北海道だけじゃない!思い出のマーニーの舞台をまとめ!

ジブリ映画「思い出のマーニー」は、女の子2人の友情や家族愛を描いた素敵な作品となっていますが、ストーリーだけでなくその舞台の描写もとても美しくて話題となっています!

そんな思い出のマーニーの舞台となっているのは一体どこなのでしょうか。

今回は「思い出のマーニー」の実際に舞台となった場所を紹介したいと思います!

北海道の釧路湿原

公式には発表されているわけではないそうですが、「思い出のマーニー」のメインとなる舞台のモデルとなっている場所が、北海道の釧路湿原なのだそうです。

その中でも一番の候補とされているのが「藻散布沼(もちりっぷとう)」という場所だそうです。

確かに映画の描写を見ても似ていますね!

地元では漁港としても利用されているそうで、海水が流入して潮の満ち引きが頻繁に起こる場所なのだとか。

夏はホタルが、冬は鶴が見られるんだそうですよ!

とても美しい場所ですよね!

  • 住所:〒088-1538 北海道 厚岸郡浜中町 藻散布

札幌駅

杏奈は札幌駅からスーパーあおぞら1号に乗車しています。

札幌駅の再現はまさにそのもので驚きです!

スポンサーリンク

軽井沢の睡鳩荘

「思い出のマーニー」のほとんどの舞台は北海道とされていますが、実は長野県軽井沢町のお屋敷もモデルとなっています。

それが睡鳩荘(すいきゅうそう)です。


実際には湖の脇に建てられているのですが、これが北海道の湿地とリンクしてまさにマーニーがいた建物のようですよね!

とても幻想的な、海外を思わせる西洋風の建物です。

  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217
  • 電話:0267-46-6161

まとめ

ジブリ映画「思い出のマーニー」の舞台についてまとめました。

映画の描写をみてもとても綺麗ですが、実際の場所や建物はもっと美しいのでしょうね!

とくに藻散布沼は季節や時間帯によっても景色が変わる、自然豊かな場所でぜひ実際に観に行ってみたいです!

こちらもどうぞ!

【百合映画】思い出のマーニーの二人の関係が気になる!ほんとに百合なの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です