モアナの年齢は8歳ってどういう事?マウイが言った言葉の意味とは

ディズニー映画で2017年3月に公開された「モアナと伝説の海」。

モアナとマウイのドキドキする冒険物語が面白い映画ですが、そんなモアナの吹替版で物議を醸し出している台詞があるんですよね。

それがマウイがモアナに言い放った「8歳にもなって船も操れないのか」というセリフ。

え?モアナってあの見た目で8歳!?

この不思議すぎる展開…

一体真相はどうなっているのかを調査しました。

モアナの年齢は本当は16歳

ディズニーの公式だと、モアナは「海を愛し、海に選ばれた16才の少女」と表記されていることから、実際の設定ではモアナは16歳のようです。

この16歳の年齢は、英語版『モアナと伝説の海』で、モアナの声優を務めているアウリィ・クラヴァーリョと同じなんだそうです。

声優と同じ年齢にするなんてすごく凝っていますよね!

ちなみに日本語版の声優は屋比久知奈さんで、モアナ公開当初は23歳だったので残念ながら16歳ではありませんでしたね。

https://twitter.com/disneymusicjp/status/1239869210118868993?s=20

ちなみにディズニーキャラクターのプリンセスでは16歳の設定が多いようで、他にも16歳に設定されているキャラクターとして、オーロラ姫とアリエルは16歳、そしてムーランは推定16歳とされているようです。

ではなぜマウイは8歳と言ったの?

公式でも16歳と発表されたモアナ。

ではなぜマウイはモアナのことを「8歳」といったのでしょうか。

ネットでは、「ただの冗談」「英語版からの訳の関係」などの意見が出ているようです。

ディズニーがこんなセリフの和訳で間違えるなんて初歩的なミスをおかすはずありませんし、私的にもマウイがモアナを皮肉って言ったのだと感じます。

知恵袋ではこんな回答を見つけました。

モアナが「海に選ばれた」と言ったのを聞いて、「未熟で無能なお前を選ぶとは完璧な選択だな~」という皮肉だよ~

英語での冗談を和訳したときに、日本人には上手く伝わりにくい表現だったのかもしれませんね

スポンサーリンク

モアナの年齢は当初14歳の設定だった

映画モアナのマスカー監督曰く、始めはモアナは14歳の設定だったようです。

当初は、モアナが14歳という案が出ていたという。しかしジョン・マスカー監督は「14歳だとモアナの両親が海に飛び出して行くのをまだ反対する年齢だと思ったんだ。だからやっぱり16歳が良いと思ったんだよ」と明かす。16歳にした理由については、「16歳はちょうど子供から大人になる年齢なんだ。自分は一体誰なのか、将来何になりたいのか、これからどうすべきなのかと誰もが悩む時だと思うからね」と説明する。

https://realsound.jp/movie/2017/03/post-4520.html

16歳は子供から大人になる年齢…

16歳をとうに超えている私には、なんだか胸が痛いセリフですが、16歳という年齢には深ーい意味があったんですね!

確かに16歳といえば女性は結婚できる年齢ですし、14歳と16歳って2歳しか違わないのにイメージ的には全然違う感じがしますね!

オーロラ姫とアリエルも16歳の設定ですし特に女性にとってはちょっと特別な年齢なのかもしれません!

モアナは16歳だった!

いかがでしたか。

マウイがモアナに「8歳」といったことで物議が沸き起こった「モアナ8歳説」

しかし実際モアナは16歳であり、8歳はマウイのモアナに対する皮肉だったようです

あの見た目で8歳はさすがに驚きますww

16歳という年齢はディズニーキャラクターにとっても、大人になる年齢という特別な歳。

そういった細かい年齢の部分も思いが込められていることが分かりました!

こちらの記事も一緒にどうぞ!

モアナのポスターを日本と海外で比較!なんでこんなに違うの? タラおばあちゃんのエイのタトゥの意味とモアナの世界でのエイの存在とは!? モアナとマウイが結婚する可能性は0!?なぜ二人は恋に落ちないのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です