【必殺技】姫野和樹のジャッカルが見たい!動画紹介や姫野だからこそできるプレーとは?

rugby-himeno02-00

相手のボールに絡みつくディフェンスのテクニック「ジャッカル」。

ラグビーワールドカップ2019において、よく耳にするワードですよね。

 

日本代表の姫野和樹選手が得意としており、予選リーグで何度も成功。

ボールを奪う、あるいは相手の反則を誘い、日本チームにとって有利な状況を生んでいます。

 

本記事では、そんな姫野和樹選手のジャッカルに着目。

ジャッカルの瞬間を収めた動画や、姫野選手のすごさをご紹介。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

姫野和樹のジャッカル動画は?

姫野和樹選手の素晴らしいジャッカル動画をまとめてみました!

ラグビーワールドカップ2019 対アイルランド戦(9月28日)

後半開始から約20分経過し、スコアは16対12。

自陣ゴール目前まで攻め込まれる日本代表。

トライを決められれば逆転を許してしまう、危機的な状況。

 

ボールを受け取り、攻める巨漢の相手5番。2番の堀江選手が必死に食らいつき、動きを止めます。

そこに姫野選手が素早く反応。相手の反則を誘い、日本チームは危機を脱しました。

ラグビーワールドカップ2019 対サモア戦(10月5日)

後半開始間もない時間帯。スコアは16対12。.

相手5番に対して、4番のファンデルヴァウト選手が強烈なタックルを仕掛けます。

体勢を崩したところに、すかさず絡む姫野選手。

 

どかそうとサモアの選手が1人、2人と押し込むものの、微動だにしません。

3人目の選手が入ってきたところで、サモアチームにノットリリースザボールの反則が。

スポンサーリンク

姫野和樹のジャッカルの凄さはここだ!

 

「相手からのプレッシャーをものともしない、強靭すぎるフィジカル」

動画でも触れていますが、挙げるならばやはりこの点でしょう。

 

ジャッカルは、成功時のメリットが大きいディフェンステクニック。

ボールを奪ったり(ターンオーバー)、相手の反則を誘発したり、味方チームにとって有利な状況に。

 

しかし同時に成功させるのが難しい技でもあります。

そうはさせまいと、相手選手が全力でぶつかってきますので・・・

 

プレッシャーに負け、膝をついたり倒れててしまった場合、すぐにその場から離れなければなりません。

そうしないと、プレイを阻害したとみなされ反則を取られることも。

 

先ほどご紹介した、サモア戦における姫野選手の場合。

ボールに手を伸ばしガッチリ掴む姫野選手。それに対してムッキムキのサモア選手が向かってきます。

しかし、びくともしません。ほぼ両足だけでバランスをとっている状態にもかかわらず。

 

ベンチプレス180kgで、その怪力が自慢の姫野選手。

その強靭なフィジカルが、ジャッカルの成功に繋がっているようです。

すごいとしか言いようがありません・・・この人やばいですよ!ほんと。

他にも!ジャッカル意外にも姫野和樹の凄技を紹介

rugby-himeno02-01
出典 : Twitter

オフェンス面でも、すごいテクニックを持つ姫野選手。その1つをご紹介します。

タックルを受け、倒れたらボールを置く→自分で拾って再度アタック。

姫野選手1人で陣地を大幅に押し上げる、そんなパワフルなプレイです。

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

2018年のテストマッチ、対イングランド戦。

ラインアウトから展開されたパスを受け取り、アタックを仕掛ける姫野選手。

相手ディフェンスに倒され、ボールを地面に置いていますよね。

 

普通だと、このボールを9番のスクラムハーフが拾って、パスを出すのですが・・・

姫野選手自らが拾い、再度アタック。大きく前進しています。

相手ディフェンスを引き付ける効果もあり、人数的有利な状況を生むことができる素晴らしいプレイ。

スポンサーリンク

姫野和樹のジャッカルは強靭な肉体だからこそなせる技だった!

姫野選手の十八番とも言えるジャッカル。その動画やすごい点を中心にお話してきました。

いかがでしたか?

 

日本が誇る最強のマッスル、姫野和樹選手。

プレイを見ていると、フィジカルの強さはもちろんのこと、観察力や判断力に優れているのがわかります。

 

例えばジャッカルの場面。相手選手が倒れた瞬間、ボールに絡んでいますよね。

相手チームのフォローの状況・味方ディフェンスの状況を分析。

タイミングを見極め、ここぞという場面で一気に仕掛けています。

 

強靭な肉体に加え、鋭い観察眼を持つ姫野選手。

こういった面があるからこそ、世界の強豪国を相手に堂々と戦えるのだろう。

そんな風に思います。

 

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です