全カットになった指原莉乃のコメントとは?枕営業はAKBでは当たり前だった?

元タレントとして活躍されていたマリエさんの枕営業についての発言が話題となっていますが、そんな中指原莉乃さんのかつての枕営業についてのコメントが話題となっています。

何でも全カットされていしまったととか…

一体どのような発言をされたのか気になるところですよね。

ということで、指原莉乃さんの枕営業についてのコメントを調査してみました!

枕営業についての指原莉乃の全カットとなったコメントは?

指原莉乃さんの枕営業の関しての過去のコメントが全カットされたということですが、残念ながらネット性を探しても見つけることができませんでした。

問題のコメントは、2014年12月の放送された「ワイドナショー」での発言だったようです。

 タレントの指原莉乃はかつて番組で〝枕営業〟について言及し、発言が全カットされた経験を持つ。14年12月に放送されたフジテレビ「ワイドナショー」で〝芸能界と枕営業〟の話題になった際、指原は相づちを打つ程度でひと言も発さなかった。  これがネット上で話題になると、指原自らツイッターで「しゃべったけどダメなこと喋りすぎてダメだったパターンのやつね」と、カットされたことを明かした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd3e0a88e42a648ed8dc938b8666e08a72db1be6

話題となっている発言をした実際のツイートがこちら。

何を喋ったのかとても気になるところですが、カットされたということは芸能界に枕営業というものは存在しているということを証明しているようにも感じます。

指原莉乃が所属していたAKBでも枕営業の噂があった!

そしてなんと指原莉乃さんの所属していたAKB48にも、実は枕営業の噂がありました。

週刊文春によって、AKBと事務所社長との関係が報じられたことも…!

なんと実際の写真も出回っているようです。

事実はわかりませんが、実際の写真もある所を見てしまうと色々と勘ぐってしまいますよね。

また元AKBの中西里菜さんも、卒業後に自身が枕営業をしていたような発言をして話題になっていました。

こういった情報を見ていると、指原莉乃さんも芸能界の闇的なものを近くで見てきたのかなと感じます。

スポンサーリンク

指原莉乃がプロデュース下グループメンバーがパパ活していた!

https://twitter.com/tokuchan0621/status/1380435590898876420?s=20

そしてなんと指原莉乃さんがプロデュースしていた=LOVE(イコールラブ)のメンバーの佐竹のん乃さんも、2021年3月に高級クラブでパパ活をしていることを文春オンラインに報じられています。

記事によると、佐竹は今年に入ってから交際クラブに登録。少なくとも2月と3月にそれぞれ別の男性とパパ活をしていたという。

男性に紹介されるメールに佐竹は名前を隠すことなく、グループ名まで明かし、「希望10セット15」と記されていた。

「セット」とは交際クラブに支払うセッティング料のことで15万円、「希望」は肉体関係を結ぶにあたり佐竹が希望する金額10万円だとされている。

https://www.mag2.com/p/news/489478

この件に関しては、指原莉乃さんも配信にて謝罪をしていますが、その謝罪動画はすぐに非公開にされていしまったということで、非難の声も上がっていたということです。

 配信には指原が出演し、「このたびは週刊誌の記事に関しまして皆さまにご心配をおかけして申し訳ありません」と謝罪。現在、事実関係を確認中だといい、「彼女の今後の人生のことを考え、私たちからの言及を控えさせていただきます」と話した。また、配信にはグループのリーダーである山本杏奈も出演。ファンに騒動を謝罪しつつ、指原とともに現在の心境を語っていた。

https://news.livedoor.com/article/detail/19830365/

指原莉乃さんはこの件に関しては何も知らなかったのかもしれませんが、アイドルの闇を感じさせられますね。

枕営業もそうですが、体を売ってでも人気になりたい、デビューしたいというアイドルや女優は未だにいるのかもしれません。

まとめ

指原莉乃さんの枕営業の発言について調査しましたが、残念ながらカットされてしまったということもあり、何を発言したのかについてはわかりませんでした。

しかし指原莉乃さんの所属していたAKBグループには枕営業の噂があったり、指原莉乃さんのプロデュースしていたグループの女性がパパ活をしていたり、芸能界に枕営業というのはないとは言い切れないような気がしてしまいます。

体を売らなくてもアイドルや女優として活躍できるような健全な世界になってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です