【第2話】ドラマ「10の秘密」のあらすじや感想をまとめ

向井理演じる圭太の娘・瞳が誘拐され、圭太は由紀子を探すことに。

その先で瞳や由紀子の様々な秘密を知っていき、そういった葛藤の中でも瞳を救うために動く圭太。

第2話ではようやく由貴子を見つけた圭太と雪事のやり取りからのスタート。

瞳を救うためどう動くのか、気になる展開を見ていきましょう!

「10の秘密」第2話のあらすじ

圭太は由貴子を発見し、話している中で、由貴子が10年前の事件絡みで仕事でトラブルになったことを知ります。

そこに由紀子の彼氏・竜二が現れると由貴子は逃げ出し、その逃亡を圭太も手助けしますが、圭太は竜二が瞳を誘拐したのだと勘違いをしていたのでした。

一方菜七子のもとに、瞳の友人・真衣が現れ、瞳が誘拐された当日ピアニストの翼と会う約束をしていたことを伝えます。

翼は瞳の家族の情報を見て、何やら企んでいるような表情を浮かべていました。

菜七子に瞳と翼の関係や、夜中に街中で瞳と遭遇したことがあるという話を聞いた圭太は、翼を探しに向かいます。

ようやくとあるバーで翼を発見。とっさに逃げた翼でしたが圭太も逃さず、翼の家で話を聞くことに。

翼の家には結局瞳はおらず、翼から「瞳は父親からの期待が負担だった」と話していた事を聞いた圭太は落ち込みます。

帰り道、瞳を誘拐した謎の男とすれ違いますが圭太は気づかず、謎の男は翼の部屋を見て真犯人に電話をかけます。その後翼もカーテンを開け外を気にしている様子でした。

家に帰った圭太は、待っていた菜七子に翼の家に行った報告をしている際、由紀夫から電話がかかってきます。

そして重要なデータを、自殺した矢吹という男性の部屋に侵入して持ってきてほしいと頼まれたのでした。

そのデータは、ある大型の工事の欠陥の証拠となるもので、矢吹はそれを元に自殺。

由貴子がその自殺の場にいたことで、犯人は由貴子がそのデータを持っていると思い、瞳を誘拐して由貴子を探させようとしたとのことでした。

圭太はデータを見つけるために矢吹の部屋へ侵入。

途中竜二らが矢吹の部屋に訪れバレそうになるも、間一髪逃げてバレることなくデータを入手した圭太。

これで瞳を助け出せると信じていた圭太ですが、由貴子には何か秘密があるようで…

「10の秘密」第2話を見た視聴者の感想は?

「10の秘密」第2話を見た人の感想がこちら!

https://twitter.com/SXiVQeDaBmqH2Gd/status/1219649943733817346?s=20

ハッピーエンドかと思いきや、由紀子の秘密についての最後の意味深なメッセージ…

ますます謎が深まり、今後の展開が気になります。

まとめ

「10の秘密」の第2話のあらすじや感想をまとめました。

竜二も怪しい、翼も怪しい、もうなんだか登場人物がすべて怪しく見えてきます…w

そして見方だと思っていた由貴子に秘密があることが明らかになり、謎が深まる展開…

第3話で瞳を助け出せることはない気がしますが、それぞれの秘密が少しずつ明らかになっていくのでしょうか…

今後どのような展開になっていくのか、ますます目が離せません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です