不倫関係!?小栗旬と石原さとみのデート報道の真相をまとめてみた

石原さとみさんといえば男女問わず大人気の女優さんで、そのメイク方法やファッションはもとより、プライベートなどにも注目が集まるところです。

一方、小栗旬さんといえば、今や日本を代表するような俳優さんで、ドラマや映画・舞台にと大活躍。

プライベートでは、2012年にモデル山田優さんと結婚して世間を驚かせました。

そんな二人が以前ドラマで共演を果たしていたのですが、演技と言えないほどのナチュラルなラブラブ感があったようで。

あまりのナイスカップルぶりに、ドラマの枠を超えて熱愛不倫のウワサも出るほどでした。

その後、二人のデート報道などもあってウワサに現実味をおびたりしましたが、本当のところはどうだったのでしょうか。

ということで、ここではその実を検証しつつウワサになった内容を紐解いていきます。

すると、やっぱり好き同士だったのかもと感じるような内容がたくさん判明したんです。

石原さとみと小栗旬の共演ドラマは?アドリブでキスも⁉︎

https://www.pinterest.jp/pin/766315692822567727/

石原さとみさんと小栗旬さんが共演したドラマというのは、2012年のフジテレビ系月9ドラマの「リッチマン・プアウーマン」です。

このドラマは、IT企業を立ち上げ億万長者となった才能豊かな若き社長「日向徹」と、東大理学部という高学歴でありながら内定の貰えない就活女子「夏井真琴」。

住む世界が全く違うような二人が恋をする胸キュンドラマで、翌年にはその後の二人を描いたスペシャルドラマも放送さるほど人気となりました。

その裏側には、ドキドキの展開や歯がゆくなるような二人の気持ち、素敵なキスシーンの演出の存在があるのですが。

中でも、小栗旬さんのアドリブだと言われているキスシーンが、あまりにもナチュラルで二人の息ピッタリでキュンとさせられます

それは最終回の空港でのシーンで、小栗旬さん演じる日向徹が石原さとみさん演じる夏井真琴にキスをするというところなんです。

キスをするタイミングに瞳を閉じた夏井真琴ですが、いたずら心な感じでタイミングをずらす仕草をみせる日向徹。

「ん?」と目を開けた真琴と日向の目が合って思わず二人で笑い合い、自然と改めてキスをし直します。

お互いがお互いを想いあっているような雰囲気がにじみ出ていて、キュンとする最終回の名場面ですね。

ただ、ネット公開されている携帯小説ではこんな描写はなかったようで、小栗旬さんのアドリブというか二人が醸し出した自然な流れだったと言えます。

石原さとみと小栗旬がニューヨークでデート報道!

https://treeoflife999.com/oguri_ishihara_kiss

まるで恋人同士のようだったという石原さとみさんと小栗旬さんのBARでのデートが、当時の週刊誌で報じられました。

それは、「リッチマン・プアウーマン」のスペシャルドラマの撮影でニューヨークに滞在しているときの出来事だったようですが。

宿泊先のホテルのBARで、お酒を飲んでいたという二人。共演者同士ですし、久しぶりの同じ現場ならそういった場面があってもおかしくはないと思えますが。

ただ、その雰囲気が共演者の枠を超えて、ドラマの中の日向徹と夏井真琴が飛び出してきたような感じだったようなんです。

大きな声で笑いあって大盛り上がりで、ハグしたり手を繋いだりとかなり良い雰囲気だったと言います。

週刊誌の内容では、その後に小栗旬さんから「ちょっとだけオレの部屋で飲み直さないか」と誘いを受けたという石原さとみさん。

「えー」と言いつつも少しだけならという感じで、二人一緒にその場から立ち去ったとありました。

一緒に部屋に入るなどの決定的な写真はないようなので全てが憶測ながらも、その日二人は一晩を過ごしたと実しやかに言われているようです。

そもそも、役に入り込んでしまって共演中は本気でお相手を好きになってしまうタイプの石原さとみさんと。

加えて小栗旬さんも、ドラマの制作発表から「役柄的に仲良くならねーぞと言い聞かせていても、ふと『かわいいな』と思ってしまう」と好印象を語る具合です。

お互いに好印象で好意を持っているなら、海外でBARでお酒も入ってとなれば週刊誌の見出しの通りなのかもと思えてきます。

「二人でホテルで密会」、詳細は違っても何かしら良い雰囲気だったかもしれないですよね。

スポンサーリンク

石原さとみがブログに小栗旬へのラブレターを掲載⁉

https://shabelina.jp/5299

お揃いのTシャツを着て二人で写っている写真を掲げて、自身のブログに小栗旬さんへのコメントを掲載した石原さとみさん。

この内容が、実は小栗旬さんへのラブレターなのではないかと言われているようなんです。

その噂のメッセージというのは、まず日向徹への内容から始まります。

『日向徹は、天才でワガママで子どもで無邪気で自己中で寂しがりやで天の邪鬼で、笑顔が可愛くてキラキラしててかっこよくて自信家で説得力があってかなりのドS(笑)そんな日向徹が好きでした。』

