独特すぎる!小松美羽が変わっているのは障害や病気のせい?

2020年の24時間テレビのチャリティTシャツのデザインを手掛け、その独特で素晴らしい世界観と美しい容姿から話題となっている小松美羽さん。

魅了されることの多い女性ですが、そのちょっと変わった性格や感性から、障害や病気ではないかと疑われることも…

小松美羽さんは障害があるのか、またそのちょっと変わったエピソードも紹介したいと思います!!

小松美羽は障害がある?

小松美羽さん自身で、障害や病気について特に言及はされていません。

しかしその独特の話し方や考え方から、発達障害ではないかという声もあります。

小松美羽さんのご両親が、幼少期の小松美羽さんに対して「社会性がないから長刀を習って厳しい上下関係を経験させた」というエピソードも。

幼少期から少し一般的な子供たちとは異色の雰囲気をまとっていたのでしょう。

小松美羽が疑われる発達障害とは?

小松美羽さんが疑われる発達障害には、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害、チック障害、吃音(症)などがあります。

特に小松美羽さんは対人関係やコミュニケーション、興味や行動が偏っている事が見て取れますが、それは自閉症スペクトラム障害と言われています。

自閉症スペクトラムとは、コミュニケーション対人関係が苦手、強いこだわり・限られた興味を持つという特徴がある発達障害の一つです。

他にも五感などの感覚が人よりとても敏感に感じることもあるようです。

大人の100人に一人の割合で存在し、女性よりも男性に多くその症状があらわれるのだそうです。

「相手の立場に立って考えることが苦手」であることで対人関係に困難を感じたり「興味の対象が限定的」なことで仕事を忘れて好きなことに没頭してしまう等、社会で孤立してしまうこともあります。

そのせいで、「引きこもり」や「うつ病」などの二次障害に悩まされる方も多々いるようです。

確かにこういった特徴は、人との関わりが必要不可欠な社会生活において困難となることも多々あるでしょう。

しかしその特徴が、人よりも特化した部分を生み出し、その分野で輝ける才能が芽生える可能性もありますよね。

スポンサーリンク

小松美羽のちょっと変わったエピソードを紹介!

そんな障害を疑われる小松美羽さんですが、その独特な世界観が魅力の一つです。

ということで、小松美羽さんの少し変わったエピソードをご紹介します!

幼少期は河童になりたかった

小松美羽さんは画家として素晴らしい才能を見せてくれていますが、幼少期は画家以外に河童になりたかったそうです。

なぜ河童になりたかったのかというと、小松美羽さんは妖怪の素晴らしさに魅せられていたからだそうです。

小学校のとき、すごく真剣に差別について考えた時期があって、そこからいろいろ調べるうちに、妖怪はなんて素晴らしいんだろうと行き着いて、さらに発展して「自分が実は妖怪の子だった」といつか判明したらなんて素敵だろうとまで、妄想するようになりまして。

http://www.newyorker.co.jp/magazine/interview/bijin/8352/

差別から妖怪問題にどう発展したのかが気になるところではありますが。

小松美羽さんはこの世のものではない、色々な生き物を見ることがあるようなので、かっぱも見たことがあって、その魅力に惹かれたのかもしれませんね。

光る玉が見える

小松美羽さんは中学3年生のときに飼っていたウサギのラビちゃんの死に際に、身体から光る玉がポーンと出たのを見たそうです。

「頑張って」と最後まで頑張っていたラピちゃんに声をかけていた小松美羽さん、息を引き取るときに身体から霊が出ていく姿を見て、「魂は本当にある」と感じたのだそうです。

それからも飼っていた動物やおじいちゃんの死というものに対面したことで、そういった経験から小松美羽さんの作品には生と死をイメージしたものが多く描かれています。

以下の動画では小松美羽さんのおじいちゃんが亡くなった後をイメージした作品「49日」を紹介されていますが、とても独特な感性をもって描かれていることがわかります。

恋愛観が独特

小松美羽さんは容姿がとても美しいことでも話題となっていますが、恋愛に関してはあまり興味がないようです。

過去の彼氏とのエピソードでは、彼氏と合わせることが苦手で別れたという話も。

恋愛とかはね、よくないです。大声で語れる自慢などないですね。疲れるし、自分のペースを乱されますしね。合わせてしまったりするんですよね、私も。

それで4か月くらい耐えたんだけど、最後にプレステ3を渡して「これで時間をつぶして」とわかれたことがありました。よく耐えたと思います、私。

https://otonajyoshitrend.com/komatumiwa-kawatteru-komainu/#%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E7%BE%8E%E7%BE%BD%E3%81%AE%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AF%EF%BC%9F

小松美羽さんは自分の世界観が強いイメージがあるので、相手に合わせるのは苦手なんですね。

また結婚に関しても子供がいればいいという考えのようです。

だからもう、優秀な子供を授かるだけでいいです。40歳くらいで一人産み落としたい。優秀な女の子を生みましてね、国際弁護士に育て上げ、私を守ってほしいです。

産み落とすという表現も独特ですよねw

どうやら結婚に関しては、小松美羽さんのご両親も諦めているようですし、妹さんからも「画家にしかなれない人」と言われているようです。

2020年7月に「しゃべくり007」に出演した際には「35歳独身女性」と表現されたことも。

個人的に小松美羽さんには結婚にとらわれず、今のまま自分の好きなことに夢中に取り組んで多くの作品をのこしていってほしいです。

素晴らしい作品を作り上げられる才能はとっても羨ましいですよね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

小松美羽さんの障害や病気の噂についてまとめました。

その独特の雰囲気から障害を疑われている小松美羽さん。

障害があるかどうかご本人が言及しているわけではありませんが、感性が際立っていたり美術という一つのものへのこだわり、また独特のコミュニケーションという点を見ると、自閉症スペクトラムなのかもしれないと感じます。

しかしその個性があるからこそ、小松美羽さんの作品が描かれているような気もします。

美しくて素敵な、独特の世界観をもった小松美羽さん。

これからも素晴らしい作品を手掛けていってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です