【感想】生ジョッキ缶の泡の正しい飲み方!泡が溢れる失敗をふせぐ方法

2021年4月6日から販売されて話題になっているアサヒの生ジョッキ缶。

いつも飲む缶ビールでジョッキで飲むような泡が楽しめるということで話題となっていますね。

かくいう私も早速発売当日に買って飲んだのですが、やっぱり売りとしている泡が美味しい!!

しかしその泡がどんどん溢れ出てくるので、溢れ出してこぼれてしまう事態に。

一体どうすればこの泡を溢れ出ない程度に美味しく飲めるのか、アサヒの生ジョッキ缶を失敗しないで美味しく飲める方法をまとめました!

生ジョッキ缶の泡が溢れる失敗を防ぐには!?

生ジョッキ缶の泡の溢れ出るのを防ぐ方法は、ズバリ“適正温度に冷やす事”です!!

生ジョッキ缶にも「生ジョッキ缶の楽しみ方」と丁寧に説明書きがされていました。

生ジョッキ缶は温度によって泡立ちが変わってきます。

ビールの温度が低いほうが泡立ちが少なく、温度が高くなるにつれて泡立ちも多めになってくるということです。

飲み頃の温度は4℃〜8℃

12℃以上だと吹きこぼれてしまう可能性が出てくるようです。

通常冷蔵庫の温度は初期設定のままだと3℃〜6℃ですので、冷蔵庫に入れて保管してあれば出してそのまま飲めば溢れ出すことはないはずです!

ちなみに常温のビールを冷蔵庫に入れてからキンキンに冷えるまでには約4時間かかると言われています。

ということで、保存はできるだけ長く冷蔵庫に入れて飲む直前に取り出すことで、泡の溢れ出す心配もなくなるでしょう!

コンビニから持ち帰ってすぐ飲むと生ジョッキ缶の温度はどのくらい?

では近所のコンビニで買った生ジョッキ缶を家に帰ってすぐに飲む場合、生ジョッキ缶の温度はどのくらいなのでしょうか。

そもそもコンビニの冷蔵庫の温度はそれぞれの店舗で違っているようで、買うお店によってビールの冷え方もまちまちです。

https://mitok.info/?p=16444

コンビニのお酒なんて無条件でキンキンに冷えているものだと思っていましたが、10℃なんていう意外とあまり冷えていない所もあるんですね。

これは購入後お店の外ですぐに測った温度なので、これを家に持ち帰ったらもっと温まってしまいます。

となると生ジョッキ缶の温度も12℃を超えてしまって、泡が溢れ出してしまう可能性も高くなってしまいますね。

コンビニで購入したビールは、家に持ち帰るならば一度冷蔵庫で冷やした方が良さそうですね。

スポンサーリンク

すぐに冷やしたい!最短で生ジョッキ缶を冷やす方法は?

とはいえ仕事が終わって家に帰ってからの一口、早く飲みたいですよね…!

ということで、缶ビールを最短で冷やす方法をお伝えします!

それはズバリ!

缶に水で濡らしたキッチンペーパーorタオルを缶に巻きつけてから冷蔵庫に入れる事です!!

この方法だと、なんと10分程度でキンキンに冷えちゃうんです。

家に帰ったらすぐにこの方法で生ジョッキ缶を冷蔵庫に入れておけば、着替えやおつまみの用意なんかをしていれば、ちょうど良いタイミングで冷えた生ジョッキ缶を飲むことができそうですよね!

ちなみに冷えすぎても泡立たないので要注意!

冷蔵庫で冷やす方法をお伝えしてきましたが、なんとせっかく泡が魅力的な生ジョッキ缶を購入したのに、冷えすぎて泡立たないなんてケースも…!

https://twitter.com/samansakeiichi/status/1379752918585274373?s=20

キンキンに冷えたビールは魅力的ですが泡立たないと悲しいので、やはり適温である4℃〜8℃の範囲内の温度で飲みましょう!

生ジョッキ缶は世間でも高評価!みんなの感想は?

4月6日から発売が始まった生ジョッキ缶、皆さんの声を調べてみるとなかなかに高評価です!

こんな動画を見たら飲みたくなっちゃいますね!

やはり泡がクリーミーで美味しいという声が多く、ビールの泡好きな方ならハマること間違いなしです!

ちなみにこの生ジョッキ缶の開発にはアサヒが4年間の歳月をかけたようで、それだけの年月をかけて大手のアサヒが作り上げたものなんですから、かなりのクオリティであることは間違いないでしょう!!w

スポンサーリンク

生ジョッキ缶は他のビールを入れても美味しい!

なんとこのアサヒの生ジョッキ缶、飲んだ後は他のビールを入れてもクリーミーな泡立ちが楽しめ、美味しく飲めるんです!!

これはやるしかないでしょう!!w

生ジョッキ缶はアルミ製のの内側に通常のビール缶とは異なった特殊塗料を施してあります。

この塗料がクレーター状の凹凸を作り、それと開口時の気圧差でわき出るように泡が立つ仕組みが施されています。

この缶の仕組みによって、他のビールもクリーミーに泡立つことができるんですね!

まとめ

アサヒの生ジョッキ缶の泡についてまとめました。

泡立ちすぎて溢れ出してしまうという声が多くつぶやかれていますが、その原因はビールの温度にありました。

低すぎても泡が立たないので、適温である4℃〜8℃の範囲内で開けて飲むようにしましょう。

コンビニで購入した生ジョッキ缶の温度もまちまちですが、家に持ち帰ってからすぐに開けると、吹きこぼれる可能性のある12℃になってしまっている可能性もあります。

家に帰ってからもう一度冷蔵庫で冷やして飲むことをおすすめします!

これから夏にかけてビールの美味しい時期となってきます。

普段頑張っている自分へのご褒美等に、生ジョッキ缶で家飲みも充実できそうですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です