沖縄美ら海水族館の平日の混み具合はどの程度?平均滞在時間も調査してみた!

人生で一度は行ってみたい水族館とも言われる、沖縄美ら海水族館。

ジンベエサメが雄大に泳ぐ様子が迫力満点で見られる大水槽が大人気。

沖縄旅行に行くなら必ず観光ルートに入る沖縄美ら海水族館ですが、混み具合は気になりますよね。

この記事では沖縄美ら海水族館の平日の混み具合や、夏休みでも混み具合の心配なく遊べる穴場時間、平均滞在時間について調べてみました。

目次

沖縄美ら海水族館の平日の混み具合は?

https://www.photo-ac.com/main/detail/3212141#goog_rewarded

沖縄美ら海水族館は、平日でも混雑が発生しています。

日本一知名度が高いとも言える沖縄美ら海水族館。

そこに加えてやや狭めの水族館ということもあり、平日でもそれなりの混み具合があるようです。

沖縄美ら海水族館はツアーや修学旅行でも人気のスポット。

団体客も多い水族館なので、平日でも大勢のお客様でにぎわっています。

とはいえ、平日は土日ほどの混み具合ではありません。

沖縄美ら海水族館の混雑を避けてお出かけしたい場合は、平日がおすすめです。

沖縄美ら海水族館に混み具合の心配をせず行くなら何時ごろ?

沖縄美ら海水族館に混み具合の心配なくおでかけしたいなら、8時30~11時ごろ、または16時以降がおすすめです。

朝しか楽しめないプログラムも用意されています。

沖縄美ら海水族館はさほど大きい水族館ではありません。

ですので8時30分~11時、16時以降という限られた時間でも十分に楽しむことができます。

沖縄美ら海水族館の混雑のピークは11時~16時ごろ。

その時間を避けておでかけすると、混み具合の心配なく沖縄美ら海水族館を楽しめます。

沖縄美ら海水族館では、混み具合の発生状況や予想のグラフを公式ホームページで公開しています。

とてもわかりやすいので、お出かけの際には参考にしてみてくださいね。

沖縄美ら海水族館が一番空いている曜日はいつ?

https://www.photo-ac.com/main/detail/23955129#goog_rewarded

沖縄美ら海水族館が一番空いている曜日は月曜日となっています。

月曜日はツアー客や就学旅行などの団体客が少ない曜日のため、比較的混み具合の心配なく水族館を楽しめます。

沖縄美ら海水族館は平日のほうが混み具合の心配はありませんので。

どうしても月曜が難しければ、月曜以外の平日なら大丈夫。

とはいえ、やはり人気の美ら海水族館。

月曜日は一番空いている曜日とはいえど、昼間の時間帯はそれなりの混み具合が発生しています。

通常時より人が少ない状態で沖縄美ら海を楽しみたいなら、月曜日の16時以降がベストです。

夏休みに沖縄美ら海水族館に行くなら、何曜日のどの時間が一番空いている?

夏休みに沖縄美ら海水族館に行く場合、一番空いているのは月曜の16時以降です。

夏休み期間中は20時まで延長営業をしていますので、16時に入館しても充分に楽しめますよ。

16時以降は沖縄美ら海水族館の入館料金が割引となるのもうれしいポイント。

平日でも夏休みの沖縄美ら海水族館は混雑が発生しますが、それでも土日よりは平日がおすすめです。

毎年夏休み期間中の土日は、激しい混み具合の発生が予想されています。

もし夏休みに美ら海水族館に混み具合の心配をせずに行きたいなら、ナイト営業時間がおすすめ。

沖縄美ら海水族館では、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始の繁忙期には、20時までのナイト営業を行っています。

