駒沢大学出身!レペゼン社長の進学や中退した理由が衝撃的!大学時代の写真も見たい!

YouTubeやTwitterなどで大人気のグループ『レペゼン地球』。

そしてそんなグループのリーダーを務めるDJ社長。

その名の通り株式会社『Life Group』の社長を務める本物の社長です。

社長と言っても動画の編集や企画、イベントの企画などほとんどの仕事をDJ社長がやっています(笑)

そんなDJ社長ですが実は大学まで通っていた経歴を持ち、意外としっかりしている面も。

そして通っていた大学を中退し、起業を開始しました。

いったい入学の理由や中退の理由はなんなのでしょうか?

今回はDJ社長の大学時代について調べてみました!

レペゼン社長が駒澤大学に進学した理由は?

DJ社長が大学に進学した理由が、『社長になる為の勉強をするため』だそうです。

高校時代から社長になることを夢見ていたDJ社長。

その理由というのも

  • お金持ちになりたい
  • 楽してお金を稼ぎたい
  • 偉い人にペコペコしたくない

以上の理由から社長を目指したそうです。

DJ社長っぽいですよね(笑)

そしてホントになってしまうところがすごいところだと思います。

おそらく大半の方が上記のようなことを思ったことがあるのではないでしょうか?

けれどなかなか行動に移せる人っていうのは少ないですよね。

そういったところを見習いたいと思いました。

大学は駅伝で有名なあの『駒澤大学』に通っていたそうです。

そして学部はなんと経営学部。

動画内で見るおちゃらけたDJ社長からはあまり想像できないですよね(笑)

けれど意外とまじめなDJ社長のことなのでしっかり勉強している画が浮かびます。

会社も一人で立ち上げているのでそれも勉強で得たノウハウのおかげかと思います。

レペゼン社長が駒澤大学を中退したのはなぜ?

行動力旺盛で、まじめなDJ社長がなぜ大学を辞めたのでしょうか?

その理由というのは上の動画内で語っていましたので要約すると

  • どうやったら社長になれるのか先生に聞きに行った
  • その時に「この人は先生であって社長じゃない」と、気づいた
  • 授業で教えてるのも経営の仕方であって経営者のなり方ではなかった

確かにその通りだなと思いました。

”先生””社長”ではないですからね(笑)

その後、会社を立ち上げる準備期間中に通っていなかった大学を辞めたようです。

すごい行動力と決断力ですよね!

こういった人が成功するんだなと感じるエピソードですよね。

DJ社長の行動力に脱帽してしまいました。

その後は社長になる為に人脈を広げて様々な社長を紹介してもらい、勉強に励んだそうです。

そしてパーティーイベントなどを開き資金を溜め、21歳という若さで株式会社『PARIST』の社長になりました。

その時はまだレペゼン地球はなく、イベント会社のようなものを経営していたようです。

当時はDJ社長ではなく普通(?)の社長だったようです(笑)

レペゼン社長は高校も頭のいい進学校だった!

大学も頭の良いところに行っていたDJ社長。

それでは高校はどこに通っていたのでしょうか?

調べてみると福岡西陵高校というところに通っていたことがわかりました!

偏差値も58とそこそこ高く頭の良い高校に通っていたそうです。

DJ社長のお母さんに「高校だけはまともなところへ行ってくれ」と言われて入学したようです(笑)

ここの卒業生からは早稲田大学や法政大学などに進学した生徒もいるそうです。

ちなみにDJ社長は高校を1年留年したので4年間通っていたそうです。

当時から今の破天荒ぶりが見えますよね(笑)

それでも中退したとはいえしっかり大学まで行ったのですから根は真面目なんだなと感じます。

まとめ

社長になりたい一心で勉強をし、思いついたら即行動するというのはなかなかできないことだと思います。

そういう努力家のDJ社長だからみんなに愛されているのですね。

私がもしメンバーでも「この人なら着いていける!」と感じるかと思います。

DJ社長のように、とはいかないと思いますが同じような行動力を身に着けたいですね。

今からでもそれを見習っていけば将来の社長になれるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です