ハーフ?m-flo・リサの国籍やいじめられていた幼稚園時代を調査!

m-floといえば日本を代表する歌手グループで、hiphop系からバラードまで幅広く素敵な曲を歌ってくれています!

私も「Let go」大好きです!

そんなm-floですが、最近バラエティ番組でも良く見かけるようになりましたよね!

そこで気になったのがリサさんの存在!

とても美人でチャーミングなLISAさんですが、あの整った日本人離れした顔立ち…

リサさんってそもそもハーフなんでしょうか、だとしたらご両親の国籍は?

ということで今回は、リサさんのハーフ情報について調査してみました!!

m-flo・リサはハーフなの?両親は何人?

結論から言いますと、m-floのリサさんはハーフです!

父親が日本人、母親がコロンビア人で、なんと本名は 成田 エリザベス サクラ さんとおっしゃるそうで、日本語と英語、スペイン語の3つの言葉を話すことができるんだそうです!!

リサさんのご両親の写真がこちら!

お父さんパンチパーマ!なかなかパンチが効いていますが男前でかっこいいですね!そしてお母さんはめちゃくちゃ美人!!

お母さんがコロンビア出身ということで、海外の言葉にも幼少期から多く触れてきたんでしょうね!

リサさん自身の国籍は日本で、東京出身。

しかも実家は世田谷区用賀にある焼き鳥屋「やきとり天国」というお店を営んでいるそうで、めちゃくちゃ日本っぽいというw

このギャップがまたいいですよね!

m-flo・リサはハーフが原因で幼少期いじめられていた!

m-flo・リサさんはハーフが理由で幼少期いじめにあっていたことを、テレビの番組で明かしています。

リサさんの幼少期の頃(リサさんは1974年生まれなので、35年位前でしょうか)は、まだ“ハーフ”が珍しかった時代だそうで、当時のことをこのようにかたっています。

「お前だけ目の色が違うから“鬼”だ、と砂を投げられた」「唐辛子を潰したものがめいっぱい入ってるバケツに、頭を突っ込まれて…」と壮絶ないじめ被害を告白。「泣くのと同時に痛くて…。どうやってお母さんの所に戻ったか分かんないけど…。(お母さんの所に行ったら)お母さん、泣いてた」と当時を思い出し、涙ぐんだ。

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/26/0011021411.shtml

ひどすぎるいじめですよね。

自分たちとちょっと違う人種や“普通”からちょっとずれている人を排除するという傾向、リサさんもとてもつらい過去を送ってきて今があるんですね。

そんな苦しかった幼少期にリサさんを救ったのが、インターナショナルスクールで入った聖歌隊でした。

聖歌隊に出会ったことで、リサさんは歌を歌う喜びと生きる道を決めることができたんだそうで…

小学校時代は休みがちだった学校も中学時代は休むことなく通い、歌の練習に励んだことでその努力が実って18歳でレコード会社との契約を果たしたリサさん。

辛いいじめを乗り越えて歌と出会い、その結果今のリサさんがいると思うと、なんだか奇跡のような気さえしてきますね!

m-floメンバーはインターナショナルスクールで出会っていた!

リサさんは高校を「清泉インターナショナルスクール」に入学、途中からは芸能活動が認められている学校「アメリカン・スクール・イン・ジャパン」に編入していました。

そしてVERBALさんや☆Takuさんは「セント・メリーズ・インターナショナルスクール」に通っていました。

リサさんと他のお二人は別々のインターナショナルスクールに通ってはいたものの、お互い聖歌隊に在籍していて繋がりがあったということです。

ちなみに☆Takuさんは純日本人ですが、VERBALさんは在日韓国人3世

インターナショナルスクールに通っていたということで、それぞれ当時の環境の中では他の人に比べてグローバルな環境の中で生活していたのではないでしょうか。

18歳でデビューを果たしたリサさんですが、自分の思い通りにいかず苦労する日々を送っていました。

そんな時にリサさんに声をかけたのが、VERBALさんと☆Takuさんだったそうです。

しかし、自分が作った曲を歌うことができず、「有名なシンガーを書いている先生から曲がきたから」と誰かの曲を歌うよう言われてきたと話すLISA。「自分の曲にアテンション(注目)がいってなかったところは、若い頃からワ~ってなってた」と当時の心境を語る。Feelが合わないと思ったことから、10回以上事務所を移籍し、不遇の時代が5年続いた頃、LISAに声をかけたのが、VERBALと★Takuだったという。LISAは、彼らに会うまでの時代について「どうにもこうにも上手くいかなかった理由は、きっと彼らに会うためだった」と話す。

https://realsound.jp/2018/02/post-163757.html

グローバルな環境でであった3人だからこそ、日本中で活躍するアーティストになれたのかもしれませんね!

リサはハーフ!様々なことを乗り越えて今がある

m-floのリサさんのハーフについてや、幼少期のいじめについてなどをまとめました。

  • リサは父親が日本人、母親がコロンビア人のハーフ。
  • リサはハーフなことを理由に幼少期にいじめにあっていた。
  • いじめにあっていたリサの救いとなったのが、聖歌隊にであったことだった。
  • m-floの3人は皆インターナショナルスクールで聖歌隊に入っていて知り合った。

これらのことをまとめました。

今はハーフの方はとてもきれいなモデルさんも多くいて、いじめにあうということも昔ほどないのかもしれませんが、リサさんのハーフという理由でいじめを受けていた過去の話を聞くと切ないですね…

しかしリサさんのグローバルな考え方が新しい音楽を作り出し、m-floというグループの一部を作り出しているのでしょう!

これからも素晴らしい音楽を私達に届けてほしいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です