激しい混み具合の夏休み期間ですら、16時以降はガラガラのこともあるほど。

夏休みなど激しい混み具合が予想される時期に沖縄美ら海水族館にお出かけの場合は、夜の水族館見学もおすすめですよ。

もし夏休み期間中に、昼間の時間帯で沖縄美ら海水族館を楽しみたいなら、お盆明けの8月中旬以降の平日がおすすめ。

毎年、お盆が終わると夏休み期間中でも激しい混み具合がひと段落する傾向があります。

8月中旬以降は、夏休み期間中の穴場期間ですよ。

沖縄美ら海水族館の平均滞在時間は?

https://www.photo-ac.com/main/detail/440319

沖縄美ら海水族館の平均滞在時間を調べてみました。

沖縄美ら海水族館で水槽だけを見学する場合の平均滞在時間

沖縄美ら海水族館で水槽見学だけを楽しむ場合の平均滞在時間は、1時間半~2時間程度となっています。

コンパクトは広さですので、まだ体力のない小さな子ども連れのファミリーでも楽しめますよ。

沖縄美ら海水族館で水槽とショーを見る場合の平均滞在時間

沖縄美ら海水族館で水槽見学とショーやエサやり体験も楽しむ場合の平均滞在時間は2時間半~3時間程度となっています。

沖縄美ら海水族館では、目玉のイルカショーのほか、サンゴや熱帯魚の飼育員による解説プログラムも行われています。

その日の混み具合やどのショーを見るかによっても、滞在時間は若干変動します。

沖縄美ら海水族館のイルカショー(所要時間10分)

沖縄美ら海水族館の目玉である、イルカのショーです。

4種類のイルカたちが大ジャンプなど見ごたえあるショーを繰り広げます。

体の大きさや形など、ショーの中では4種類それぞれのイルカの生態も学ぶことができます。

11時~15時の間のショーが終わった後は、ショーに出演したイルカのオキちゃんと記念撮影タイムもありますよ。

  • 開催時間:10:30 ~ 11:30 ~ 13:00 ~ 15:00 ~17:00~

イルカのえさやり体験

イルカに実際にエサをあげる体験ができます。

近くまでイルカが近寄ってきてくれるので迫力ばつぐん!

子どもよりパパ、ママが興奮しちゃうご家族も多いです。

  • 開催時間:10:00~、11:00~、12:00~、13:30~、15:30~

沖縄美ら海水族館で水槽見学、ショー、お食事も楽しむ場合

沖縄美ら海水族館で水槽見学やショー、館内のレストランでお食事も楽しむ場合の平均滞在時間は、3時間~4時間程度となっています。

土日や夏休みなど、激しい混み具合がある場合には、レストランも混雑して待ち時間が発生します。

館内でお食事をする際の平均滞在時間は、沖縄美ら海水族館の混み具合によって若干変動する点は注意が必要です。

沖縄美ら海水族館には、レストランは2店舗あります。

レストランは席数も多いので、混み具合の心配のない平日であれば待ち時間なくスムーズに座れるでしょう。

土日や繁忙期には、レストランは混みあっていて待ち時間が発生することもあります。

レストラン「イノー」

沖縄美ら海水族館内にあるレストランです。ランチタイムはビュッフェスタイルでの営業となります。

レストランイノーは、一面に東シナ海が広がるオーシャンビューレストラン。

沖縄の美しい海で日頃の疲労や心が癒してくださいね。

事前予約はできませんので、混み具合によっては入店まで待ち時間があります。

  • 営業時間:11時~18時(※ビュッフェタイムは11時~15時まで)

カフェ「オーシャンブルー」

沖縄美ら海水族館の目玉水槽である「黒潮の海」のジンベエサメやマンタを見ながら軽食を楽しめるカフェです。

ジンベエサメもカフェ内を雄大に泳ぐ、沖縄美ら海水族館だからこそ楽しめるアクティビティカフェ。

夏休中のみ、水槽が近い席が有料の指定席となっています。事前予約はできません。当日予約のみです。

目の前をジンベエサメやマンタが泳いでいくなんて、大人も子供も大興奮!

