台湾とのハーフ!中村ゆりかの国籍や中国語が堪能な素顔も調査!

中村ゆりかさんは、大きな瞳と透明感のあるルックスが魅力です。
現在出演しているドラマ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』での演技も、
非常に話題になっています。

清楚な雰囲気を持つ中村ゆりかさんは、台湾とのハーフでした。
中国語も得意との情報もありますが、本当でしょうか。

中村ゆりかさんについて、まとめました。

中村ゆりかは台湾と日本のハーフ美女!

中村ゆりかさんは父親が日本人で、母親が台湾人のハーフです

中村ゆりかさんは瞳が大きく、少しタレ目がちの目元がややハーフっぽさを感じさせます。
ただ日本人と言われても、それほど違和感はありません。

個人的には笑った時の口元が、中国や台湾など現地の人々の顔立ちの雰囲気を感じると思いました。

ハーフとはいえ、出身は神奈川県で日本で生まれ育っているので、日本語も完璧です!

中村ゆりかの国籍は何処なの?

中村ゆりかさんの国籍は日本です。

生まれた時から日本で育ってきたようですし、台湾人の母親も帰化して日本国籍なのかもしれません。

そんな中村ゆりかさんは家族仲も良好です

特に中村ゆりかさんが高校生の時に受けたインタビューから、家族で過ごす時間を大事にしていることが伺えました。

例えば新年のカウントダウンの時には、友達同士で過ごす人が多い中、中村ゆりかさんは必ず家族で過ごしていました。

お正月の期間には友達と遊びに行くよりも、中村ゆりかさんの父親が作った年越しそばを食べたり、祖母の家に行っておはぎを食べたりすることが、楽しみだったようです。

中村ゆりかさんは、当時のことを「些細なことですが、幸せな気持ちになれていた」と語っています。

なんて良い子なんでしょう!!w

家族といる時間も、友人と過ごす時間と同じくらい大切だと、当時から気付いていたのでしょうね!

高校生だと多感な時期ということもあり、親に反発する人も多くいますが、中村ゆりかさんは精神的にも落ち着いていて、日常の小さな幸せに目を向ける視点を持っている所がすごいと思いました。

スポンサーリンク

中村ゆりかは中国語も堪能!

中村ゆりかさんは日本画はもちろんですが中国語も堪能です

母親が台湾人であるため、家では中国語で話す機会も多かったのでしょう。
幼少期から自然と身に付いていったそうです。

自ら中国語は得意と話しており自信を持っていて、中村ゆりかさんが行っているインスタライブでは、ファンに対して中国語を教えるといったようなこともしていました。

また以前に出演していたドラマ『家族狩り』では、流暢な英語を話していました。

英語は必死に勉強したのでしょうね!

中村ゆりかさんの目標とする女優は『バイオハザード』などで活躍した、ミラ・ジョヴォヴィッチさんということで、将来はハリウッドで活躍することも意識しているのかもしれません!

まとめ

中村ゆりかさんは父親が日本人で、母親が台湾人のハーフです。

ルックスは目元がややタレ目な部分と口元がハーフの雰囲気を感じさせます。

母親が台湾人で、幼い頃から中国語に親しんできたため、中国語のレベルが非常に高いです。

またドラマ『家族狩り』での演技からもわかったように、英語も流暢に話すことができます。

中村ゆりかさんの国籍は日本で、生まれた時から日本で育ってきました。
出身は神奈川県です。

家族仲は非常に良好で、お正月は必ず家族でゆっくり過ごすなど、家族との時間を非常に大切にしています。

ここ数年でドラマや映画への出演が増えている、中村ゆりかさん。

今後の更なる活躍が楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です