【まとめ】マリエが告発した紳助の枕営業問題を発端から時系列でまとめてみた!出川らとの接点は?

かつてモデルやタレントとして、メディアで大人気を博していたマリエさん。

現在はデザイナー等で活躍の場を移していらっしゃいますが、そのマリエさんが4月4日のインスタライブで、芸能界を揺るがすような衝撃発言をして話題となっています。

マリエさんの発言は島田紳助さんからの枕営業の強要。

一体どのような発言内容だったのか、またその発言の元となる番組や後の芸能界の動き等まとめました。

マリエがインスタライブで島田紳助の枕強要を告発

2021年4月4日の夜、自身のインスタライブでマリエさんが島田紳助さんから肉体関係を持ち掛けられたと話をしました。

内容を簡単にまとめるとこのような事を言っています。

  • 18歳のときに島田紳助さんと共演したが、楽屋挨拶ができなかったことが原因で島田紳助に後日来いと日時と場所を指定されて呼び出された。
  • 挨拶に行かなかった事を謝りに行くと、アーチ状になったソファーの中央に島田紳助さんが座り、その周りにも複数の芸人やグラビアアイドルが座っていた。
  • その場でマリエさんは島田紳助さんから「セックスをしよう」と言われた。
  • 後輩芸人達は、紳助がどうやって女性をイかせるか、潮を吹かせるかなどをまるでコントの様に18歳のマリエの前で生々しく説明した。
  • 周りにいた出川さんややるせなすの二人からも、関係を強要するような発言をされた。
  • 断り続けたマリエさん、すると島田紳助さんは「じゃあ別の日にしよう」と言って日時を指定された。
  • それでも断ると、事務所から「断ると今後仕事が来なくなるけれども本当にそれで良いんだな?」と確認された。
  • それでも良いと言い島田紳助に謝りに行った結果、マリエは島田紳助さんが司会を務めていたレギュラー番組を2つ降板させられた。
  • この当時助けてくれたのが、タモリさんや爆笑問題等の「笑っていいとも」のメンバーだった。

かなり衝撃的な内容ですよね。

この告発をきっかけに紳助さんを含め、出川哲朗さんややるせなすのお二人も炎上。

またこの悲痛な訴えに賛同した人達が「#マリエさんに連帯します」として、ツイッター上でも話題となりました。

ではこのマリエさんと出川さんの共演していた番組とは一体何だったのでしょうか。

マリエと島田紳助と出川の初めての共演番組は「世界バリバリバリュー」

マリエさんと島田紳助さんが初めて共演した番組は2003~2008年まで島田紳助さんが司会をしていた『世界バリバリ★バリュー』(TBS系)です。

セレブの豪華な生活を伝える番組内容ということで、当時カーレース用のオイル会社『バイオテックス』の社長だった父を持つマリエさんの豪華な生活も取り沙汰され、マリエさんの人気が上昇したと言われています。

またこの番組は島田紳助さんと出川さん、やるせなすさんの共通の番組でもあります。

出川さんは『世界バリバリ★バリュー』の開始当初から解答者として準レギュラー出演しており、当番組で島田紳助さんから好かれたと言われています。

またやるせなすのお2人も、この番組のリポーターを務めていたようです。

「世界バリバリバリュー」で発掘され人気がでたマリエさんですから、この番組でマリエさんは島田紳助さんから気に入られた可能性が高そうですね。

スポンサーリンク

マリエを干した島田紳助の息のかかった制作会社とは?

ではマリエさんが島田紳助さんの誘いを断ったことで干されたと言われている制作会社はどこなのか。

とある記事では2つの制作会社の名前があがっています。

「その制作会社がどこだったのかを検証すると、2社が浮上してきます。まず、最も考えられるのが、この『バリバリバリュー』をつくっていたA社です。同社は紳助氏を起用し、『ダウトをさがせ!』『明日使える心理学!テッパンノート』(以上、TBS系)、『ザ!キャッシュマン』(フジテレビ系)といった番組を制作してきました。

 また、『クイズ!ヘキサゴン』(同)をつくっていたB社も紳助氏に近い制作会社です。同社は、紳助氏とともに『島田検定!!国民的潜在能力テスト』や『紳助社長のプロデュース大作戦!』(以上、TBS系)をつくっています。

