【父親プロフ】富永章胤の父親はパティシエ!働く店や冨永愛との馴れ初めもまとめてみた

tominaga-ai

皆さんは、冨永 愛さんに息子がいることをご存知でしたか?

「冨永愛さん」と言えば世界の舞台で、一流モデルとして活躍していますよね。

そんな冨永愛さん(40)の息子である冨永章胤さん(17)が有名雑誌での『VOGUE JAPAN』でデビューし、話題になっているんです。

母親の冨永愛さんと共に表紙を飾ってデビューをした冨永章胤さんについては、今後、益々の活躍に期待がかかっています。

そんな冨永章胤(あきつぐ)さんについてネット上では、父親はどんな人なの?と気になっている方が多いようです。

・父親の職業は?

・どこのお店で働いているの?

・冨永愛さんとの馴れ初めは?

など調べてみました。

そこで今回は、

【父親プロフ】富永章胤の父親はパティシエ!働く店や冨永愛との馴れ初めもまとめてみた

と題して記事をまとめていきます。

気になっている方の参考になれば幸いです!ではいってみましょう!

目次

富永章胤の父親のプロフィール

https://www.instagram.com/p/Ch4g9WkvsLy/?utm_source=ig_web_copy_link

冨永愛さんの元旦那さんのプロフィールを簡単にまとめてみました。

・名前:不明

・年齢:不明(冨永愛さんよりは年上)

・住所:フランスのパリ

・職業:パティシエ

冨永愛さんは現在離婚しており、シングルマザーです。

元旦那さんについて調べてみたのですが、一般人の方ということもあり、プロフィールと呼べるほどの情報がありませんでした‥

少なくとも、「章胤さんの父親はパティシエとして働いている」いうことは判明はしていますが‥

そこで、冨永愛さんの元旦那さんのわかっている情報をまとめてみました。

・冨永愛さんよりも年上

・現在、パリ在住の日本人パティシエ

・当時の冨永愛さんがパリコレモデルとして活躍していたので、パリに行くことがとても多く現地で出会った

・2004年に結婚するも数カ月後に息子を出産しているので、 授かり婚の噂がある

とうことはわかりました。

富永章胤の父親の働く店はどこ?

https://www.instagram.com/p/CeGBtaLpDsW/?utm_source=ig_web_copy_link

冨永章胤さんの父親が、フランスのパリに住んでいて、職業がパティシエであることは分かっています。

しかし、その名前や、どこのお店で勤務しているのかについては情報がなく、 分かりませんでした。

今後何か情報があれば記事を更新したいと思います。

冨永愛と富永章胤の父親の馴れ初めは?

https://www.instagram.com/p/CdnMnncJKhA/?utm_source=ig_web_copy_link

冨永愛と富永章胤の父親の馴れ初めがドラマチック

https://www.instagram.com/p/Ch0cvw4P5zW/?utm_source=ig_web_copy_link

冨永愛さんと富永章胤さんの父親の馴れ初めは、いったいどういうものだったのでしょうか?

世界的モデルと、フランスで働くパティシエが、そう簡単に出会えるものなのでしょうか?

気になる馴れ初めですが、「当時の冨永愛さんがパリコレモデルとして活躍していたので、パリに行くことがとても多く現地で出会った」

ということがわかっています。

ありえるとすれば、こういう状況でしょうか?

①パリコレの合間や休みの日に、冨永愛さんがケーキを食べたくなり、近くのケーキ屋さんに行く

②そのお店でパティシエとして働く日本人男性と知り合う

③何度か通ううちに、仲良くなる

④フランスでパリコレモデルと一般男性との運命的な出会いに、2人は盛り上がる

⑤冨永愛さんが妊娠する

⑥結婚することになる

という感じかな?と予想してみましたがいかがでしょうか?

あくまで勝手な予想ではありますが、なかなか現実的なものではないかな?と思います。

元旦那さんはなぜパリでパティシエをしていた?

https://www.instagram.com/p/ChzSHs1poxA/?utm_source=ig_web_copy_link

冨永愛さんの元旦那さんはフランスでパティシエをしています。

「なぜフランス?」と思って調べてみると、ケーキ作りの本場であるフランスでパティシエとして、職人としての腕をあげるために、パリへ修行しにいく日本人パティシエも多いそうです。

パリでパティシエの腕が認められると、『フランス国家最優秀職人賞』を授与されるそうです。

なんとその賞を受賞すると、人間国宝並の扱いをしてもらえるんだそうですよ!

