[情報まとめ]石原さとみの旦那は東大卒で会社はゴールドマンサックス!海パン姿で雑誌でモデルもしていた!

昔と違って今は、俳優さんや女優さん、アイドルであっても結婚を決断されるケースが多くなりました。

おめでたいことですから、そういった話がたくさん持ち上がるのはハッピーなことですが、ファンとしてはどこか複雑な気持ちもあるようです。

石原さとみさんも2020年に結婚を発表し、少なからずファンはロス気分を味わったと思いますが。

お相手の男性が一般人ということが分かると、自分だって出会えるチャンスがあったじゃないかと落胆したようです。

そんなわけで、世間から大いにヤキモチを妬かれることになった旦那さんですが、なかなかのハイスペックをお持ちであることが判明してきています。

一般のかたなので顔や名前などは伏せられていますが、多少の情報はちらほら出回りつつあるようです。

そこでここでは、今わかっているところでの旦那さんのプロフィールをまとめつつ、どんなかたなのかをチラ見していきたいと思います。

石原さとみ旦那はどんな人?簡単なプロフィールがこちら

https://audition-list.com/%E8%8A%B8%E8%83%BD%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%81%AE%E7%B5%90%E5%A9%9A%E7%9B%B8%E6%89%8B%E3%81%AF%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%8B%E6%97%A6%E9%82%A3%E3%82%92%E5%BE%B9%E5%BA%95%E8%AA%BF%E6%9F%BB_i620
  • 名前 不明
  • 生年月日 不明 (石原さとみさんと同い年か一つ年下)
  • 出身地 東京
  • 最終学歴 東京大学卒業

一般のかたということで、さすがにお名前は公表されていませんし、生年月日の方もはっきりとしたものはわかりません。

ただ、石原さとみさんの一つ年下や同い年といった情報があることから、もしかすると1987年の早生まれの可能性はありそうです。

出身地はというと東京のようですが、父親の仕事の関係で海外生活も長いといいます。

ですから、高校は日本ではなくドイツのインターナショナルスクールを出ているようです。

そうなると当然のことながら多言語を話せるので、さまざまなテーマについてのディスカッションを盛んに行っていたものと思われます。

中でも、人権問題については高校時代から重きを置いて取り組んでいたようなので、たくさんの意見に刺激を受けながら活動していたのではないでしょうか。

こんなところを見ると、日本人だけど海外の空気感も持ち合わせているような姿がイメージできますね。

更に、大学は東京大学卒業ということで、国際社会に適応しこれからの日本を回していくような人物であることは間違いないようです。

そんな彼のお顔の雰囲気はというと、小泉進次郎さん系の爽やかイケメンだそうで。

しかも、スポーツ好きということで、体格も恵まれて引き締まった細マッチョさんだということです。

トータルすると、容姿端麗で東大卒、多言語を操り海外対応可能で人権問題にも取り組むような個人の意思をしっかり持った人物となります。

とにかく非の打ち所がないというか、一般人だけど少し手の届かないところにいる人という印象です。

さすが、石原さとみのおめがねに叶うかたは違うんだなと納得してしまいます。

石原さとみの旦那の会社はゴールドマンサックス!

