高校は高知ではなく都立西高校!?「龍とそばかすの姫」との画像比較や制服も似ているのか検証してみた!

2021年7月16日から公開され話題となっている「龍とそばかすの姫」

内気な田舎の女子高生が現実と仮想世界を行き来する話は、ネット社会ならではの夢のようなストーリーです。

そんな「龍とそばかすの姫」のモデルとなっているロケ地が話題ですが、その中でも主人公すずの通う高校が「西高校ではないか!?」と話題になっています。

龍とそばかすの姫のすずの通う女子高校のモデルは本当に都立西高校なのか?

画像を比較検証してみました!

「龍とそばかすの姫」の高校のモデルは都立西高校?

「龍とそばかすの姫」の舞台となっているのは高知県。

当初は高校も高知県の高校なのではと言われていましたが、「自分の母校と似ている」といったツイートや画像が出回ったことで東京都立西高校ということが判明したようです。

https://twitter.com/suimin_bossss/status/1416700454352785412?s=20

渡り廊下の画像はそのままですよね。

これはほぼ確実に都立西高校が「龍とそばかすの姫」もモデルとなったと言えそうですね。

都立西高校ってどんな高校なの?

都立西高校の基本的な情報がこちら。

https://yahoo.jp/8lPNjG
  • 住所:東京都杉並区宮前4-21-32
  • 偏差値:73

高速のない自由の校風が人気の私服校で、公立高校では東京大学合格者数の上位を維持しているとても優秀な生徒の多い学校です。

勉強だけでなく部活動にも力を入れており、運動部文化部ともに優秀な成績も収めています。

唯一建物が古く汚いと言われていて、それが先程紹介したツイートの「ド汚高校」と呼ばれている理由なんだとか!

公立でここまで偏差値が高く優秀な生徒が多いのは、校則で縛らない自由な校風や勉学へのサポート体制など、とても学校の雰囲気が良いことが理由なのかも知れませんね。

スポンサーリンク

「龍とそばかすの姫」は本当に西高校なの?画像で比較!

では「龍とそばかすの姫」の高校は本当に都立西高校なのか、画像を比較していきましょう。

まずはTwitterでも話題となっていたこちらの画像比較。

上が「龍とそばかすの姫」で使用された映像、そして下が都立西高校の画像です。

tつTwitter
Twitter

映画で使われたほうが明るく、また奥まで窓が続いていますが全く同じ場所であると言えそうです。

では教室はどうでしょうか。

上が「龍とそばかすの姫」の画像で下が都立西高校の画像です。

Twitter
Twitter

似ているといえば似ていますが、学校の教室なんてほぼ同じ印象ですw

のでなんとも言えませんが、机と椅子の感じや窓の感じはよく似ていますよね。

残念ながら高校の最も重要な外観の画像は「龍とそばかすの姫」のものは見当たらず…

見つかり次第アップしたいと思います。

「龍とそばかすの姫」の高校のモデルが都立西高校の理由は?

「龍とそばかすの姫」の高校のモデルが都立西高校である理由については明かされてはいませんが、一番はやはり細田守監督の考えるすずの高校生活を送る場所のイメージが、都立西高校に似ているという点が考えられますよね。

「高知の現実世界×インターネット空間の仮想世界“U”」のギャップを出すためにも、現実の高校は田舎をイメージしたような少し古びた校舎がマッチすると考えたのかなと感じました。

都立西高校は部活動が盛んで、文化部では吹奏楽部がコンクールで賞を取るほどの強豪校のようです。

特にパーカッションは東京都代表として全日本アンサンブルコンテストに出場し金賞をとった経歴も。

「龍とそばかすの姫」の主要キャラクターの一人、ルカちゃんは吹奏楽部という点や、歌の世界を大切にした映画の世界観等も考えると、そういった音楽をきっかけに高校のロケ地を都立西高校にした可能性も考えられそうですね。

スポンサーリンク

「龍とそばかすの姫」の高校のモデルが土佐高校説も!?

「龍とそばかすの姫」の高校は都立西高校であることはほぼ確定ですが、その立地条件としては高知県の土佐高校がモデルではないかと囁かれています。

すずが高校へ通う河川敷は、高知県の「鏡川」がモデルになっています。

奥にある建物名や橋等かなりリンクしますよね!

この「鏡川」は土佐高校のそばにあるようです。

地図を見てみると、土佐高校の周辺に鏡側が流れていることがわかります。

土佐高校について調べてみると、偏差値69で高知県では一番偏差値の高い高校であり、吹奏楽部も有名な強豪校なのだとか。

なんだか都立西高校と少し似たところがあるような…と個人的には感じます。

高校の建物のモデルとしては都立西高校ですが、立地のモデルとしては土佐高校が有力なのかも知れませんね。

まとめ

「龍とそばかすの姫」の高校のロケ地やモデルについてまとめてきました。

高校の建物は都立西高校説が有力なように感じますが、高校の立地について見ていくと土佐高校説が当てはまりそうな気もします。

どこか一つ「ここ」という高校を作ってしまうのではなく、いろんな世界観を組み合わせて「龍とそばかすの姫」が出来上がっているようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です