人間国宝っていうと、相当な特別扱いですよね。

パティシエといえば、日本ではあまり待遇が良いとはいえないので、パティシエからすると、人間国宝並みに扱って貰えるようになるということは、まさに目指すべきゴールであり、喉から手が出るほど欲しくなるような夢の賞のようですね。仮にフランスでこの賞を受賞してそれを手土産に帰国すれば、日本でお店を持つことは夢ではないし、すぐに人気店になって毎日ウハウハってことになりそうですよね!

元旦那さんも、そういう夢を持ってフランスに渡ったのかもしれませんね。

冨永愛さんと結婚後も、離婚した現在もパリでパティシエを続けているようなので、2022年現在ではパリで有名なパティシエになっているのではないでしょうか?

ちなみに調べてみましたが、情報が出てきませんでした。

なので今後何かわかり次第記事を更新しようと思います。

冨永愛さんと元旦那さんの離婚理由は?

https://www.instagram.com/p/CahFLv_L07d/?utm_source=ig_web_copy_link

冨永愛さんは結婚して5年で離婚し、現在はシングルマザーです。

愛さんは離婚の決断について、下記のように説明されています。

今回の決断について

「夫婦として歩んで行く中で、お互いのすれ違いや、進むべき道を見据えた上で、 別々の道を歩んで行った方が、 お互いにとっていいだろうと判断致しました」

さらに

「一生一緒に生きて行こうと誓った仲ですし、 大切な息子もいますから、この決断は簡単に出した答えではありません・・・」

とも説明しています。

息子の冨永章胤さんのこともあるため、 簡単な決断ではなかったということを話されていました。

離婚理由について、1番の理由をご紹介したあとに、補足的に他に考えられる理由もご紹介します。

あるエピソードとして、夫からパーティーの席で土下座を強要された 『土下座離婚』があります。

土下座事件については、 のちに冨永愛さんがテレビで語っていたのを見つけました。

冨永愛さんが話した本当の離婚理由は、元旦那さんの『嫉妬』が原因だったそうです。

彼女いわく、束縛が厳しい旦那さんだったようですね。

例えば、「冨永愛さんがパーティーでバニーガールの衣装を着てるだけで激怒した」といったエピソードも明かしていました。

なぜ冨永愛さんは、土下座離婚が話題になったのか?

https://www.instagram.com/p/CYd6W_draVP/?utm_source=ig_web_copy_link

原因は2009年3月発売の週刊誌『FLASH』です。

FLASHで次のように報道されました。

夫婦でパーティーに参加した際に大衆の面前で夫から冨永が土下座を強要された

引用:FLASH

パーティの際に、冨永愛さんが着ていた、「バニーガールの衣装」が原因と言われていました。

ちなみにバニーガールの衣装といえば、実際に女性が着るとかなりセクシーな衣装です。

普通の一般の方だと、そもそもパーティの場であったとしても、バニーガールの衣装を選ぶことは少ないのでは無いでしょうか?

モデルという職業上、華やかで時には露出の多い衣装を着用することもあると思いますが、 そんなことに元旦那さんは苛立ちを隠せなかったようですね。

まぁ、筆者の私も、一般的な男性としては元旦那さんの気持ちは分かります。

だって想像してみてください。自分の奥さんが、バニーガールのセクシーな服を着て、パーティの会場をウロウロしている‥場合によってはセクシーなポーズを求められたり、ウインクなんかしちゃったりして‥ぎゃー!!

私なら「やめてくれー」ってなります。

器が小さくてすみません。

ただ、世の中にはそういう感覚の人もいるってことです。

何も冨永さんの元旦那さんだけでは無いと思います。

ただ‥一般女性ならまだしも、冨永さんにバニーガールの衣装を着るのをやめて!とは言えないですね‥言えないにしても少なからずストレスは溜まるでしょうし、頻度が増えれば増える程、嫌気がさしてくる可能性は十分にありますね。

「そもそも住む世界が違う」と言ってしまえばそこまでですが、そういう格差が出てくることを承知の上で結婚すればある程度覚悟もできたでしょうが、若い頃に、勢いで結婚した場合はそうはいかないでしょうね。

