薬局でのマスク品薄はいつまで続くの?買い占めで入荷してもすぐ売り切れに

2020年1月。

ウィルスの感染拡大により、マスク不足が発生しています。

特にマツモトキヨシやアメリカンドラック等の薬局でマスクを購入する方が多かったと思いますが、薬局を始めとする様々なお店でなかなか入荷しない、もしくは入荷してもすぐに売り切れてしまう状態が続いています。

これから花粉症等が流行する時期なので、そちらへの心配の声も上がっています。

今回はこの薬局でマスク不足はいつまで続いていくのか、まとめてみました。

薬局でのマスク不足はいつまで続く

薬局でのマスクの入荷は現在も滞っている状態で、まだ見通しが立っていない状態のようです。

マスク不足の解消は5月のGWまで続くのではないかという声もあります。

厚労省や経済産業省の発表では、このように発表されています。

「国内メーカーは24時間態勢で通常の3倍の増産を続けているが、医療機関に優先提供されるため、店頭に並ぶまでには時間がかかる」

日本に流通するマスクの約7割は中国などからの輸入品だそうですが、現在は現地の流通網が機能停止してほとんど輸入されなくなってしまっているとのこと。

それがあって、現在各メーカーの在庫もほとんど底をついてしまっているようです。

しかしすこしずつ輸入も回復しているようで、薬局での入荷もポツポツとあるというつぶやきも…

https://twitter.com/docosanpo/status/1234714608495030273?s=20
https://twitter.com/rma281523/status/1234673389152788487?s=20

しかしマスク入荷は、現在もほとんどの薬局で未定のようですね。

マスク不足の原因は買い占め!?

マスク不足の原因は、中国からの流通が滞っているからということですが、その他にもマスクの買い占めが原因の一つと考えられます。

特に中国人によるマスクの買い占めや転売が、ニュースでも話題となっていましたよね。

なんとマスクを買い占めて転売する転売ヤー、とある記事では1ヶ月で800万円を稼いだという人もいました…

また転売をする人の中には、医療機関へ優先して回されるマスクを、そちらのつてを使って故人で入手し、高額で転売するという方もいるんだとか。

信じられませんよね…

こういった人がいることで、マスクが少しずつ流通してきている現在でも、マスク不足はなかなか解消されない気がします。

スポンサーリンク

マスクを購入できる場所は?

現在マスクは上でも述べた転売ヤーによる高額での買取は、メルカリなどのフリマアプリで購入することが可能です。

しかしメルカリを見ると、マスク10枚で1000円等普段売っている価格の約7倍以上の値段で売られています。

楽天やアマゾンでも販売していますが、結構高額なんですよね…

高額でも買いたいという人がいるから転売という商法が成り立っているのでしょうが、やはりできるだけ正規の値段で手に入れたい。

一番安くて50枚入りで5000円という事で、他のメルカリ等とあまり変わりませんね…

【予約販売※最短3/11頃入荷予定】マスク 50枚 男女兼用 三層構造 不織布マスク ブルー ホワイト 青 白 レギュラーサイズ 花粉対策 大人用 在庫あり 使い捨て 【※お一人様2点まで】【50枚セット】
価格:5492円(税込、送料無料) (2020/3/4時点)楽天で購入

使い捨てマスクはどこも高額で売られていますが、こんなマスクを見つけました!

【予約販売※最短3/10頃入荷予定】【4枚セット】 マスク 洗える 男女兼用 ウレタンマスク 白 黒 レギュラーサイズ 花粉対策 大人用 おしゃれ フィット 【※お一人様6点まで】
価格:990円(税込、送料無料) (2020/3/4時点)楽天で購入

こちらのマスクは3〜4回洗って使えるようですし、4枚入っていて1000円ほどなのでだいぶ経済的ですね!

使い回しもできるので環境にも優しいのもポイントですね!

まとめ

マスクの薬局への入荷についてまとめました。

まだマスク不足の原状回復の目処は立っていないという事で、ウィルスだけでなく花粉症が流行るこれからの時期も心配ですね。

転売ヤーによるマスクの買い占めが続くのもマスク不足の原因。

一人ひとりが秩序を持って購入できるようになってほしいですね。

使い捨てマスクはまだ不足していますが、洗って使えるマスクもあるので、今後はそちらも検討していくのも手かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です