-^;

がーどまんさんは動画で自分の主張した事を3つにまとめています。

「示談で終わったのだから、蒸し返えす事無く一切喋るな。」
再三訴えている事ですし、電話でも直接話したのだから、もう止めて欲しいと。
そもそもへずまりゅうさんの件で介入してこなければ、こんな事にはならなかったとも発言しています。

「彼女のツイートに対して納得したのだから、もう攻撃するな。」
がーどまんさんの彼女はコレコレさんの言動に対して、少し過激なツイートをしております。


出典:Twitter

この件に関しても、コレコレさんは納得したと言っているのだから、彼女に対しての攻撃を止めて欲しいと訴えております。

「二度と彼女の話はしないと言っておきながら、話題にしている。」
動画内でも確認出来ますが、コレコレさんは配信で取り上げないと了承しております。
なのに約束を破った事にがーどまんさんは怒りを露にしています。

スポンサーリンク

SNS上のみんなの反応は?

今回の騒動をリスナーはどのように受け止めているのでしょうか?
SNS上では色々な意見が出ていますね。

 

お互いに信者とも言えるファンがおりますので、激しい意見のぶつかり合いも見られる一方、「仲良くしてほしい」と言う穏健派もいれば、冷静に両者の言動を分析する等様々ですね。

まとめ

がーどまんさんとコレコレさんの間で起きた法的措置にまで発展しそうな争いについてまとめてみましたが、如何でしたでしょうか。

確かにがーどまんさんの動画での主張を見ると、コレコレさんが約束を破棄しているようにも見えます。

しかしがーどまんさんの「法律的とかルール的じゃなくて、人間として考えてやってる事ヤバいよ。」という発言の通り、法律的にアウトな行為はコレコレさんにはありません。

コレコレさんの配信スタイル上、絶対ネタにされてしまうのは分かっていた事なので、がーどまんさんもある程度覚悟が必要だったのかもしれませんね…(^-^;

こちらの記事も一緒にどうぞ!

 [kanren id=”8935″]

 [kanren id=”8888″]

 [kanren id=”8807″]

 [kanren id=”8799″]

 [kanren id=”9614″]

 [kanren id=”9513″]

 [kanren id=”9182″]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる