上白石萌音の父親の職業は中学校教師!勤務地も特定!?

歌える女優の呼び声高い上白石萌音さん。

そんな上白石萌音さんの真面目さは父親譲りかもしれません。

というのも上白石萌音さんの父親は中学校の教師をやっているのだとか。

一体どんな人物なのか気になりますので、上白石萌音さんの父親情報をまとめました。

上白石萌音の父親の名前やプロフィールは?

上白石萌音さんの父親の名前やプロフィールについて、見ていきたいと思います。

上白石萌音さんの父親の名前は、ズバリ上白石修さんです。

鹿児島県で中学校教師をしており、社会科を担当しているようです。

歴史や政治経済等に詳しい方なんでしょうね!

上白石萌音さんの父親は、2006年〜2008年の間、メキシコの日本人学校で日本語を教えていた経歴もお持ちなんです。

上白石萌音さんが小学校3年生〜小学校5年生までの期間、3年間もの間メキシコに住んでいたということなので、メキシコの公用語であるスペイン語や英語なんかもお上手なんでしょうね。

ちなみに、上白石萌音さんの父親のように日本人学校に赴任するためには、文部科学省から適任者として選ばれる必要があります。

その資格というのが、「日本の公立学校で教諭として3年以上の経験を詰み、研究や指導主事などで実績を残し、数々の関門を乗り越えた少数精鋭の先生方」と言われていて、経験があり才能のある先生が選出されるようです。

ということで白石萌音さんのお父さんは、それだけ素晴らしい先生であることは間違いないでしょう。

上白石萌音の父親の働いていた中学校が判明!

https://www.rbbtoday.com/article/2020/05/30/179384.html

上白石萌音さんの父親は、2006年に鹿児島県鹿児島市立武岡中学校で働いていたことが分かりました。

この年の東書教育賞の中学校の情報通信メディア活用部門で奨励賞を受賞しています。

こちらに武岡中学校と記載されています。

そしてその後上白石萌音さんの父親は2011年に地元鹿児島県にある鹿児島県串木野市立羽島中学校で働いていたことも分かりました。

https://yahoo.jp/gcoCkA

上白石修先生の名前で中学校の社会科の教育の本の出版があり、そこの中学校の名前が羽島中学校となっています。

https://mondo-libre.com/kamishiraishimone-chichi/#i-2

しかしながらこちらの本の発行は2011年3月ということで、現在は羽島中学校の社会科の先生が違う先生になっていることから、すでに上白石修先生は他の中学校に赴任したか離任したかしてしまっているようです。

ちなみに、上白石萌音さんの父親は羽島中学校だけでなく、玉龍中学校で公開授業も行っていたことがあるようです。

Twitter

北方領土の問題についての公開授業だったようです。

公開授業であり2018年ということで、こちらの中学校に現在赴任されている可能性もありそうですね!

中学校の社会科の先生って、歴史や公民、経済、現代社会等すべての社会の分野を把握しているという事で、改めてすごいなと感じます。

上白石萌音の父親の給料はいくらくらい?

https://origin.daily.co.jp/gossip/2020/08/24/0013631894.shtml?ph=1

上白石萌音さんの父親の中学校が判明したところで、少し下衆な話に触れてみたいと思います。

上白石萌音さんの父親の中学校は鹿児島県ですので、鹿児島県の公務員の平均年収から紐解いていきたいと思います。

鹿児島の公務員の給料は32万円、諸手当7万円前後だと言われていますので、総支給としては約39万円前後だと考えられます。

また、ボーナスは150万円前後だと言われていますので、年収としては620万円前後かと思われます。

公務員ではありますが思っている程稼げていないように感じますが、公務員ですので基本的に給料が下がることは無く、また潰れることもありませんので、そういった意味では安泰ですよね。

そんな上白石萌音さんの父親は公開授業を行ったり海外赴任もされているほどなので、もう少し給料は多いかもしれませんが、それでも700万円前後が妥当な金額だと考えられます。

上白石萌音さんの父親の年収が700万円程度だとすると、娘達の方が間違いなく稼いでいると言えます。

上白石萌音と父親のエピソード!

https://www.amazon.co.jp/chouchou-%E4%B8%8A%E7%99%BD%E7%9F%B3%E8%90%8C%E9%9F%B3/dp/B01I8U68F4

上白石萌音さんと父親とのエピソードについて2つ紹介したいと思います!