細かい描写で、誰よりも彼を知っている感が出ているそんな文章に、恋心が見え隠れしているようです。

はたしてそれが、日向徹だけに向けたものだったのか小栗旬さんへも向けていたのか、どちらともとれるようにも感じます。

加えて小栗旬さん本人へのメッセージも発信していて、まず『私を「さとみるく」と呼ぶ人(笑)』と紹介。

『小栗旬さんは本当に素晴らしい俳優さんでした。徹底的な気遣いと優しさに溢れる言葉や行動に何度も救われました。小栗さんとのかけ合い芝居、むちゃくちゃむちゃくちゃ楽しかった!リハで初めてそのシーンの芝居をするときなんか、もうワクワクが止まらない(笑)本音でやるアドリブも結構OAで使われてて嬉しかった。なによりも、ずっと私の前では日向徹でいてくれた。だから私も、ずっとブレずに真琴でいられた。本当に、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。』

石原さとみさんのことですから、心から感謝していた気持ちや先輩として尊敬できる部分を熱い言葉で語っていたのかなとも感じます。

ただそれと同時に、端々から伺い取れる仲の良さや恋する乙女の想いも感じられるのも事実。

だからこそ余計に、ドラマから飛び出して本当の気持ちを綴ったラブレターだと言われることとなったのではないでしょうか。

小栗旬の妻・山田優が石原さとみに激怒していた?

https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1821499/

当時、小栗旬さんと山田優さんとの結婚は前途多難だと言われていたといいます。

というのも、モテ男の小栗旬さんに対して山田優さんの嫉妬心が強いからというんです。

そんな中で起きた石原さとみさんとの不倫疑惑。

想像しただけでもおっかないですが、当然の反応ながら山田優さんは相当怒っていたといいます。

その矛先は石原さとみさんにも向いていて、「顔も見たくない」や「名前すら聞きたくない」と拒否反応をあらわにしていたようです。

でも、ここまで怒ったのには嫉妬心が強いからだけでなく、段階を追った理由がありました。

そもそも、小栗旬さんのファンであると公言していた石原さとみさんに対して山田優さんは、あまりよく思っておらず危機感を感じていたようなんです。

しかも加えて、演技とはいえドラマ内での雰囲気にも何か感じるものがあったともいえますね。

だからこそそんな不安を払拭させるために、未然策として小栗旬さんには「直帰命令」というのを出していたようです。

ところが対策も虚しく、ドラマ撮影でのニューヨーク滞在中に小栗旬さんが石原さとみさんを部屋に誘ったという報道が出てしまいます。

あまりに予感的中の出来事すぎて、大事には至らなかったものの、さすがに収拾がつかないほど怒り問い詰めてしまったというわけのようです。

さらに悪いことに、石原さとみさんが日向徹と小栗旬への熱い想いをしたためたブログコメントが、このタイミングで掲載されましたよね。

石原さとみさん的には、ただただ感謝の気持ちを表したいだけで悪気はなかったかもしれないですが。

山田優さんからすればそりゃ、まだウチの旦那に手を出すのかという気持ちになってもおかしくありません。

これがとどめとなって、石原さとみさんへの警戒レベルはMAXに引き上がり、共演NG説も出るほどになってしまったようです。

おそらくこれからも、石原さとみさんと山田優さんが接点を持つことはないと思われますが。

ひとまず今も山田優さんは小栗旬さんにぞっこんで、夫婦円満を貫いていて何よりなのではないでしょうか。

まとめ

https://prcm.jp/album/bb568e806a55d/pic/68193586

石原さとみさんと小栗旬さんの熱愛不倫疑惑。

個人的には、ウワサ通りだったのではないかなと感じます。

ニューヨークでの出来事はもちろん、息のあったアドリブの演技感謝から溢れる熱烈な気持ちを綴ったメッセージなど。

まとめていけばいくほど、好きな気持ちを感じ取れてしまうのです。

しかも、これらの他にも裏付けはたくさんあって。一つは、石原さとみさんは、演技での気持ちが入りすぎて共演者を現実の方でも好きになってしまうタイプということ。

二つには、小栗旬さんが石原さとみさんを食事に誘うなどかなり打ち解けていたということ。

三つには、ドラマの撮影の状況についてのコメントで、「いつもキュンキュンしながら取り組んでいます」という小栗旬さんに対して、「相変わらずキュンキュンしてます」と石原さとみさんが応えたこと。

四つには、制作発表の時点で、役柄的に仲良くしないでおこうと思いつつも、ふと可愛いなと思ってしまう気持ちを小栗旬さんが素直に語っていたこと。

これだけたくさんの裏付けがあれば、少なくともこの時期・この時点では、ふたりは想いあっていたといっても嘘ではないのではないでしょうか。

とすれば、そういった雰囲気は山田優さんはヒシヒシと感じていたでしょうし、不愉快に思い激怒してもおかしくないことですね。

今となっては昔話ですが、たしかにそこにはドラマにとどまらない恋の一場面があったように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です