沖縄美ら海水族館ならではのお席となっていますので、来館の思い出にぜひどうぞ。

  • 営業時間:8:30~19:30
  • 有料指定席について:指定席料金 500円/40分 夏休み期間のみ。当日カフェにて受付。

沖縄美ら海水族館の見どころは?

https://www.photo-ac.com/main/detail/24133336

沖縄美ら海水族館のみどころを調査しました。

朝と夕方しか体験できない!黒潮体験!

沖縄美ら海水族館に8時半~10時45分まで、または17時半以降に入館した人しか楽しめないアクティビティ「黒潮体験」。

黒潮水槽はジンベエサメやマンタが雄大な泳ぎを見せる沖縄美ら海水族館の目玉水槽。

その黒潮水槽を水槽の真上から見学できるのが「黒潮体験」なのです。

水槽の真上にはフタがないので、魚たちの生の泳ぎを見ることができるのがポイント。

魚たちの生の質感や泳ぐたびに水がさざめく様子、水面を急浮上してくる様子など、水槽からでは味わえない迫力が大人気!

水槽の上を歩ける「透明デッキ」は大人も子供もどきどきしつつ、興奮するエリアです。

比較的混み具合の心配のない朝と夕方だけの限定プログラムです。

沖縄ならではのサンゴの海

沖縄美ら海水族館では、水族館がある本部町のサンゴ礁を再現したサンゴの海の水槽が人気。

沖縄といえばサンゴですが、なかなか実際のサンゴ礁を見ることは難しいですよね。

沖縄美ら海水族館のサンゴの海の水槽では、水槽の上から光を取りこんで、本来は海底にあって見えにくいサンゴ礁が、よく見えるしくみとなっています。

沖縄美ら海水族館では本物の太陽の光を水槽に取り込んでいるので、より本当の海に近い「サンゴの海」を再現しています。

サンゴの種類は70種類、サンゴの合間を泳ぐ熱帯魚の美しいカラーとの競演は一見の価値あり。

飼育員による説明のショープログラムもあるので、サンゴの生態に興味のある方はぜひ参加を!

水族館を体感するタッチプール「イノーの生き物たち」

沖縄美ら海水族館には、水生生物に触れられるタッチプール「イノーの生き物たち」があります。

ナマコやヒトデに実際に触れて、触感を実際に体感します。

ぬるぬるしていたり、ごつごつだったり、独特の感触は大人も子供も大興奮!

触ることがニガテでも、南国沖縄らしいカラフルな浅瀬の生き物を見るだけでも楽しい空間。

ルールを守って体験学習をしてくださいね。

コンパクトで見ごたえばつぐんで、小さな子でも大丈夫

沖縄美ら海水族館は、比較的コンパクトなつくりの水族館です。

ですので、まだ小さなお子さんでも飽きずに見て回れる広さ。

狭いとはいっても、ジンベエサメやマンタ、サンゴや熱帯魚など見ごたえはばっちりの沖縄美ら海水族館。

広い水族館では子どもは疲れてしまって、最後は疲れてぐずって飽きちゃう…ということもありますよね。

沖縄美ら海水族館は、小さな子でも最後まで楽しめる水族館です。

お子さんの水族館デビューにもぴったりですよ。

まとめ

沖縄美ら海水族館はジンベエサメなくして語れませんよね。

黒潮水槽は、ジンベエサメのダイナミックな泳ぎを真下から見ることもできます。

まるで「サメに襲われる!」と錯覚するスリルもあって、とても楽しい水族館です。

常に混み具合が心配な沖縄美ら海水族館ですが、お出かけするなら平日がおすすめ。

より空いている時間に楽しみたいなら、8時半~11時、もしくは16時以降が空いています。

激しい混み具合が発生する夏休みでも、夕方以降は人もまばらとなる傾向があります。

ジンベエサメを独り占めして見てみたい!という方は平日の混み具合の心配のない時間におでかけしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次