両親もすごい!エムバペの運動神経の良さは父母から引き継いだ!?運動一家に産まれた生い立ちとは

まだまだ記憶に新しい2018年ロシアワールドカップ。優勝国フランス代表で一際輝いていた存在が、若干19歳(※当時)にして背番号10を背負った彼、「怪物」「スピードスター」の異名で語られるキリアン・エムバペ

圧倒的なスピードと多彩なテクニックを併せ持ち、そのスピードたるや、かの陸上短距離界のトップスター、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)をも凌ぐと言われています。

6歳の時にサッカーを始めたエムバペ少年は、幼少期から才能を評価され、フランス代表のレジェンドであるアンリ選手やアネルカ選手などの優秀な名ストライカーを輩出する「クレールフォンテーヌ国立研究所に入学し、その頃がから才能は知れ渡っていたようです。

今回は、そんな「怪物」「スピードスター」「神童」のエムバペのルーツに迫ってみようと思います。

エムバペの父親はどんな人?

エムバペ選手は1998年12月20日に、フランスはパリ北西部「ボンディ」に生まれます。

両親と2人の弟に養子で10歳年上の兄の5人家族です。

そんなエムバペの父親、ウィルフレッド・エムバペ氏はカメルーンとナイジェリアにルーツを持ち、地元のサッカークラブ「ASボンディ」のコーチを務める「サッカー指導者」です。

少年時代から「神童」として注目を集めていたエムバペのキャリアには、両親の意向が常に大きなウエイトを占めているようです。

14歳から所属するASモナコのユースチーム移籍にも家族の意向があったようです。

アカデミー(育成機関)の評判と環境のよさ、この2つが決定的な魅力となり「ASモナコ」を選択したという話があります。それだけ家族の意見に耳を傾け、まさにその後、その成長を爆発させるのですから、まさに家族の成功ですね。

父親のウィルフレッド・エムバペ氏はとあるインタビューで息子のキリアン・エムバペについてこう語っています。

「彼は並外れたことを普通にやってのける。もし彼が自分の息子でなければ、彼の年齢で素晴らしいプレーを見せていると言うだろうね。彼のプレーを見ることは、間違いなく一つの楽しみである」

「私の一番のお気に入りの選手はキリアンであり、二番目は…エムバペである」

「ワールドカップを制覇した時、私は涙を流したよ。我慢することができなかった。まるで4才の少年のようだった。私は涙を流したことは一度もないが、これまでの人生とキリアンの成長ぶりを考えた時には…とても素晴らしいものだったね。それは今ではもう夢ではない」

https://sport-japanese.com/news/id/23244

このインタビューを見る限り、父親のキリアン・エムバペに対する愛情は確かなものだと感じられますよね!

Getty Images

エムバペの母親はどんな人?

エムバペの母親は、ハーフとして誕生。アルジェリアにルーツを持ち元プロのハンドボールの選手です。

まさにスポーツ一家に生まれたエムバペの身体能力の高さは、もはや両親ゆずりである事に疑いの余地はありません。

そんな両親を持つエムバペは幼少期時代、一家の住むアパートから彼ら親子が朝から晩まで走り回っていたサッカー場が見えるという環境で、まさにサッカー漬けの日々を送っていたようです。

この投稿をInstagramで見る

🎄🎉👀✨…

Kylian Mbappé(@k.mbappe)がシェアした投稿 –

絆の深い家族である事は明白ですが、前段でご紹介した「ASモナコ」在籍時にも、家族はパリ住まいでしたが、毎週末約1000キロ離れたモナコへ行きエムバペと一緒に過ごしていたようです。

まさに理想の家族ではないでしょうか!

スポーツ選手としての経験のある両親ですから、それだけエムバペにとって必要な精神的な面にも大きく関わり続けた事が、彼のメンタリティに大きく作用し、現在の活躍につながっていることは間違いないでしょう。

また、キリアン・エムバペの母親についてはこんなエピソードが…

ジネディーヌ・ジダンに誘われてレアル・マドリーを訪問したものの、ASモナコの育成センターを選んだ少年エムバペ。その少年が初めてプロと一緒のロッカールームを体験した日、母が様子を尋ねたという。少年は記念すべき一日とロッカールームの印象を母に語り、「用務係の男の人がスパイクを磨いてくれたんだ」と報告した。 

 ところが母は「なんですって!?」と驚き、「わずか17歳の育成センターの子が、大人のムッシューにスパイクを磨かせるなんてことは、してはいけません! 自分でやりなさい」と叱ったという。母は常に「人の道」を息子に示し続けているのだ。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=44136

キリアン・エムバペの母親は、割と厳しい方なのかもしれません。

しかし息子の活躍をただ喜ぶだけではなく、このように社会のルールもしっかりと教育している姿をしると、とても素晴らしい方だということが分かりますよね!

素晴らしいご両親に育てられたキリアン・エムバペなので、プレーはもちろん性格や対応も紳士的な選手なのでしょう。

スポンサーリンク

エムバペの幼少期の憧れは義理の兄!サッカー一色だった

そして、元ザイール代表のサッカー選手ジャン・ケンボの息子でキリアンの両親が里親となっていた10歳年上のジル・ケンボ・エココ選手が義兄にあたるそうです。

兄は、フランスリーグ・レンヌでプレーし、昨年まではアルアイン(UAE)やアル・ジャイシュ(カタール)など中東を拠点に活躍。

日本代表長友選手も所属するトルコリーグでもプレーをしていたようです。※現在は無所属

Getty Images

そんな兄が、幼少期時代のエムバペのアイドルだったそうで、プロサッカー選手が家族ともなれば、幼少期のエムバペの能力やサッカーセンスが磨かれていたことに疑いの余地はありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

父の指導者としてのサッカーの才能、母の元ハンドボール選手としての運動神経を如実に継承し、憧れの的として、プロサッカー選手の義理の兄の存在。

そして、家族ぐるみでプロへの道をサポートしていく過程を見ると、絆の深さを感じずにはいられません。

その絆こそが昨今の活躍繋がっているのでしょう。

それに今回ご紹介は出来ませんでしたが、7歳年下の弟も現在エムバペが所属するフランスリーグ パリ・サンジェルマンの下部組織に所属しているようです。

エムバペにとって、サッカーそのものが家族であり、サッカーそのものが人生となっているのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です