前夫人との馴れ初めから離婚まで!野村克也は不倫が理由で別居していた!?

2020年2月11日。

監督やコーチを務め、野村沙知代さんと夫婦でバラエティ番組にも出演し活躍していた野村克也さんが、84歳でその人生に幕を閉じられました。

野村克也さんは愛する妻・野村沙知代さんと結婚される前に別の奥さんがいました。

今回は野村克也さんの前夫人との馴れ初めや離婚原因についてまとめました。

野村克也の前夫人はどんな人?

野村克也さんの元夫人の名前は、正子さん。

こちらの写真の左に写っている女性です。

正子さんは当時「南海電鉄の社長令嬢」として有名だったようです。

正子さんの印象は、「自分は一歩引いて、旦那さんを立てるタイプの人」と周囲の人が言うように、心配りのできて、なおかつこんなきれいな女性なんて、とてもモテたでしょうね!

野村克也と前夫人の馴れ初めから結婚・離婚まで

馴れ初めについては詳しく出ていなかったのですが、当時南海ホークスで大活躍していた野村克也さんなので、周囲の紹介やお酒の席での出会い等考えられそうですね。

正子さんは「南海電鉄の社長令嬢」ですし、南海電鉄は球団を支えていた会社の一つかもしれません。そこの娘さんと結婚なんて、何だか色々考えちゃいますねw

1960年に二人は結婚。

1963年には息子の陽一さんも誕生しています。

幸せそうに見えた夫婦関係。野村克也さん自身もこんなに素晴らしい成績を残しているんです!

  • 1965年に三冠王達成!!
  • 1962年~1967年:6年連続打点王
  • 1961年~1968年:8年連続ホームラン王

しかしこの夫婦関係も長くは続かず…

1968年に二人は別居、しかもまだ離婚が成立していない1970年に野村克也さんは野村沙知代さんと出会い深い関係になります。

この時野村沙知代さんも結婚されており、息子が二人いました。しかも相手は外国の方だったようです!結果W不倫だったんですね!

野村克也さんは正子さんと離婚を望んでいたそうですが、なかなか離婚に応じてもらえなかったようです。

結局1973年に野村克也さんと沙知代さんの間に息子の克則さんが誕生。

その5年後の1978年にようやく正子さんと離婚が成立したようです。

野村克也と前夫人の離婚原因は?

野村克也さんはそもそもなんで正子さんと別居になってしまったのでしょうか。

その理由は正子さんの浮気だったということです。

野村克也さんが以前テレビ番組で前夫人との離婚についてこのように語っていたようです。

「前夫人が浮気をしたからで、自分が前妻を捨てたのではない。事実は逆」

どういうことなのか、本当の事実は二人にしか分かりませんが、これは正子さんが浮気したと言っているようなものですよね。

だとしたら、離婚を渋っていた理由もわかるきがします。

離婚に踏み切った最大の理由は、沙知代さんとの出会いと克則さんの誕生だと思います。

しかし、その一番の現況である別居の理由を作ったのは、正子さんだったのかもしれません。

まとめ

野村克也の前夫人・正子さんとの馴れ初めや結婚、離婚についてまとめました。

とてもきれいな女性・正子さんと結婚した野村克也さんでしたが、その結婚生活は実質8年でした。

その離婚の原因となるのが、正子さんの浮気、沙知代さんとの出会いや子供の誕生ということでした。

紆余曲折しながらも、愛する妻・沙知代さんと寄り添いその生涯を終えた野村克也さん。

沙知代さんが亡くなられて寂しい2年間を送っていたと言いますが、天国でお二人で再び手を取り合っているかもしれませんね!

こちらの記事も一緒にどうぞ!

【画像】野村克也の若い頃の写真が見たい!現役時代の活躍動画も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です