姉の影響大!SHISHAMO宮崎朝子が音楽を始めたのは姉が理由?顔もそっくりだった!?

今、活躍中のスリーピースガールズばんどのSHISHMOですが、そのボーカルとフロントマンを務めているのが宮崎朝子さん。

その高い音楽性と、宮崎朝子さんの可愛らしく力強いボーカルが話題になり、女性の支持が異常に高いと言えます。

今回は、姉の影響大!SHISHAMO宮崎朝子が音楽を始めたのは姉が理由?顔もそっくりだった!?などの情報をお届けしていきます。

SHISHAMO宮崎朝子の姉ってどんな人?

引用:https://sugar57.com/

今、旬なガールズバンドSHISHAMOですが、バンドの中心人物・宮崎朝子さんにはお姉さんがいます。

SHISHAMOと言うバンド名はその宮崎朝子さんのお姉さんが考えたものです。

SHISHAMOと言う名前は、元々は漢字表記で「柳葉魚(ししゃも)」と言うものでした。

名前の由来は宮崎朝子さんのお姉さんが「ししゃもって漢字で書くと格好いいのに読むと可愛いからそのギャップがいいんじゃね」と言う軽い提案で決まったと言います。

ちなみにメンバー全員、ししゃもはあまり好きではなかったと言うオチも付きます。

宮崎朝子さんのお姉さんがどんな人なのか詳細については知られていないのですが、この発想力やちょっとした軽さを聞くと、とても快活なタイプなのではないかとうかがえますね。

大人になった今でも一緒に遊園地などにも行くほど仲が良いそうです。

SHISHAMO宮崎朝子はあねの影響でロックに興味を持った?

引用:https://realsound.jp/

そんな宮崎朝子さんですが、ロックに興味を持つようになったキッカケはやはりお姉さんが聴いていたからのようです。

お姉さんが聴いていたのが、いわゆるJロックで「BLANKEY JET CITY」、「Theピーズ」、「ミシェル・ガン・エレファント」、その中でもお姉さんが心から愛して止まないのが「ザ・ピロウズ」。

「ピロウズがなきゃ生きていけない」と言うほどの大ファンだそうです。

こうしたバンドや楽曲が今のSHISHAMOに大きな影響を与えていると言えます。

2019年には音楽フェス「あらばきロックフェスティバル」でザ・ピロウズ出演の際、宮崎朝子さんは唯一の女性ゲストとして参加、ザ・ピロウズの曲を歌いました。

もちろん、お姉さんもそのステージを観に来ており宮崎朝子さんは「姉は夜行バスでこのステージに立ち会っています」と紹介しました。

お姉さんもこれには大感激だったのではないでしょうか。

ロックなどに興味を持つのは、姉や兄の影響を受ける人は非常に多いです。

ですが、それが高じて自分自身がアーティストになるとは宮崎朝子さんもお姉さんも思ってなかったでしょうね。

SHISHAMO宮崎朝子と姉は顔がそっくり!?

出店:https://samidareshiki.com/

SHISHAMOの宮崎朝子さんとお姉さんはソックリだと言う話です。

SHISHAMOの宮崎朝子さんのお姉さんは一般人ですので、顔画像は残念ながら出回っていません。

しかし、宮崎朝子さんご自身で、「顔も大体同じ」とおっしゃっているくらいなので、お二人はかなり似ているようですね!

姉妹でお揃いを着たりSNOWで遊ぶなんて、かなり仲も良い事がわかります!

ぜひそのSNOWで写った写真をみてみたいですね!w

スポンサーリンク

SHISHAMO宮崎朝子は父親もミュージシャンだった!

引用:http://www.solve–solve.com/

そんなSHISHAMOの宮崎朝子さんですが、お父さんがミュージシャンだったと言うことはあまり知られていません。

お父さんはジャズベーシストとして活動していたそうです。

話しでは趣味の範疇ではないようなので、グループに所属していたか、セッションマンだったかのどちらかですね。

その影響で、宮崎朝子さんは幼い頃からジャズに触れてきたようです。

しかも、同じころ父親の仕事現場に良く行っていたと言うのですからミュージシャンを目指さないと言う素養はなかったと言って良いでしょう。

しかし、思春期になるとお姉さんの影響でロックへ転向。

ですが、宮崎朝子さんの根底には幼いころから聴いていたジャズも染み込んでいると考えて良いでしょう。

SHISHAMOの楽曲の中にはロックだけではなく、ジャズの素養が垣間見えるからです。

色んな要素の曲を作れると言うのは絶対的な強みですね。

まとめ

今回は、姉の影響大!SHISHAMO宮崎朝子が音楽を始めたのは姉が理由?顔もそっくりだった!?などの情報をお届けしました。

今、人気爆発中のSHISHAMOのフロントマン宮崎朝子さんのお姉さんやお父さんなど家族の事に切り込んでみました。

宮崎朝子さんはこうして2人の影響下の中で現在の姿になっていったわけですね。

2人がいなかったら宮崎朝子さんの人生は全く違ったものになっていたかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です