【裏ワザ】伊東家の食卓で紹介!毛穴の黒ずみをとる方法とは?

ガンコな毛穴の黒ずみに悩んでいる方も多いはず。ネットで調べると、そんな黒ずみをとる方法で、伊東家の食卓で紹介された卵の薄皮を使った裏ワザがあるようです。

この記事では、伊東家の食卓で紹介された毛穴の黒ずみをとる裏ワザの方法とその効果、ほかの黒ずみをとる方法などを調査してお伝えしていきたいと思います!

こちらを見たらあなたもすぐに試してみたくなっちゃうかもしれませんよ!

それでは、詳しく見ていきましょう。

目次

伊東家の食卓で紹介された毛穴の黒ずみを取る裏技

伊東家の食卓で紹介された毛穴の黒ずみをとる裏ワザとは、卵の薄皮を使って小鼻の黒ずみをとる方法です。

やり方はとってもカンタン!

①生卵を用意

②卵を割って、内側についている薄皮をできるだけゆっくり丁寧にはがす

③卵白がうっすらついている薄皮のほうを毛穴の黒ずみが気になる小鼻などに貼る

④卵白が乾いたら少しずつはがす

卵アレルギーの方は使用をしないでください

敏感肌の方は必ずどこかでパッチテストを行ってから実施してください

卵料理をしたときに卵の殻を使ってもいいですね。その場合は衛生上、早めに使うことをおすすめします。

卵の薄皮はなぜ毛穴に良いのか

卵 食物 健康 – Pixabayの無料写真

卵の薄皮には毛穴に良い成分が含まれています。

赤ちゃんのお肌は張りがあってとってもプルプルですよね。

ですが大人になるとどうしてもハリが損なわれていき、若いころと比べると弾力がなくなったお顔になってしまいます。

これは年齢とともにコラーゲンが失われていくことでハリがなくなってしまうからです。

卵の薄皮には、ヒアルロン酸を生産する繊維芽細胞といわれるヒアルロン酸を生産する細胞が含まれており、しかもこれにはお肌の張りを保つコラーゲンを増やす働きがあります。

また、ヒアルロン酸は保湿成分が含まれていて化粧品で多く利用されているので、良いイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

そんな、若々しく保つための成分が薄皮には含まれているので毛穴にもいいのです。

また、薄皮だけでなく卵白にもお肌にいいといわれているたんぱく質ビタミンBが含まれており、口元や小じわ対策に卵白パックを推奨している方もいたり、卵白を使ったコスメもあったりするほど。

こうしてみると、卵の薄皮パックは毛穴に良く、理にかなっているといえますね。

伊東家の食卓の裏技は本当に効果があるの?

実際に伊東家の食卓の裏技を試してみました。

感想はというと…ざらつきはちゃんと取れました!そして市販に売っているバリバリっとはがすタイプの毛穴除去シートよりもマイルドにはがせる印象。

どちらかというとピリピリ…と優しくはがれるので、塗ってはがすタイプのパックに似ているかな?という感じです。

また、一度にスッキリすべての角栓や黒ずみが取れるという感じではありませんでした。

そのためもともと黒ずみがあまり目立たない方は効果が分かりにくい可能性があるかもしれません。

この伊東家の裏ワザとして、一番の難点は卵から薄皮をはがすこと自体が結構難しいこと。

コツとしてはすべての殻をはがそうとせず、少しからがついたままの状態でもOKにして、気にせずめくっていきましょう。

そしてお肌につけた後は乾きすぎていない絶妙なタイミングではがさないといけないので、試行錯誤が必要かもしれません。

それ以外は卵料理で出た殻で気軽にできるので、リーズナブルにお試しできちゃうところがこの裏ワザのいいところです。

あとは卵白がついたままお肌に乗せるので、ぬるぬるとした感触に抵抗がない方は試してみてもいいでしょう。

感想をまとめると…

・比較的肌に刺激は少なくざらつきは取れた

・乾燥させるとかなりはがしづらい

・一度に卵から薄膜をたくさんはがすのが難しいけどリーズナブル

注意したほうがいいと感じたのは、はがす際にどうしても刺激を感じるので、アレルギーがない方でも赤みが出たり炎症を起こしたりする可能性があるということです。

試す際は無理せず行ってくださいね。

他にも毛穴の黒ずみを取る裏技は?

毛穴の黒ずみをなくす裏ワザとして他にもいくつか紹介していきます。試す際はきれいに手を洗って清潔にしてから行いましょうね!

・洗顔前に蒸しタオル

レンジで1-2分温めたタオルを顔にあてて、毛穴を開いてから洗顔する方法です。

こうすることで毛穴にたまった角栓が柔らかくなり取れやすくなります。

注意点としては、レンジでタオルを温めすぎるとやけどしてしまう可能性があることです。試す際は十分に注意してくださいね。

・ベビーオイルと綿棒で取り除く

ベビーオイルを小鼻や気になる箇所にぬって、綿棒で丁寧にくるくるとふき取っていく方法です。

ベビーオイルはスキンケアにも使えるオイルで、角栓を柔らかくする作用があります。

綿棒を使うことで細かな角栓や黒ずみがからめ取られます。

ただし、綿棒による摩擦がお肌に感想や赤みを引き起こす可能性があるので、こする際は力を入れすぎないことに注意してください。

そのあとは通常通り洗顔し、化粧水で保湿しましょう。

・オリーブオイルで鼻パック

オリーブオイルを小鼻やに塗って、上からラップでパックする方法です。

さらにその上からホットタオルなどで5-10分ほど温めたら、お湯をなじませながら乳化し洗い流しましょう。

こちらで使うオリーブオイルはお肌の油に近い成分なので詰まった角栓を緩めることができます。

オリーブオイルはベタベタ感が残りやすいので、乳化した後は普通の洗顔料で油を落としましょう。

そのあとは保湿を忘れないようにしましょうね。オリーブオイルのほかにも、ホホバオイルもお肌に近い成分構造なのでオススメですよ。

毛穴の黒ずみ対策の裏ワザとしていくつかあげましたが、どれもお家にあるものでできる簡単なものです。お試ししやすいので自分に合った方法を選んでみてくださいね。

まとめ

伊藤家の食卓で黒ずみをとる裏ワザとは卵の薄皮を使った簡単に黒ずみをとる方法

・卵の薄皮はコラーゲンを含んでいてお肌を保湿して弾力を保つのに必要な成分を含んでいる

効果は伊東家の裏技ではざらつきは取れたがコツが必要

いかがでしたか?

悩んでいる方が多い毛穴の黒ずみ対策ですが、裏ワザに興味を持った方はいろんな方法があるのでぜひ試してみてくださいね。

お肌が弱い方は必ずお顔の一部の場所でパッチテストをしてから行うことをおすすめします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次