【大分東名ラグビー】セコナイヤ・ブルのプロフまとめ!強烈なパワーが持ち味のフィジー出身選手

2019年12月27日。

全国高校ラグビー大会がスタートし、
早くも白熱した戦いが
繰り広げられています!!

そんな中大分では、予選の段階で
大分東名高校が強豪鶴舞を破って
花園出場を決め、かなり話題に!

大分東名には素晴らしい選手が
たくさんいるわけですが、
今回はそんな選手達の中から
セコナイヤ・ブル選手について
まとめました!

セコナイヤ・ブルのプロフィール

セコナイヤ・ブル(sekonaia bulu)

  • 生年月日:2002年4月4日
  • 出身:フィジー
  • 身長:193cm
  • 体重:112kg

6歳からラグビーを始めたブル選手

ポジションはNO・8とSOです。

ナンバーエイトとは?
フォワードを最後方からコントロールし、統率する選手です。スクラムの時には、後方に運ばれた ポールを手で運び出すこともあります。 体の大きさ、スピードとパワー、的確な判断力。 総合的に高い能力の求められる、フォワードの中 で最も華のあるポジションです。 また、守備/攻撃の両面においてチームの中心 となる、大変重要なポジションです。
SOとは?
スクラムハーフからボールを受け取り、
どこへパスするか、走るか、キックするか…
と攻撃を選択するプレイメーカーです。

主に攻撃面で活躍するブル選手。

その体格から分かるように、
パワーもあり、技術ももった
素晴らしい選手です!!

性格について、大分東名の白田監督は

セコは謙虚でいい子

と話しています。

チームの勝利のために自ら
進んで動く姿などから、
とても素直で謙虚な方なのかなとは
思いますよね!!

セコナイヤ・ブルの活躍がすごい!

セコナイヤ・ブル選手は、
2018年の春にフィジーから日本にやってきて、
プレイしています。

フィジーの変幻自在な攻撃
フィジアンマジック」と称される
ラグビーをチーム全体に広め、
大分東名のラグビーに変化を
もたらしたといいます。

パス」に力を入れたプレイがそのスタイルで、
相手を翻弄し、どんどん前に進んでいく
プレイスタイルです!

力だけではない、
その技術を持つブル選手は、
チームにとってかなり貴重な存在でしょうね!

そして初の高校ラグビー大会、
花園の大舞台ではチームの全員が
緊張でガチガチになりミスを連発。

そんな中で相手をはね飛ばすような
激しいハンドオフや、
相手のチャンスをつぶす
鋭いタックルで仲間を鼓舞。

「仲間が自信を持つように
普段より激しくプレーした」

「引っ張る自分の姿を見せることで
仲間の自信にもなる」

とブル選手は話していたようです。

技術だけでなく、メンタルも強いんですよねー!

将来の夢は日本代表だそうですが、
実現する日もそう遠くはなさそうです!!!

スポンサーリンク

セコナイヤ・ブルは勉強もすごい!

大分市の留学制度で
18年に来日したブル選手。

まだ約1年半しか日本に来てから
たっていない状態なんですが、
日本語がとても上手で、
しかも古典のテストでは79点を採ったらしい!!

本人は取材に対してこんな言葉も…

「学校ではラグビーのことを忘れる。切り替えができたら、ラグビーにもつながる」

「勉強は楽しい。特に漢字を書くのか好き」

勉強もスポーツも頑張れるのって、
なんか本物の気がしますよね!

ラグビーもこういった気持ちで
取り組んでいるからこそ、
ぐんぐん成長しているのかもしれません!!

セコナイヤ・ブルの活躍と成長に期待

大分東名高校ラグビー部の
セコナイヤ・ブル選手について
まとめました。

フィジーのラグビーを日本に広め、
大分東名のラグビー部の勝利に
貢献しているセコナイヤ・ブル選手。

パワーと技術を兼ね備えた
素晴らしいプレイを見せてくれています!!

今後も高校ラグビー大会での
活躍は見逃せませんね!

そして将来的には日本を代表する
選手になるのではないでしょうか。

今後の活躍を見守っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です