【ラグビー】南アフリカ出身のピーター・ラブスカフニがすごい!これまでの経歴やラグビーのテクニックを紹介

rugby-Labuschagné00

ピーター・ラブスカフニ選手の経歴やテクニックが気になりませんか?

 

ワールドカップ 対アイルランド戦、サモア戦においてゲームキャプテンを務めたピーター・ラブスカフニ選手。

勝利のため、必死にボールを追いかけ激しくぶつかり合うラグビーの試合。

 

そんな最中でもゲームの流れを見極め、チームに指示を出せるのがラブスカフニ選手。

冷静な判断力とリーダーシップで、日本代表を支える大黒柱です。

 

加えて、注目したいのがその高いディフェンス力。

相手の動きを封じる強烈なタックル、そしてボールへの素早い絡み・・・

ラグビー日本代表の快進撃に大きく貢献するラブスカフニ選手。

 

本記事では、そんなピーター・ラブスカフニ選手のラグビー経歴と、テクニックをご紹介。

「ラグビーはいつから始めた?」「どういうところがすごいの?」

気になる情報をまとめています。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

ピーター・ラブスカフニの南アフリカでの活躍は?

rugby-Labuschagné01

 

1989年1月11日生まれ、南アフリカ共和国のプレトリア出身。現在30歳のピーター・ラブスカフニ選手。

 

母国の南アフリカでは、ラグビーが国技となっています。

代表チームは世界ランキング5位の超強豪。

選手達は、南アフリカの人々にとってスーパースター。憧れの存在です。

 

そんなこともあり、幼い頃から自然とラグビーに興味を持ったラブスカフニ選手。

7歳のころから、ラグビーを始めました。

 

フレーステート大学卒業後、2012年からはチーターズ、2015年からはブルズに加入。

両チームとも、国際リーグ「スーパーラグビー」に参加する、南アフリカのチームです。

若い頃から世界を舞台に戦い続け、経験を積んでいます。

 

また、2013年には南アフリカ代表に選出。練習や遠征に参加します。

rugby-Labuschagné02
出典 : Facebook

残念ながら、出場機会には恵まれませんでした。

ですが先述したように、南アフリカ代表といえば世界トップクラスの強豪。

選ばれるだけでもすごいことなんですよ!ほんと。

スポンサーリンク

ピーター・ラブスカフニの日本での活躍は?

rugby-Labuschagné03
出典 : Twitter

2016年、日本のトップリーグチーム「クボタスピアーズ」からスカウトを受けるラブスカフニ選手。

これを機に来日、以降日本で暮らしています。

 

ここで1つ気になることが。

南アフリカ国内で、十分に活躍していたピーター・ラブスカフニ選手。

なぜクボタ加入を承諾し、来日することになったのでしょうか?

 

この決断には、2015年ラグビーワールドカップ「日本対南アフリカ戦」が影響しています。

 

日本が南アフリカから歴史的勝利を収めたこの試合。

一進一退の攻防が続き、スコアは29対32で南アフリカが3点リード。

試合終了間際に日本は、敵陣でペナルティを獲得します。

 

この状況の日本チームには、2つの選択肢が存在しました。

・キックゴールで引き分けを狙う。

・スクラムからのプレーで逆転、勝利を目指す。

ここでスクラムを選択した日本代表。トライを決め、ラグビー史上に残る逆転大勝利となりました。

 

この試合を、地元のバーで観戦していたピーター・ラブスカフニ選手。

スクラムの選択の勇敢さに感銘を受けました。

勇気を持った行動をするのが日本の1つの文化だと思った。

日本に行くことはいいことだと思った。

後にインタビューで、このように語っています。

 

2018年には、日本のスーパーラグビーチーム「サンウルブズ」に加入。

そして2019年、日本代表に選出。ワールドカップにおいて、世界中の猛者を相手に躍動します。

MEMO
海外プレイヤーの日本代表資格

海外選手が日本代表の資格を取得するためには、以下の条件があります。

① 日本で出生している

② 両親、祖父母の1人が日本で出生している

③ 日本に連続居住3年以上

ラブスカフニ選手の場合 ①、②に該当しないため、3年以上日本に住み続ける必要がありました。

2016年の5月ごろ来日されていますので、ちょうどワールドカップにギリギリ間に合うタイミングで条件クリア。

クボタ加入を少しでもためらっていたら、間に合わなかったかもしれませんね。

スポンサーリンク

ここがすごい!ピーター・ラブスカフニのラグビーテクニックとは

rugby-Labuschagné04

ラブスカフニ選手のすごいところといえば、何といってもそのディフェンス力。

ワールドカップ3戦で41本ものタックルに入り、うちミスは3本のみ

日本代表にとって、まさに守護神的存在といえるでしょう。

 

「どうしてラブスカフニ選手はこんなにタックルができるの?」

こんな疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

その要因として、ボールに対するズバ抜けた反応速度が挙げられます。

 

それが顕著に表れているのが、ワールドカップ対ロシア戦。

ラブスカフニ選手が相手からボールを奪い、独走トライを決めた場面です。

パスを受けたロシア選手。そのボールが手元で落ち着く前に、絡みに行ってますよね。

「ボールに反応し、ディフェンスに向かう動作」

これがもう少し遅かったら、相手の動きを止めることはできたとしても、ボールを奪うことまではできなかったでしょう。

まとめ

ここまで、ピーター・ラブスカフニ選手の経歴、およびディフェンステクニックについてお話してきました。

いかがでしたか?

 

ディフェンス面を中心に、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるラブスカフニ選手。

ゲームキャプテンとして、日本代表を牽引するリーダーシップも持ち合わせた、本当に素晴らしいプレイヤーです。

 

2021年には来日から5年が経過、日本国籍を取得可能に。

ラブスカフニ選手は現在でも、日本のために精一杯体を張ってくれているのですが・・・

日本国籍も取得して日本人になってもらいたいなあと、個人的にこっそり願っております。

 

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です