https://strong-career.com/289/

海外経験も豊富で東大卒という旦那さん。

現在は何をされているのかというと、外資系金融機関のゴールドマンサックス証券にお勤めなのだそうです。

あまり詳しくなかったので調べてみてびっくり。めちゃめちゃ老舗の大企業じゃないですか。

そもそもゴールドマンサックスは、1869年ニューヨークに創業した証券会社で、世界でも有数の有名企業なのだそうで。

証券・投資・投資銀行・投資調査を担い、世界の金融資本市場で業務を展開しています。

まさに、世界のお金の流れの一角を担っている会社といっても過言ではないでしょう。

信用・知名度・実績ともにトップクラスなのは間違いない話。

ですから、クライアントも金融機関や政府機関、個人投資家といった世界中のVIPの方々が中心になっています。

日本では1974年に駐在員事務所が設立され、以来45年以上に渡り業界トップを走っているようです。

金融業界などに詳しくなくとも、どれだけ大規模で由緒ある会社であるかは伝わってきます。

その分きっと、個々の仕事内容も責任重大で、迅速で柔軟な対応力も必要となってきそうですね。

大きなプレッシャーを抱えての、業務や交渉も多いかもしれませんし。

しかも、世界を相手にしているわけですから、日本での業務遂行には時差の問題や言語の問題等もクリアにする必要があるわけです。

ざっくり想像しただけでも、強靭なメンタルと体力、世界基準に対応可能な言語・文化・交渉能力が必要ということになります。

そんな業務を日々こなせる人なんて、スーパーエリートというしかないですよね。

イメージ先行で大きく言い過ぎているかもですが、とにかく、旦那さんはもの凄い会社にお勤めということになります。

スポンサーリンク

年収5000万円⁉︎会社員以外にも自身で事業を経営していた

https://career-picks.com/average-salary/goldmansachs-nensyu/

会社の規模や業務内容、責任の大きさなどから総合的に考えれば、下世話な話ですが年収が高額であることは素人目にもわかります。

ただ、金額の想像もつかないので色々調べてみると、推定で5,000万は下らないようなんです。

凄すぎて、なんだかプロスポーツ選手の契約金みたいな額に見えちゃいますけど。

まず、ゴールドマンサックスに入社した1〜3年目くらいでの年収が900〜1,500万円と言いますから、月100万前後くらいです。

この時点で、他の新入社員の月給は大いに超えてくる額かと思いますが、世界を相手にするエリート集団と思えばそれも納得かもしれません。

その後は、キャリアアップが収入アップという形になっていくようで、旦那さんと同じ入社11年目ともなれば2,000万〜数億ということもあるのだとか。

フロントメンバーなら5,000万、年齢でいえば30代では1,500万以上は確実と言いますから、最低でも数千万の年収はあるようです。

そして更に凄いのが、そんなハードな会社に所属しながらも、ご自分でも不動産投資などを行う会社を複数経営されていると週刊誌で報じられています。

都内の一等地に、投資用のマンションや一戸建てを所有し運用しているというんですね。

それらを全て考え合わせると年収5,000万は下らない、むしろ有に超えていることさえ考えられます。

想定金額が、ぶっ飛んだ金額というわけではないことが納得いただけるのではないでしょうか。

石原さとみの旦那は雑誌に海パン姿で掲載されていた!

https://monokuro0210.com/ishiharasatomi-danma/

ここまでざっと見てきただけでも、スーパーエリートだとわかる石原さとみさんの旦那さんですが、若い頃にファッション誌に載った経験がおありだとか。

というのも、元はモデルとして活動していた経歴をもっているとNEWSポストセブンが報じたからなんです。

先ほどもふれたように、爽やかイケメンということなのでモデルさんのような活動をしていても不思議ではありませんが。

高学歴で真面目というだけじゃなく、芸能的なことにも幅広くチャレンジしてみていたんですね。

またまた感心させられてしまいましたが。

実際、どこまで本業として取り組まれていたかは別として、ワイルドな柄の海パン姿で雑誌に掲載されたのは間違いないようです。

マリンスポーツ好きということでこのショットになったようですが、スポーツをするのは好きなよう。

サッカーの経験もあって、鍛えられた細マッチョで健康的な体型を披露しています。

そして、もう一つ注目なのがその写真とともに掲載された記事。

当時の旦那さんが、理想の女性像5つを挙げたものが載っています。

  • 仕事と私、どっちが大事かと聞いてこない
  • 接点のない女友達などの話ではなく、時事ネタや仕事の話ができる
  • 健康志向は賛成だが、毎日グルテンフリーなどを求められるとキツイ
  • 仕事に対してモチベーションが高い人
  • パートナーには結婚後も働いてほしい派

恐縮ながらどうしても奥さまのことと被せて考えてしまいますが、この内容をみていると仕事に対しての考え方の理想像は十分クリアですよね。

ただ、健康やダイエットに対してのストイックな面とお話好きな面については理想像の印象とは違うようにも思えたりして。

とはいっても賢い奥さまですし、きっとその辺りもちょうど良いバランスをとっているのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

https://www.wallpaperbetter.com/ja/hd-wallpaper-fpkdc

神は二物も三物も与えたんだなと思っちゃうような、キラキラ男子の旦那さんといえるのではないでしょうか。

といっても、何もしなくてそうなったわけではなく、きっとそれなりの努力を積んでこられたのだと思います。

その結果として、海外経験豊富で語学堪能、高学歴という事実がついてきたという感じなのでしょう。

また、関心のあることにはどんどんチャレンジしたり取り組んだりしていく性格みたいですね。

スポーツでは、サッカーやマリンスポーツにチャレンジしたようですし。

人道的なことでも、高校生の頃から人権問題について海外の仲間たちと意見交換しあったりしています。

また、爽やかなルックスを活かしてモデル的なことにチャレンジもしていますから、多方面において意欲的で行動的です。

その傾向は今でも変わっておらず、ゴールドマンサックスという世界有数の企業に在籍しながらも、自身の不動産投資会社を経営されるています。

つまり、年収が5,000万とも数千万ともいわれているのもあながち遠くない数字ということです。

ここまでくると、一般人だけど一般人じゃないようなビッグな人が旦那さんなんだなと実感します。

さすが、あの石原さとみさんと結婚されるだけあるなと。

きっと仕事面についても、お互いに対等に話し合ったり意見交換しあったりできる関係なのかもしれないですね。

なんにせよ、トータル的に言ってお二人はナイスカップルに思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です