野村彩也子の両親(父母)は野村萬斎と元CA!親子エピソードは?

野村彩也子さんは2018年にミス慶應SFCに輝きました。
野村彩也子さんの父親は狂言としても有名な野村萬斎さんです。
また野村萬斎さんの奥さんは元CAだという情報もあります。

野村彩也子さんとご両親の関係はどうなのでしょうか?
野村彩也子さんのご両親である野村萬斎さんと母親に関して纏めました。

野村彩也子の父・野村萬斎とは?

野村彩也子さんのお父さんは、狂言師として有名な野村萬斎さんです。

今年54歳になるとはとても思えないです。
若々しいです。

野村萬斎さんは2004年には長年の狂言師としての活躍が評価され、重要無形文化財総合指定者に指定されています。

野村萬斎さんの父である野村万作さんも狂言師で、伝統芸能不遇の時代から狂言の普及に努めた方で、2007年に人間国宝にも認定されています。

野村彩也子さんは、人間国宝にも認定される偉大な方と「祖父と孫」という形で、
つながっていたんですね。

野村萬斎さんは本業の狂言師だけでなく、映画や舞台など活躍の場を拡げられていて、俳優としても活躍されています。

1997年の連続テレビ小説「あぐり」、2000年の「蒼天の夢」などに出演しています。

「あぐり」では日刊スポーツ・ドラマグランプリの助演男優賞を受賞しています。
ドラマのヒットもあり野村萬斎さんの知名度も上がりました。

そして2001年の映画「陰陽師」で安倍晴明役を演じ見事な演技で、第44回ブルーリボン賞主演男優賞、第25回日本アカデミー賞で新人俳優賞・優秀主演男優賞を受賞しています。
野村萬斎さんが俳優としても名を広めた代表作といっても良いのではないでしょうか。

「陰陽師」での安倍晴明役を演じた影響力は大きく、フィギュアスケートの羽生結弦選手がフリーで踊る[SEIMEI」にも陰陽師での曲を使っていたり、野村萬斎さんの演技を参考にしていたそうです。

羽生結弦選手との対談の様子です。
羽生結弦選手にとっても大きな意味のある対談だったようです。

気品がある雰囲気と独特の発声もあり異彩を放つ役柄が回ってくるそうです。
近年では、2012年に出演した「のぼうの城」では成田長親(のぼう役) を演じ、2016年には「シン・ゴジラ」でモーションキャプチャーによるゴジラ役を演じています。

2012年に出演した「のぼうの城」では、
第36回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しています。

表現者として常に色んなことを考えて演じられているからこそ、野村萬斎さんは異彩を
放てるのではないでしょうか。

野村彩也子の母はどんな人?

野村彩也子さんのお母さんは野村千恵子さんと言います。
野村千恵子さんは元CAだったそうです。

しかし、野村千恵子さんは一般人ですので、これ以上の情報はありませんでした。

夫の野村萬斎さんとは小学校からの幼馴染で長年の交際を経て、野村萬斎さんが30歳の時、
野村千恵子さんが27歳の時に結婚されています。

画像が無いのが残念ですが、野村彩也子さんのお母さんはきっとスタイル抜群な美人なのでしょうね。

野村彩也子さんもお母さんとお父さんの遺伝子を存分に受け継いでいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

野村彩也子と両親の関係は?

野村彩也子さんとご両親の関係ですが、良好な関係が伺えます。
野村彩也子さんが尊敬する人に「父」と答えています。
関係が良好でなければ、尊敬する人に親の名前を出さないですよね。

また2019年にはKUMONのCMで親子3人で初共演を果たしています。
元々は野村萬斎さんが2014年~2017年に一人で出演され、その後長男の裕基さんと2人、今回野村彩也子さんを加えて3人でのCM出演となりました。

野村彩也子さんは初めてのCMで相当緊張したようですが、
父親の野村萬斎さんと弟の裕基さんが上手く緊張をほぐしてあげたようです。
良好な関係が伺えますね。

まとめ

野村彩也子さんの父、野村萬斎さんは狂言師として長年活躍されてきて、
国から重要無形文化財総合指定者に指定されています。

俳優としても異彩役を放つ役柄での活躍が多く、
出演された作品での存在感の大きさはさすがの一言です。

野村彩也子さんのお母さんである野村千恵子さんの情報はありませんでしたが、
元CAということで美人なお母さんでしょう。

野村彩也子さんが今後どんな道に進まれるのか、活躍が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です