【裏わざ】都内でできるだけ安く駐車場をかりる方法4選!

都内で駐車場を借りると、なんとなく高いイメージがありますよね。

「車を買いたいけど、毎月かかる駐車場代が心配…」

「今借りている駐車場よりも、もっと安いところに借りて固定費を見直したい!」

今回はそんな方に必見の、都内の駐車場を安く借りる裏わざを4つ紹介していきたいと思います。

こちらをご覧になってよりお安く駐車場を借りられたら、固定費の見直しもできるし車の購入も前向きに検討できるかもしれませんよ。

それでは紹介していきます。

目次

都内でできるだけ安く駐車場をかりる方法1

自分で歩いて駐車場の看板を探す

こちらはかなりアナログな方法ですが、駐車場検索サイトには出ていない場所が意外と安く借りられる可能性がありますのでおすすめです。

また、個人的に家主が空き駐車場を貸し出している場合もありますので、そういった看板を見つけたら記載されている電話番号に問い合わせてみましょう。

ですがこういった場合、借主が個人ということもあり貸し借りにトラブルがあった際に問題となる可能性があります。

相手がどういう人なのか、素性や怪しくないかなど、その人から借りても問題ないか十分に判断してから借りるようにようにするといいかもしれません。

個人でない場合、多くは不動産会社が駐車場を管理しています。個人から借りるのが不安な方は、不動産会社が管理している駐車場を狙って安く借りられる場所を探すといいでしょう。

都内でできるだけ安く駐車場をかりる方法2

外部貸しの駐車場を探す

マンションンにあらかじめある駐車場ではなく、ビルや照合施設にある空き駐車場を貸し出している、外部貸しの駐車場を借りる方法です。

こちらは駐車場を空けておくよりも誰かに貸し出した方が収益があるので、通常よりも安く貸し出しているパターンがあります。

また、自分が住んでいないマンションアパートでも外部貸しの駐車場はあります。そう言ったところを探すと同じような場所と比較しても安い賃料設定となっている可能性があるのでチェックしてみましょう。

自宅のマンションの駐車場なら近くて便利ですが、「遠くなっても少しでも安く借りたい」と考えている方はぜひ検討してみてくださいね。

都内でできるだけ安く駐車場をかりる方法3

立地が良くないところ、条件がよくないところを探す

都内でも駅から離れている場所や、都心から離れた農地などの場所では比較的安い値段で貸し出している可能性があります。

また、同じ駐車場内でも駐車しづらい場所でドライビングテクニックが必要とされるような狭い場所ドアが開けづらい場所などは安くなっていることも。

もし同じ値段でも、長い間借りられておらず空いたまま状態の場合は値段交渉の余地もあります。

値切るなんて恥ずかしい…と思うかもしれませんが、聞くだけはタダです。

断られる覚悟で毎月かかる固定費を安くするためにも、勇気を出してお願いしてみましょう。

そして契約してからやっぱり自分の運転技術じゃとめられなかった、なんてことにならないように、本当に自分で駐車できるか現地まで見に行く、もしくは実際に試させてもらうといいでしょう。

都内でできるだけ安く駐車場をかりる方法4

平面駐車場でなく機械式駐車場を選ぶ

平面駐車場とはその名の通り平面を利用した駐車場のことで、青空駐車場や平置き駐車場のことを指します。

機械式駐車場とは、機械を使った建物内に車を重ねるようにして収納する駐車場です。

大きさや高さに制限がある機械式駐車場は、車高制限ない平面駐車場よりももともと安く設定されている場合があります。

同じような場所で機械式駐車場と平面駐車場で悩まれている場合は、一度金額を比較してみるといいでしょう。

現状では車高制限がない平面駐車場に人気がかたよっており、また、昨今車を持たない世代が増えているため、機械式駐車場の利用者が減り続けているようです。

そのため機械式駐車場で空いている場所は意外と探しやすいかもしれません。

機械式駐車場について、メリット、デメリットを以下にまとめました。

機械式駐車場のデメリット

・車を出すのに3~10分程度時間がかかる

・メンテナンスの期間は利用できない可能性がある

・車高制限があるので好きな車が選べない

機械式駐車場のメリット

・平面式に比べ安い場合が多い

・屋根が必ずあるので雨ざらしにならず車の劣化面では比較的遅い

・機械の中に車を入れるのでセキュリティ面で安心

車高が高くてどうしても平面駐車場でないとダメ、という場合を除いては、機械式を検討してもいいかもしれせんね。

そもそも都内の駐車場の相場はいくら?

都内の駐車場と聞くと、どうしても高いイメージがありますよね。実際に調べてみると、都内全体平均で月2万7,379円23区だけで見ると平均月2万8,504円となっています。

また、人気エリアの千代田区、港区、中央区だと平均で4万4,150円と、都内全体の平均よりも2倍近くの価格となっています。

そしてなんと高いところだと10万円というところもあるようです。

ですが、23区以外だと1万円~2万円となっているので、比較的安く借りられるところが多くありますので、23区を外して探してみるのも一つの方法といえるでしょう。

また、区内でもオフィスエリアを外した場所や住宅街、駅から離れた場所だと比較的安く借りられるようです。

自分がどのエリアまでなら借りられるかよく吟味する必要がありそうです。

【都内駐車場相場 まとめ】

都内全体平均…2万7,379円

千代田区、港区、中央区平均…4万4,150円

23区平均…2万8,504円

23区以外平均…1万2,311円

都内でできるだけ安く駐車場をかりる方法 まとめ

都内で駐車場できるだけ安く借りる裏わざを4つお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

高いイメージのあった都内の駐車場代ですが、意外と借りるハードルが下がったかも、と感じる方もいらっしゃるかと思います。

駐車場代が不安で車を買うのに躊躇していた方、毎月かかる固定費の見直しで駐車場を安く借り直したい方は、お伝えした4つの裏わざをぜひ試してみてください。

これでよりお安く駐車場を借りちゃいましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次