ジジが話さなくなった理由の説は3つ!宮崎駿の見解は?【魔女の宅急便】

ジブリの人気作品の一つ「魔女の宅急便」

その魔女宅で一番の疑問と言ってもいいのでは!?という謎が、キキが連れている猫のジジが途中から話さなくなってしまうことです。

ジジが言葉を話さなくなるシーンは、キキがトンボと交流し始めたあたりから。

なんの前触れもなく、突如ジジが話さなくなってしまい、このシーンから物語の最後まで、ジジは言葉を話左図終わってしまうんですよね。

ジジが言葉を話さなくなったことで、私自身もとても寂し異気持ちになったのですが…

なぜジジは人間の言葉を話さなくなってしまったのでしょう。

今回はジジが人間の言葉を話さなくなってしまった理由について3つの説をまとめました。

ジジが話さない理由1・キキの魔力が弱まったから

ジジが言葉を話せなくなった後すぐに、キキは空を飛べなくなってしまいます。

このことからキキの魔力が弱まったことで、ジジと会話ができなくなってしまったのではという見解もあるようです。

そもそもキキの魔力が弱まったのは、キキがトンボへ恋心を抱いたことやそのことから同世代の女の子に嫉妬したこともきっかけの一つでした。

しかしこの節には一つ疑問点があり、最終的にキキに魔法が戻ってトンボを助けた後もジジは喋れないままなんですよね。

ジジが話さない理由2・ジジが恋をしたから

物語の中ではジジも隣の家の白猫に恋心を抱きます。

人間のペットである普通の猫に恋をしたことで、ジジの魔力が弱まったという考え方もあるようです。

これにはジジ自身が普通の猫として生きていくことを選んだからという説もあるようです。

ジジが話さない理由3・キキが成長したから

キキが成長して大人になったから、ジジの言葉がわからなくなったのだという説もあります。

キキは魔法を使えなくなるなどスランプに陥ることもありましたが、そんな中で葛藤し克服していきました。

それと同時に、“良き話相手”であったジジの存在はキキには必要なくなったということのようです。

原作では、魔女は一人前になって結婚すると魔女猫と分かれる設定になっています。

ということは、映画の中でジジがしゃべることのできない普通に猫になってしまったのは、キキが成長して一人前の魔女になったという事と繋がりますね。

上で述べた「トンボに恋をした」というのも、大人への成長の一つのような気もしますよね。

スポンサーリンク

ジジが話さない理由の宮崎駿の見解は?

『魔女の宅急便』公開時の宮崎監督のトークショーで、なぜジジの言葉をキキは分からなくなってしまうのかという質問について、このように述べています。

ジジの声が聞こえなくなった理由は、ジジが変わったからではなく、キキが変わったからである。そもそもジジの声はもともとがキキ自身の声であって、キキの成長に合わせてジジの声が必要なくなってしまったのだ。

「キキが成長した」とつながるような見解ですね。

キキは独り立ちしたときはまだ不安でジジという存在に頼っていた部分がありましたが、新しい場所で自身の力で成長し、居場所を見つけていく中で成長し、独り立ちしていきました。

そんなキキにはジジの声は必要なくなったということでしょうか。

またこんな見解も!

https://twitter.com/NR_1925/status/1243481961730957312?s=20

最後のシーンでは、ジジはキキの方に飛び乗り、「にゃー」と鳴いていることから、言葉は話すことができなくても、心は通じ合っていることは分かりますね!

まとめ

「魔女の宅急便」でジジが離せなくなってしまった理由についてまとめました。

「キキの魔力が弱ったから」「ジジが恋をしたから」「キキが成長したから」というような推測がありましたが、宮崎駿監督の見解としては、キキが成長し変わったことで、ジジの声が必要なくなったとのことでした。

深すぎる…!!

様々な見解がありますが、自分なりの考えで映画を見てみるのも楽しいですよね!

こちらの記事も一緒にどうぞ!

絵描きの少女・ウルスラはキキの未来の姿?魔女の宅急便の隠されたメッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です