JO1練習生の韓国人が辞退したのは誹謗中傷が原因?韓国の反応は?

徐々に認知度が上がり、ブレイク寸前の男性11人の男性グループJO1ですが、練習生時代、韓国人メンバーがいたことはあまり知られていません。

韓国人メンバーは全部で3人おり、揃って辞退したと言うことが判っていますが、その裏には一体何があったのでしょうか。

今回はJO1練習生の韓国人が辞退したのは誹謗中傷が原因?韓国の反応は?などの情報をお届けしていきます。

JO1練習生の韓国人が辞退した理由は?

引用:https://natalie.mu/

JO1はサバイバルオーディション「PRODUCE101 JAPAN」で勝ち抜いた11人で出来た音楽ユニットです。

2020年春にデビューし、今やかなりの人気となっています。

「PRODUCE101」は韓国で一大ブームとなったオーデション番組で、その日本版が「PRODUCE101 JAPAN」です。

そんなJO1ですが、実は練習生として韓国人3人が参加していました。

しかし、その韓国人は3人とも自身で辞退して騒動になりました。

ただ、間違ってはいけないのはJO1のメンバーになってから脱落者が出たのではなく、35人にまで候補が絞られ、いよいよデビューメンバーを決める最終決戦を前にして辞退したのです。

その韓国人練習生はボーイスグループHALO(ヘイロ)の元メンバーだったキム・ヒチョン、チョン・ヨンフン、キム・ユンドンの3人。

3人が辞退を決意したのはSNSなどでの誹謗中傷が原因だと言われています。

「PRODUCE101 JAPAN」では日本在住、応募時点で芸能事務所に所属していないことが応募条件になっています。

つまりは完全な素人であることが求められているのですが、韓国人3人は応募時に韓国の芸能事務所に所属おり、ルール違反ではないかなどとネットなどで批判が始まったのです。

こうした批判がネット上で拡散したために3人は辞めたようです。

JO1練習生の韓国人辞退に対する事務所のコメントは?

引用:https://ameblo.jp/

結局、辞退した韓国人3人ですが、運営事務局側ではなんと言っているのでしょうか。

運営事務局では「3名とも鹿児に所属していた韓国の芸能プロダクションとの所属契約は応募時点において解消されている」としています。

また3人に兵役義務があることについても批判があったのですが、「これらはいずれも法律上の義務であって、将来的な活動に支障があるとしても、義務を果たすことについては、PRODUCE101 JAPANとして当然のことと想定しております。従いましてこの点をもって応募資格に欠けるものとは考えておりません」とコメントしています。

確かに、韓国では当たり前のことでも、日本では若い年齢のアイドルグループが兵役に行ってグループ活動が休止になると言うことは受け入れ難いものだと言えます。

ただ、それをもって辞退に追い込むまでの理由になるとは言えず、行き過ぎた中傷と言えるでしょう

更に「各種SNSにて一部実名で事実無根の心ない誹謗中傷の投稿が見受けられます」、「SNSマナーにご理解ご協力の程、お願い申し上げます」とも呼び掛けています。

こうしたことことから考えても韓国人3人の辞退は、やはり噂通りSNSでの誹謗中傷が大きな1つの要因だったと見て良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

JO1練習生の韓国人辞退に対する韓国人の反応は?

引用:https://laughmaga.yoshimoto.co.jp/

こうして韓国人3人が辞めてしまった訳ですが、日本ではそうしたことにそれほど大きな影響はありません。

では、韓国人3人が辞めたことで肝心の韓国での反応はどうなっているのでしょうか。

  • 韓国人練習生を嫌韓で追い出したのに今は韓国デビュー…
  • 韓国の子たち全員辞退させて何
  • 当選圏の韓国人メンバー事実上追い出したんじゃないwwwwそれなのに?
  • 韓国人一人もいないのになんの韓国デビューなの?
  • 今韓国の子達は放置しといて?
  • 韓国でデビューもしないのに、なんで韓国で準備するの?
  • ただメンバーだけ日本人で、日本語で歌うK-POPグループだ;;
  • K-POPスタイルにしたいのに韓国は嫌い…そうなのかな
  • この人たち嫌韓たちじゃない?ここ韓国人達は全員出ちゃったじゃん。
  • 卑劣に嫌韓して韓国の練習生を追い出してK-popのノウハウだけ盗もうとするのは本当に陰湿
  • それなら韓国のメンズ含めてデビューしなきゃ。笑わせるね
  • 韓国デビューしても需要のない供給じゃんwwww

ネットなどでは韓国人3人が辞退したJO1にはかなり厳しい意見が寄せられています。

当然と言えば当然とも言えます。

しかも、グローバルアイドルと言う位置付けがあるにも関わらず、これでは韓国では受け入れられないこと必至です。

最初のところで躓いていては、世界へうって出るのもかなり厳しい道のりになりそうですね。

また、そもそも韓国のオーディション番組であるにも関わらず、そこに配慮したメンバー編成に出来なかったことはマイナスイメージに繋がっていくでしょう。

現在、日本ではそれなりの人気となったJO1ですが、日本人気だけで終わってしまう可能性もあるかも知れません。

しかし、JO1のメンバーは今回のことについては全く関係ありませんし、むしろ一緒にオーディションを受けてきた同志でもあります。

日本での人気はすでに素晴らしいJO1ですが、日本人の誹謗中傷によって韓国での人気に歯止めがかかってしまうのは、なんだか可愛そうな気がしてしまいます。

まとめ

今回はJO1練習生の韓国人が辞退したのは誹謗中傷が原因?韓国の反応は?などの情報をお届けしました。

JO1は候補者に実力者の3人の韓国人がいたのですが、3人が3人とも辞退してしまうと言う後味の悪い結果になりました。

その原因の一つと考えられる誹謗中傷。

このことが原因で、何もしていないJO1のメンバーたちの今後の背系での活躍にも、もしかしたら影響が出てきてしまうかもしれないと思うと、それもまた切ないですね。

国籍関係なく、平等に活躍できるような社会になってほしいです。

日本では人気が出てきているJO1ですので、今後の活躍も応援していきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です