 付き合いの長さでいえば、『ダウトをさがせ!』で1992年から紳助氏を起用してきたA社の方が長いでしょうね。また、あいさつに行くのであれば、マリエを発掘した『バリバリバリュー』をつくっていたA社に出向くのが自然だと思われます」(同)

https://biz-journal.jp/2021/04/post_219490_2.html

1つ目は『バリバリバリュー』をつくっていたA社。

A社とはどこかを調べると「株式会社イースト・エンタテインメント」であることがわかりました。

そして2つ目は『クイズ!ヘキサゴン』をつくっていたB社。

B社について調べると「フジテレビ制作」と出てきました。

島田紳助さんがかなり大きな権力を持っていたのは間違いなさそうですね。

マリエの枕告発に出側ややるせなすの事務所が否定

大問題となっているマリエさんの島田紳助さんから枕を共用されたという告発。

この告発で島田紳助さんの方をもち、マリエさんに枕を強要した側にいたと言われた出川さんとやすせなすさんの事務所は、今回の問題について否定しています。

出川さんの事務所のコメントがこちら。

先日SNSの生配信で女性タレントが発言された内容について出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております。
 改めてお騒がせしたことをお詫び申し上げますとともに、今後とも変わらぬご指導のほどお願い申し上げます。

そしてやるせなすさんの事務所のコメントがこちら。

先日女性タレントの方がSNSにて生配信された内容についてやるせなすに事実確認を行いましたところ、番組収録後の打ち上げで複数の出演者、番組スタッフらと1度だけ当該の女性タレントの方と同席したことはございますが、配信の中で話されているような事実はなかったことを確認いたしました。お騒がせいたしましたことをお詫び申し上げます。今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます」

どちらの事務所も同じような内容で、コメントを出す前にお互いに確認し合ったのだろうなと感じます。

出川さんもやるせなすのお二人も、今回のマリエさんの件に関しては否定しているということです。

マリエさんの告発で、多大な影響を受けた出川さんとやるせなすさんですが、名誉毀損等で訴える可能性もあるのか…

ただこの件で訴えたとしたら、今回の件だけではなく様々な芸能界の裏事情などが詮索される可能性もあるということで、告訴する可能性は低いのではないかという見解をしている記事が多く見受けられました。

スポンサーリンク

マリエはインスタで「嘘を付きません」と改めて紳助からの誘いを強調!

こういった出川さんややすせなすの事務所の発表を受けて、マリエさんは自身のInstagramを更新。

この打ち上げの場というのは、メンバー的に考えると「世界バリバリバリュー」の打ち上げだったのでしょうか。

出川さんやさるせなすさんの否定を受けて、自身の主張を改めて訴えたのでしょう。

世間ではこの時点ではマリエさんを支持する声が多いように感じます。

心に留めるより吐きだした方を選んだ貴女は素敵
です😍これからも頑張ってください🔥🔥


火の無い所に煙は立たぬ!ですね。
テレビもYahoo!ニュースもLINEニュースもみんなして、普段なら大きく取り上げるような重大な内容なのに大きく話題にしない。深掘りしない!そのこと自体が何かおかしい。
マリエちゃん、それでも無理しすぎないでね。

マリエ告発と似た記事が過去にも流出!その内容とは!?

マリエさんの島田紳助さんからの枕の強要の告発ですが、なんと過去にもとある記事で同じような内容が出版されていたことが話題となっています。

この記事が出されたのは2011年。

内容としては、島田紳助さんは若手の女性タレントを口説き落としていたこと、スザンヌや里田まいさんの防衛策について書かれています。

今回のマリエさんの告発内容と似ている部分も多く、マリエさんの告発が真実だと感じてしまいます。

マリエの告発に芸能人の見解は?

