【画像】春名風花の母親はどんな人?はるかぜちゃんを育てた独特の子育て方法も

タレントや声優として活躍している春名風花さん。

自身を“ぼく”と呼ぶ等独特な雰囲気やズバッと発言する姿も人気の理由ですが、声がなんと言っても可愛いですよね!

そんな春名風花さんのお母さんも、娘の春名風花さん曰く「普通じゃない」らしい…w

一体どんな人物なのか、どんなお顔をしているのか、調査してみました!

春名風花の母親の顔画像は?

春名風花さんのお母さんのお顔がこちら!

こちらは2013年2月3日に放送された「スクール革命」での映像のようです。

顔を左手で隠してしまっているため、良く見えないのが残念ですが…

ピンクのフリルの付いた服を着用していたり、ロングの髪を束ねていたり(?)。

何だか可愛らしい印象を受けますよね!

春名風花さんもとても可愛い顔立ちをしていらっしゃるので、お母さんもきっと美人な方だと思います!

それにしても顔の隠し方がちょっと面白い…

春名風花の母親の子育て方法が独特!

春名風花さんといえば、0歳から子役をしており、3歳には携帯を買い与えられて自分でブログを更新したり、Twitterをしていたという異例の持ち主

Twitterは実は母親がやっていたなんていう噂も飛び交いましたが…

幼い頃から子どもに携帯を買い与えてブログをさせる母親って、めったにいませんよね。

賛否両論あるでしょうが、今の春名風花さんの立派に育った姿を見ると、お母様は春名風花さんを立派に育てられてきたことがわかりますよね!

これからのデジタルの時代にいち早く慣れることができた春名風花さんは、むしろ良かったのかもしれません。

0歳から風花さんを自身の育児ブログにも載せていたということで、風花さんを溺愛していたことは間違いなさそうですね!!

育児に悩んで風花を乳児院に入れたことも…

春名風花さんのお母さんは、春名風花さんがまだとても幼い頃、育児に悩んで精神的に不安定になった時期があるんだそうです。

そのときに風花さんは2週間乳児院に預けられたんだとか。

子育てって、特に一番はじめは全く右も左もわからない状態で、しかも助けを求められる人がそばにいないととっても辛いんですよね。

春名風花さんのお母さんも、そんな状態でつらい思いをしていたのかもしれませんね。

そこで乳児院に2週間風花さんを預けることになったそうですが、預けている2週間も母親は寂しくてずっと泣いていたんだとか…

預けることになってしまったことで、逆に自分を攻めてしまっていたのかもしれません。

しかし乳児院に預ける判断をした母親に対して、風花さんは“いい判断をしてくれたな”と思っていると話しています。

母が体も心も限界なのに無理をしていたら、虐待に発展していたかもしれないと感じたようで、母親を思いやれる風花さんも素敵ですし、こんな事を言ってくれる娘を育て上げたお母様も立派ですよね!!

春名風花と母親の関係は?

春名風花さんとお母さんの関係ですが、とても仲が良くて春名風花さんが良くTwitterで母親の事をつぶやいています。

その内容がこちら!

ぱぱもままも、けんかしたときは、お互い、死んでしまえーとかも思うらしいけど、ぼくや弟がうまれたときから「じぶんの人生はじぶんだけのものじゃなく、子どもたちのためのものなんだ」と思ってくれてるので、どんなにけんかしてる時でも、ぱぱとままは、ぼくたちには優しいです(ω)

Twitter

どんなにすごいけんかをしても、その責任感から、ぱぱとままが逃げ出さなかったから、ぼくの家族は、いまみんなで仲良くごはんを食べて、くだらないことでわらうことができます(ω)  

Twitter

またこんなお話も!

5歳のころ、不安になって母に「お母さんって、すぐに死んでしまうの?」と聞きました。母は関西の出身で「お母さんは不死身やから永遠に生きてるで」。笑わせてくれて、安心した覚えがあります。

https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/kazokunokoto/6962/

お母さんもお父さんも、子どもが一番の家庭を作ってきたのでしょうね!

どの程度の喧嘩をするのかが気になるところですが…

笑い話にできるって、素敵ですよね!!

まとめ

春名風花さんの母親の画像や親子関係、子育て方法についてまとめました。

風花さんに3歳から携帯を買い与えて、風花さん自身もブログ更新やTwitterをやるなど、かなり独特の子育てをされてきたお母さん。

しかし、春名風花さんへ対する愛情は誰よりも深く大事に育ててきたことがわかりました。

こんな素敵なお母さんになりたい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です