【画像】原知佐子の若い頃が美人すぎる!素晴らしい演技の動画も紹介!

2020年1月19日。

女優の原知佐子さんが上顎肉腫のため84歳でお亡くなりになりました。

1970年代に山口百恵さん主演の「赤いシリーズ」でブレイクし、名脇役として活躍してきた原知佐子さん。

そんな原知佐子さんは若い頃からとてもおきれいだったんです!

今回は原知佐子さんの若い頃の画像をご紹介します!!

原知佐子の若い頃の画像!

原知佐子さんの若い頃の画像はこちら!

目鼻立ちがはっきりとしていて、とてもきれいな顔立ちをされていますね!

ちょっと由美かおるさんににているような…!?

ショートパンツ姿もセクシーです!

原知佐子の生い立ちは?

1936年1月6日、高知県高岡郡で産まれた原知佐子さん。

小学校時代に先生から「この子は宝塚に入ったらいい」と薦められて芸能界に興味を持ちます。

高校卒業後、宝塚や松竹歌劇場を受験するも落ちてしまい、「芸能人の多い京都ならばコネで潜り込めるかも」と思い大学に入学。

1959年、大学2年目で新東宝の「第4期スターレット」に合格して大学を中退して芸能界に入ります。

1963年には、映画監督や脚本家として有名な実相寺昭雄さんと結婚。一人娘を設けます。

そしてその後1970年代に「赤いシリーズ」でのいびり役で注目され、一躍人気名脇役女優に!

その後は様々な作品に出演し、脇役ながら素晴らしい演技で作品に色を添えてきました。

そして2020年1月19日に上顎肉腫のため、東京都内の病院で84歳でお亡くなりになりました。

原知佐子の動画が見たい!

原知佐子さんの動画をご紹介します!

元気なおばあちゃん役!自然な演技と可愛らしい笑顔が素敵です!

髪型やピンクのストールがおしゃれです!

「彦とベガ」は2015年の映画なので、今から約5年前になりますが、この頃はとても綺麗で元気なお姿を見せてくれていたのですね!

まとめ

原知佐子さんの若い頃の画像をまとめました。

とてもスッとして目鼻立ちがはっきりとしたきれいな女性でしたね!

お年を召した原知佐子さんも、おしゃれできれいな姿を見せてくれていました。

お亡くなりになってしまったことは残念ですが、これからも原知佐子さんの素晴らしい作品は残り続けていきます。

原知佐子さんのご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です