今回のマリエさんの枕営業の告発は、芸能界でもかなりの波紋を呼んでいます。

この告発に対して、数名の芸能人の方々が持論をつぶやいています。

まずは芸能界に枕なんてものはないと訴えた武井壮さん

武井壮さんは、今回のマリエさんの騒動で、芸能界の全員にそういった疑いの目を向けられるのは違うと訴えています。

芸能界でも真面目に頑張っている人もいて、全員がそんな人ばかりではないということです。

この発言についてはそのとおりだと思いますし、どこの業界でも言えることなのかなと感じます。

これに対して芸能界には枕営業があるという発言をしている芸能人が、メンタリストDaiGoさんやひろゆきさん、梅宮辰夫さんです。

梅宮辰夫さんの発言はこちら。

 俳優・梅沢富美男は枕営業は「ある!」と断言していた。2017年10月放送のフジテレビ系「バイキング」で、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏のセクハラ騒動についてコメントを求められた時だ。  梅沢は「枕営業なんていう言葉は、この業界は飛び交う。こんなことは昔からじゃないの。言っていいならしゃべるけど、こんなことやってるヤツなんていっぱいいるよ」と発言。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd3e0a88e42a648ed8dc938b8666e08a72db1be6

梅沢富美男さんは当たり前にある、そしてDaiGoさんやひろゆきさんは昔ほどではないけれども今も芸能界に枕営業というものは存在していると話しています。

ひろゆきさんは芸能界よりも声優界に多いという発言もされていますね。

ただ、今は枕営業はあまり強要されるものでもないようですね。

マリエさんが島田紳助さんから強要されたというのは、今から13年前と言われていますがその頃は今よりもそういった方法で自分を売っているタレントが多かったのかもしれません。

スポンサーリンク

マリエの告発で出川のCMが打ち切りに!冠番組もヤバい?

世間からモヌバッシングを受けている出川さん。

なんと出演していたCM等も何件か放送が打ち切りになっているという事態に…

まずは経済産業省でアンバサダーを務めていた「のろーよ!デンドー車いす」のPR動画の削除です。

この件に関しては「事業の終了のため」という話もあり、ちょうどタイミングがかぶっただけかもしれません。

ただ4月14日には出川さんの所属事務所であるマセキ芸能社の公式サイトの所属タレントのメディア出演情報(最新出演情報)に出川さんの名前が掲載されていませんでした。

https://www.maseki.co.jp/news/detail?news_id=2310

これまではウッチャンナンチャンの下に出川さんの名前が合ったようですが、現在はどこにも出川さんの名前は記載されていませんでした。

やはり今回の件での印象がかなり悪かったようで、出川さんのテレビ出演への批判の声が殺到したことが原因と考えられますよね。

マリエの紳助からの枕告発は本を出版するための売名だった!?

マリエさんが島田紳助さんからの枕を強要された県に関して、なぜ今になって?という事も気になる点ですが、4月末から5月頃にかけて自伝の本を出版するということで、もしかして本を宣伝するために売名行為なのでは!?という声もつぶやかれています。

https://twitter.com/machinakaman/status/1381412494963470341?s=20

こちらの14分53秒辺りから本について語っています。

タイミングがぴったりなだけに、売名行為と言われるのもわかる気はしますが…

もし売名行為でこのタイミングで発言したとしたら、それに巻き込まれた出川さん等も少しかわいそうなきもします。

ただ本当に枕営業の被害を受けていたとしたら、こういった売名行為だという声もマリエさんにとってはショックな内容になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

マリエがプロジェクトを設立!

今回の騒動を受けたからか、マリエさんは4月14日に自身のInstagramで『Self humming プロジェクト』をスタートさせたことを発表しました。

自身の経験を元に、今頑張っている人、つらい思いをしている人たちの自助グループのようなもののように感じます。

マリエさんの告発に賛同する声、共感する声が多くつぶやかれている事を考えると、未だに性被害だったり仕事や学校などでつらい思いをしている人は多いように思います。

まとめ

マリエさんが告発した紳助さんからの枕営業の強要についてまとめてきました。

4月4日にインスタライブで突如島田紳助からの枕の強要を告白したマリエさん。

かなり衝撃的な内容なだけに、芸能界を含め日本中に波紋を呼んでいます。

マリエさんは事実だといいますが、出川さんややるせなすさんたちサイドは事実ではないと釈明。

証拠もないだけに、この県に関しての立証は難しいのかもしれません。

ただこの件が本当だとしたら、芸能界の闇の問題について今後も色々と明るみになってくるかもしれませんね。

こういった方法を使わなくても、芸能界で活躍している人はたくさんいますし、こういった風潮は一切なくなってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です