いつもハイタッチでお出かけ

上白石萌音さんはご両親が厳しいことがよく言われています。

父親も母親も中学校の先生だったこともあり、社会のルールだったり生活習慣だったり、そういったことをしっかりとしつけられてきたのでしょうね。

そんなご両親との関係はとても良好な上白石萌音さん。

辛口な両親だからこそ、上白石萌音さんの作品も客観的に見てコメントをくれるようで、そういった面でもフォ両親のことを信頼しているのだとか。

上白石萌音さんが仕事やオーディションに行く際は、父親と必ずハイタッチするのが習慣となっているようです。

私、生まれてこの方、父親とハイタッチした記憶がないのですが…w

それだけ父親含めご両親との絆が深いのだろうなと感じますよね。

鈴木亮平に嘘をついた父親

上白石萌音さんと鈴木亮平さんが共演したNHKの大河ドラマ「西郷どん」。

クランクイン前に鈴木亮平さんと上白石萌音さんの父親が、偶然地元鹿児島の温泉で遭遇したとのことです。

鈴木亮平さんに思い切って話しかけた父親の修さん。

その時に「西郷どん」の話になり、鈴木亮平さんに娘である上白石萌音さんが「西郷どん」に出演していることを何故か知らないフリをしたのです。

父が亮平さんにお会いしたのは、まだ私が(NHK大河ドラマ『西郷どん』に)クランクインする前だったので、亮平さんが父に『今度、萌音ちゃん出てくれるんですよー。知ってますか?』って言って。

父は何を思ったのか、知っているのに知らないフリをしたらしくて、『あーそうなんですかー! そうですかー』って。

なんかね、人は興奮するとよく分からない嘘をつくもんなのですかね(笑) そしたら亮平さんが、『ところで何の役でしたっけ?』って父に聞いてきたっていう。

知らないフリをした父に聞いて、何を思ったのか父もそこで『(錦戸亮演じる)西郷従道さんの嫁と聞いています』って。バレバレやないかい! って感じなんですけど、そんな不思議な会話をしたらしいです(笑)」

両親が言っていたという「会いたいと思っている人には、会えるもんだね」という言葉に、人の願いの強さや縁を感じたと話した上白石。

撮影現場では、鈴木ともそのときの状況について会話し、盛り上がったのだという。

引用 https://news.1242.com/article/162255

理由こそ分かりませんが、変な嘘をついて鈴木亮平さんを惑わせた父親修さんw

それでも、その甲斐あって、上白石萌音さんと鈴木亮平さんは共演中に盛り上がったので、結果オーライですね!

娘に内緒で手紙を公表

次に、関係しているのは、妹の上白石萌歌さんです。

上白石萌音さんが2020年3月27日に出演した「A-Studio」にて、1月10日にも出演した際に上白石姉妹に何の確認もせずに父親が萌音さんの日記と萌歌さんから以前受け取った手紙を提出したことについて語っていたようです。

Astudioは、よくゲストの方の身内だったり仲の良い地元の同級生なんかが出演したり、プライベートでの姿を語ったりしていますが、上白石萌音さんの回は父親が萌音さんの日記と萌歌さんからもらった手紙を番組に提出して、日記は使われなかったようですが手紙が公に公表されてしまったようです…w

そのため、上白石萌音さんは人生で初めて父親に対して、「どういうこと」なのか物申したと話していました。

「いまだに私たち根に持っていて。一悶着ありました。平和なやつですけどね。何やってんのお父さんみたいな感じで」

日記や手紙って、秘めておきたいことがぎっしりと詰まっているので、公に公表されるなんてめちゃくちゃ恥ずかしい…w

しっかり者のお父様ですが、実はこの辺りは乙女心への配慮が欠けていたのかもしれませんね。

上白石萌音のキスシーンに物申す父親

上白石萌音さんは、映画だったりドラマだったり、人気女優が故にキスシーンがこれまでに何度もありました。

https://twitter.com/le01mone27do/status/1281142395640270849?s=20

それについて父親はちょっと…と思っているようです。

「映画は良かったけどあれはないよね」「キスシーン以外は良かった」

なんて言っていたようですw

なんだヤキモチを焼いているような、可愛らしい印象を受けます。

このように上白石萌音さんと父親のエピソードを見ていくと、真面目な印象よりはメキシコよりな印象になりました。

まとめ

https://lyricsjpop.blogspot.com/2017/07/kamishiraishi-mone-sunny.html

上白石萌音さんの父親について、色々と見てきました。

上白石萌音さんの父親が、鹿児島県の羽島中学校の教師であることが分かりました。

また、年収が700万円前後であることも分かりました。

そんな上白石萌音さんの父親は、鈴木亮平さんに対して変な嘘をついたり、娘達に何の確認もせずに番組に日記や手紙を提出したりと、意外な一面があることも分かりました。

これからも父親譲りの真面目な性格で活躍するであろう、上白石萌音さんから目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です