結婚してから、「やっぱり思ってたような普通の結婚生活を送る事は出来なかった‥」というふうに気づいたのかもしれませんね。

では、補足的に他に考えられる理由もご紹介します。

フランスと日本が離れていたのが原因の可能性

https://www.instagram.com/p/CXF0pAkrk3t/?utm_source=ig_web_copy_link

元旦那さんは、パリに住んでいたので、日本とパリで仕事がある愛さんには距離的な問題があり、結果として夫婦や家族でのすれ違いも大きかったのが原因なのではないか?と言われています。

普段、日本で一緒に住んでいる夫婦や家族ですら、日頃のコミュニケーション不足やすれ違いが原因で夫婦喧嘩になったり険悪なムードになったりします。ということは、日本とフランスを忙しく飛び回ってモデル活動をする冨永さんと、フランスでパティシエとして働く旦那さんとでは、一緒に過ごす時間も限られているし、会話やスキンシップも限られてくることは容易に想像できます。

そうなると、お互いが何を考えているのか?が分からなくなってきて、いずれは喧嘩をしたり心が離れてしまったりします。

学生同士の遠距離恋愛ならまだしも、大人の男女が結婚して夫婦になり、国際的な距離があるとまた話が変わってきます。恋人同士では別れてしまえば終了ですが、子供のいる夫婦が分かれれば「離婚」になってしまうんですね。

この違いはとても大きく、巻き込まれる人や影響を受けるのは当事者の二人だけではすみませんよね。子供や両親、存続、仕事の仲間にまで大きな影響が出ると思いますし、離婚を決めた当時の二人はとても大変な時間を過ごしたのではないかな?と想像します。

収入格差が原因の可能性

https://www.instagram.com/p/CWXlImgp6xk/?utm_source=ig_web_copy_link

日本でも、実際に夫婦での収入格差が原因で離婚をすることになった夫婦が多いですよね。

夫婦で共働きだが収入に格差があると、それぞれの金銭感覚の違いやすれ違いが起きてしまうことも考えられます。

世界的モデルとして活躍する冨永さんは、もちろんたくさん稼いでいます。一方で、フランスでパティシエとして働く元旦那さんはどうでしょうか?

一般的なサラリーマン程度の稼ぎでは、冨永さんと比較されるのはキツイというか、見劣りしてしまうのではないでしょうか?

気にしないタイプであれば問題ないでしょうが、プライドの高い男性であれば、精神的に耐えられないかもしれませんね。

このように冨永さんの離婚の裏には、色々とあったようですね。

筆者の私も結婚して子どももいますが、何年経っても夫婦関係というのは難しいものです。

元々が生まれも育ちも違う他人同士、夫婦としてうまくやっていくのはなかなか至難の業ですよね‥仕事と家庭の両立、子育てや家事への関わり方、お金の使い方に関する考え方の違いなど‥あげればキリがありません‥

なので、冨永さんの苦悩も、一部ですがわかる気がします。

土下座離婚はデマの可能性が高い件

https://www.instagram.com/p/CWYA1W5pr-4/?utm_source=ig_web_copy_link

冨永さんが記者に対して、「土下座強要の事実は無かった」と説明をしたのが2009年3月上旬でしたが、その翌月である4月20日に離婚したことを公表しています。

その際にも「先日報道された事のような事実はありませんが」と前置きした後に離婚を公表しています。

冨永さんが、こうして何度も報道について否定しているので、やはり土下座離婚はデマの可能性が高いですね。

実際の離婚理由は、「夫婦間のすれ違いだった」と語りました。

週刊誌の記事は面白おかしく書かないと読者の注目を得ることができませんし、目を引くようなキャッチフレーズが必要です。

例えば「冨永愛の離婚の原因は夫に土下座を強要されたことだった」と書けば読者は「えっ!土下座を強要?いったいどんなことがあったら土下座を強要される結果になえるのだろう」と気になります。

そこを事実のまま「冨永愛の離婚の原因は夫婦のすれ違いだった」と書くと読者は「ふーん・・・どこの夫婦も同じじゃん」ってなるし、記事を読んですらくれないかもしれませんよね。

やはりビジネスとして記事を書く以上は、少し内容を盛ったり大げさに書いたりして注目を集める必要があるため、冨永愛さんにとっては不本意だったでしょうが、こんな記事が書かれてしまったんでしょうね。

