具智元の父親はアジア最強のラグビー選手だった!具選手にも厳しく指導していた親子関係を紹介

rugby-gu00

日本代表スクラムの最前列を担う、韓国出身の具智元(グ・ジウォン)選手。

183cm、122kgという恵まれた体格を持ち、パワフルなプレイと強力なスクラムが最大の武器。

それとは対照的な、穏やかな人柄とキュートな笑顔が魅力の選手。人気急上昇中です。

 

彼の躍進には、元ラグビー選手である父親の存在が、大きな影響を与えています。

名前は具東春(グ・ドンチュン)。PR(プロップ)を務め、息子の智元選手と同じポジションでした。

韓国のみならず、アジア中に名を轟かせた伝説的なラグビープレイヤーです。

 

そんな智元選手の父、具東春さんについて調査。

「どんな選手だった?」「親子関係は?」

などなど、気になる情報をまとめています。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

具智元の父親、具東春はどんなラグビー選手?

rugby-gu01
出典 : Facebook

1980年代に韓国代表として活躍。

ポジションはプロップを務め、アジア最強と呼ばれるほどのスターでした。

 

ソウル市の延世大学校を卒業後、韓国電力でプレイ。

その後、日本の本田技研鈴鹿に加入します。

トップリーグチームであるホンダヒートの前身に当たり、現在息子智元選手も所属。

 

日本との関係は、お父さんの現役時代から始まっていたようですね。

具智元と父親具東春との関係は?

rugby-gu03

お父様の自撮りと思われる、上記の写真。

家族の仲良しぶりが見て取れますね。

とは言え元韓国代表の最強プロップ。ラグビーに関しては、我が子に対しても厳しく指導されたようです。

 

智元選手が小学6年の頃、ニュージーランドにラグビー留学へ。

ニュージーランドといえばラグビーの本場。代表チーム「オールブラックス」が有名ですね。

幼い頃からラグビーの本場で経験を積ませ、徹底した英才教育を施します。

 

中3からは日本へ。

高校、大学、社会人と、異国の地でラグビーに明け暮れる智元選手。

その結果、日本代表に選出。ワールドカップという大舞台でも、力強いプレイを見せています。

 

ここまでを振り返ると、父東春さんの「ラグビーに対する厳しさ」が際立っています。

我が子を幼少期から、遠く離れた地で武者修行させるわけですからね。

金銭的な面もありますが、なかなかこんな教育はできないでしょう。

 

ですがこの決断の裏には、見過ごすことのできない韓国のラグビー事情が存在しました。

 

韓国において、ラグビーはいまだマイナースポーツ。

中学から社会人、全てのチームを合わせてもわずか50チームほど。

かたや日本は2,929チーム(2018年)。その差は歴然ですね。

 

「ラグビーを志す息子を、より恵まれた環境でプレイさせてあげたい。」

アジア最強と歌われた父親だからこその、愛情あふれる教育方針。

子供の意思を尊重し、将来のために送り出したのでしょう。

 

その証拠に、息子の応援のために何度も来日。

東春さんご本人のFacebook は、まるで智元選手の成長日記。

寂しさもあるけど、それ以上に息子の活躍が嬉しいようですね。

スポンサーリンク

具智元は努力家のラグビー選手

rugby-gu02
出典 : Facebook

具智元選手のポジションは、スクラムの最前列を担うプロップ

味方からの「押す力」、相手から「押される力」。その両方を一身に受け止ながら、姿勢をキープしなければなりません。

身体的な強さはもちろんのこと、高度な技術を要するポジションです。

 

その両方を兼ねそろえ、日本代表のメインプロップとして大活躍の具選手。

ここに至るまでは、人一倍の努力と忍耐がありました。

 

拓殖大学在学中の2016年、サンウルブズに加入。

サンウルブズは、国際リーグ「スーパーラグビー」に参加する日本のチーム。

日本ラグビー全体の強化という目的もあり、若手選手の指導にも力を入れています。

具智元選手は、ここで大きな壁にぶち当たることに。

 

それはスクラムを組む瞬間に「足を下げる」癖。

 

父東春さんの指導や厳しい練習により、スクラム強化に励んできた智元選手。

そんな中で、姿勢を整えるように自然と足を下げるようになりました。

 

大学クラスでは、スクラムにおいて右に出る者がいない状況。

しかし世界の代表選手が相手となると、話は変わってきます。

 

世界各国の重量級フォワードに対抗すべく、8人の力を最大限に集約し、ぶつけるのが日本のスタイル。

例え僅かであっても、個人の無駄な動作がスクラム全体の弱体に繋がってしまいます。

 

足を下げる癖を指摘された具選手。

とは言え、このスタイルを長年続けているわけですから、体に染みついてしまっています。

一朝一夕で修正できるものではありません。「これが俺のスクラム」という、プライドもあったことでしょう。

 

ですが、具選手は素直に指摘を受け入れ、改善に努めます。

全体練習後は居残り練習を志願。1対1のスクラムを反復しました。

その結果、無事克服。今では日本代表プロップとして、スクラムの中心的役割を果たしています。

 

その生真面目さと努力家ぶりは、チームや指導陣からも評価。

元来の優しい性格も相まって、日本中から愛される韓国人選手となっています。

スポンサーリンク

まとめ

具智元選手の父親、具東春さんの情報やラグビーを通じた親子の繋がり、具智元選手の魅力。

ここまで、上記のことを中心にお話してきました。

いかがでしたか?

 

元韓国代表のスター選手だった東春さん。厳しくも愛情あふれるラグビー教育を施してきました。

その甲斐もあり、息子智元選手は逞しくも優しいラガーマンに成長。

日本で華々しく活躍されています。

 

日本代表として試合に出場した時点で、以後韓国代表にはなれません。それがワールドラグビーの規則。

母国の代表となる機会を捨て、日本のために体を張る智元選手。それを精一杯応援する父東春さん。

日本人として、心から尊敬できる韓国人親子です。今後も応援していきたいと思います。

 

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です