神戸大を中退!ネイビーズアフロはじりが大学をやめた理由や大学生活を調査

出典:Showroom

国公立の名門「神戸大学」に在学していた、超インテリ芸人のネイビーズアフロ。

ネイビーズアフロ さんは頭の回転が速いこともあってか、いつもスピーディーな漫才を展開しています!

そんなネイビーズアフロのツッコミ「はじり」さんですが、神戸大学を中退していたそうなのです。

驚きですね・・・。せっかく入学したのになぜでしょうか。
なんだかもったいない気がしてしまいます。

そこで、今回はネイビーズアフロ「はじり」さんが大学を辞めた理由や大学生活での様子について調査をしてみました!

ネイビーズアフロはじりはなぜ大学を中退したの?

はじりさんが中退した理由について調べたところ、残念ながら理由は出てきませんでした。

ただ、はじりさんは7年通って「中退」ということだったので、あまり卒業をする気はなかったのかもしれないな〜と思います。(大学の在籍は最長8年まで)

また、はじりさんがいた「工学部」は卒業するのがとても大変なようで、並大抵の努力では卒業できないようなのです。

実際に神戸大学の理系に通っていた方も、「やっとの思いで卒業した」というように言っています。

また、はじりさんは「就職をしたくなかったからお笑いを始めた」ということも述べています。

仮に就職したいとなると、大学を卒業しているかどうかって大事ですよね。

でも、はじりさんにとっては大学を卒業するメリットがなかったということも考えられますね。

いずれにせよ、本当の理由は謎のまま・・・といった感じです。

ちなみに、文科省の資料によると大学を中退する主な理由としては以下のものなどがあります。

  • 転学
  • 就職
  • 学業不振
  • 海外留学
  • 病気・けが
  • 経済的理由
  • 一身上の都合
  • 学生生活不適応

個人的には、「一身上の都合」で他にやりたいことができた可能性が高いのでは?と感じています。

ネイビーズアフロはじりの神戸大学時代とは?

はじりさんの神戸大学時代はとにかく「お笑い」ばかりに専念していたようです。

自分で稼いだバイト代はチケットと交通費に当てていました。

また、毎週のようにお笑いライブのチケットを買い、先輩の芸を見て勉強をしていたそうです!

本当に根っからのお笑い好きですね笑

はじりさんが、大学時代に通っていた劇場「5upよしもと」↓

よしもと5upよしもと
出典:吉本興業

また、就職活動の時期になると友だちを見て、「(就職して)仕事で大変なことやつらいことがあるのは普通。でも、職場の人が面白味のない人ばかりで、働きたくなくなるのがイヤだ」と感じたそうです。

「職場にいる人が全員芸人であれば、つまらなくなるリスクも減らせる」と思ったようです。

はじりさんらしい、論理的な考え方のように思えますね。

スポンサーリンク

ネイビーズアフロはじりの大学受験の勉強方法が独特!

はじりさんは「神戸大学」に一般受験で合格しています。

「神戸大学」は国公立ですから、相当な学力が必要になります。

では一体どんな受験勉強をしていたのでしょうか。はじりさんはインタビューの中で次のように話しています。

「時間に区切りをつける。ご褒美まで頑張る。そこまでは集中してできましたね。僕ゲーム好きで、1時間勉強して10分「太鼓の達人」やるというのをずっとしてましたね。集中できるのは1時間までって言うし、あんまり根詰めすぎてもできひんから、自分のリズムで効率よくっていうのは一番大事かな」

芸能人有名人学歴偏差値.com

1時間勉強するごとに、10分だけゲームをするというやり方みたいですね!

でも、この勉強法って独特なものでしょうか?

調べてみると、本来「ゲームと勉強は両立が難しい」とされているようです。

人によっては、ゲームに夢中になりすぎて、時間をムダにしてしまうということもあるみたいなのです。

ちゃんとルールを作って、相当自分に厳しくする必要がありそうです。

そんな中で、ちゃんと自分で勉強と遊びの線引きができていたはじりさん。

かなりすごいんじゃないですかね。

はじりさんの勉強法は相当な意志力と精神力がないと、キツいのではないでしょうか?

たしかに、独特と言えそうですね!

また、はじりさんは高校生に受験勉強の仕方を教える企画の中で、次のように言っています。

僕は覚えたことを紙にバーっと書き出して答え合わせをして、また書いてというのを繰り返して覚えました。口に出して言いながら書くと、目と耳と手を使うし、五感をフルに使うと覚えやすいと思います。

シーエイチファイルズ

この、「五感」を使った受験勉強はすごくいいようです。

インテリ芸人である“ロザン宇治原”さんも、「どうしても覚えなくてはいけないことがあるときは五感を使うといい」と言っています。

はじりさんは独特な勉強法をしつつも、王道の受験方法をうまく組み合わせたことで合格することができたのかもしれません!

さすが、「神戸大学」に合格するだけありますね。笑

まとめ

いかがだったでしょうか?

調べてみると、はじりさんのお笑いに対する思いはとても強かったようですね。

大学を卒業するかどうかは、あまり頭になかったのかもしれないです!笑

でも、自分のやりたいことをしっかり見つけてのめり込むことは、すごく素敵なことだと感じます!

自分だったら「中退してしまうなら、とりあえず大学出とこう〜」と思っちゃいます。笑

でも、はじりさんみたいに、「自分の夢のために決断ができる」ってすごくステキなことではないでしょうか?

今後のさらなる活躍がたのしみですね〜!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です