【動画】林遣都の「教場」での演技がヤバい!不気味な平田役を演じきる姿に称賛の声

2020年1月4日5日で放送される
スペシャルドラマ「教場」

第一夜目では、俳優の林遣都さんが
「平田和道」という闇を抱えた生徒役を演じ
話題となっています。

今回はそんな林さん演じる
平田和道の動画や
原作との比較などを
まとめました。

「教場」での林遣都の迫真の演技!

かなり怖い…

途中から雰囲気がガラッと変わって
狂気的になる林遣都さん。

さすがの演技力ですよね!!

スポンサーリンク

原作の平田はどんな人物?

平田和道(林遣都)は、警官の息子でありながら、
様々な職を転々としてきて、
警察学校が最後のチャンスだと思っている落ちこぼれの生徒
です。

宮坂(工藤阿須加)が警察官を目指すきっかけとなった、
事故で死にかけたときに助けてくれた警官が
平田(林遣都)の父親で、
平田の父親に恩がある宮坂は、
平田に気を使っていました。

それを知った平田は激怒して、
宮坂を恨むように…

平田(林遣都)は宮坂(工藤阿須加)を部屋に監禁し、
硫化水素で心中を図ろうとしました。

ところが風間(木村拓哉)はすでに
平田の殺意と硫化水素発生計画を察知していて、
宮坂は救われ、平田は退校届けを渡されました。

父親と自分を比較して
強いコンプレックスを持っていたのかもしれませんね。

平田和道さんについては、
原作とドラマはほぼ変わらない設定だったようです。

林遣都の教場でのインタビュー

林遣都さんが教場に出捐するに当たり、
インタビューにこたえています。

「俳優人が誠心誠意、警察官という仕事に向き合って戦い切った作品だと」

「とにかくその空気感を味わっていただけたらと思います」

林遣都さんの演技からも
それだけの思いで挑んだ作品なのだ
ということがわかりますよね。

まとめ

スペシャルドラマ「教場」の
林遣都さん演じる「平田和道」のシーンを
まとめました。

林遣都さんの素晴らしい演技力に
ドラマの世界に入り込んでしまうような、
不気味で恐ろしさを感じます。

本当に素晴らしい俳優さん。

教場の今後の展開と、
林遣都さんの活躍も期待していきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です