富永章胤と父親の現在の関係は?

https://www.instagram.com/p/CSRfIUqHTE3/?utm_source=ig_web_copy_link

冨永愛さんの元旦那さんは離婚してかなり時間が経っていますが、現在も仲良しなのか?定期的に会ったりしてるのか?が気になりますよね。

冨永章胤さんの父親は、パリ在住の日本人パティシエです。

富永愛さんは「離婚したパートナーについて、子供にとっては父親であるので決して悪く言わない」ということをおっしゃっていました。

個人的な予想ですが、冨永章胤さんと父親の関係は、きっと良好なのかではないかな?と思います。

よく、子どもが自分の父親を、嫌いになる原因は、普段1番一緒に時間を過ごす母親が、父親の悪口を言ったり、嫌悪感をあらわにしているからだ、と言われています。

確かに、自分が一番信頼する母親の好きな人には好感が持てるし、その逆の人は嫌いになるってのは自然な流れだと思います。

冨永さんのエラい所は、自分の感情はさておき、息子の立場を考えて行動している点です。

自分の父親を誇りに思えない、嫌いになるってことが、子どもにとってどれ程不安で、怖いことなのか‥それを冨永さんはちゃんと分かっているってことですね。

調べてみると、土下座離婚報道の時には、夫婦で将来について話し合っている最中で、まだ答えが出ていなかったんだそうです。

一か月ほどの話し合いの結果、2人は最終的に離婚という選択をしたんですね。

離婚はしたものの、元旦那に対し冨永愛さんは、

「彼が将来”幸せになってくれる事”を願っています」

と語られています。

バニーガールの衣装が原因とはいえ、自分に土下座を強要させてくるような相手に、幸せになってほしいと思うでしょうか?

なので、前述した、「元旦那さんが冨永愛さんに土下座させたという報道」はガセの可能性が高いですね。

ただ、土下座事件については諸説あります。それは、土下座を強要まではしていないが、バニーガールの服装をしたことに苦言を呈した(ダメ出しをした)というもの。

実際、冨永愛さんは世界的な有名モデルのため、業界人や海外の方など男女問わずに広い付き合いがありますよね。

仕事関係の交流や付き合いまで元旦那さんから束縛されてしまうと、仕事に支障をきたしてしまいます。

仕事に支障をきたすほどの束縛に我慢できなくなった結果として、離婚という結論に至ったのではないでしょうか?

土下座離婚の真相は、元旦那の束縛の強さが原因だったかもしれません。

引き続き調査をして、冨永章胤さんの父親について何か新しい情報がわかりましたら記事を更新したいと思います。

まとめ

https://www.instagram.com/p/CMCFsVLBqZw/?utm_source=ig_web_copy_link

いかがでしたか?

今回は、【父親プロフ】富永章胤の父親はパティシエ!働く店や冨永愛との馴れ初めもまとめてみた

と題して、冨永愛さんの元旦那さんについて中心にご紹介しました。

・富永章胤の父親はパティシエですが、働いている店は不明でした。

・富永章胤の父親は現在、フランスに住んでいる一般の男性です。

・冨永愛さんは撮影でフランスに行くことが多かったので、現地でパティシエとして働く元旦那さんと出会い、燃え上がって授かり婚をした

ということでした。

時系列で説明すると、冨永愛さんの元旦那はパリ在住の日本人パティシエで、2004年に結婚。

2005年には子供も誕生しましたが、残念ながら2009年に離婚しました。

約4年間の結婚生活でした。

パリ在住ということもあり、元旦那さんのプロフィールはあまり明かされていません。

土下座離婚の真相はデマでしたが、そのような話をされるほど束縛がきつく、束縛が原因で離婚されたようですね。

「火のないところに煙は立たない」ということわざがありますので、そういうことなんでしょう。

さて、話を戻して、「富永章胤さんは冨永愛さんの息子」という色眼鏡で見られることは避けられない未来です。

そんな中で、プレッシャーや期待に応えながら、モデルとしてステップアップしていき、最終的にはお母さんみたいな世界的なモデルさんになれると良いですね!

私も今回の記事を書くことで、冨永愛さんや富永章胤さんについて知ることができたので、今後、応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次