【ラグビー】ラファエレティモシーのパスがうますぎ!動画や経歴を調査してみた

rugby-raphaele00

神業パスの持ち主、ラファエレティモシーのテクニックや経歴が気になりませんか?

 

ワールドカップの対ロシア戦、およびアイルランド戦における日本のトライ。

その多くが、ラファエレティモシー選手のプレイをきっかけに生まれています。

 

「相手ディフェンスのプレッシャーをかいくぐるクイックパス」

「倒れこみながらのノールックパス」

華麗な技術で得点をアシスト、見るものを虜にするラファエレ選手。

 

本記事ではそんなラファエレティモシー選手の「パス」に着目。

「どこがすごい?」「いつからラグビーを始めた?」などなど・・・

ラファエレ選手の魅力や疑問に迫ります。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

ラファエレティモシーのすごいパス動画を紹介!

「これさえ見れば、ラファエレ選手のすごさがわかる!」

そんな動画を厳選、紹介していきます。

百聞は一見に如かず、という言葉もありますね。まずはご覧ください。

2019年9月20日 ワールドカップ 対ロシア戦

ロシアのゴールライン間際まで攻め込む日本。

田村選手からボールを受け取ったラファエレ選手は、力強い突破で相手ディフェンスを引き付けます。

 

ここで倒れこみながらも、後ろから回ってきたトゥポウ選手にノールックパス

数的優位な状況が生まれ、松島選手のトライに繋がっています。

 

このプレイで注目してもらいたいのは、ラファエレ選手が出したパスの精確さ

前を向いた状態で出したノールックパスなのに、トゥポウ選手の手元に「ピタッ」と放り込まれていますよね

これがもし乱れたパスであれば、松島選手に素早くパスを回せず、トライは生まれなかったかもしれません。

2019年9月28日 ワールドカップ 対アイルランド戦

https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1177865279990308864?s=20

後半開始直後、自陣の中央付近でボールを受け取るラファエレ選手。

フェイントを入れ力強いアタック、相手ディフェンスが何人も引き付けられていますね。

ここで外側で待つレメキ選手へオフロードパス。日本チームの陣地を大きく進めています。

 

ここでもやはり、ラファエレ選手のパスが光ります。

相手ディフェンスのタックルを受けながらも、レメキ選手の手元へ届ける高度な技術。

一流のラグビー選手でも、なかなか狙ってできるものではないでしょう。

スポンサーリンク

ラファエレティモシーのラグビー経歴は?

1991年8月19日、サモアの首都アビアで出生。現在28歳です。

 

4歳の頃にニュージーランドのオークランドへ移住。家族や親類の影響を受け、6歳からラグビーを始めます

ニュージーランドといえば、代表チーム「オールブラックス」で有名ですね。


出典:https://kashiwa-allblacks.jp/allblacks/20180531_1-1.html

 

幼いころから、オールブラックスのカルロススペンサーに憧れていたラファエレ選手。


出典:https://buzz.super-rugby.jp/post/28633107711/カルロススペンサーライオンズコーチの任を解かれる

相手の裏をかくプレイ、意表を突くパスが有名で、ニュージーランドを代表するスター選手です。

ラファエレ選手のプレイスタイルにも影響しているようですね。

 

高校はデラセラカレッジへ進学。スポーツ全般に力を入れている学校です。

特にラグビーでは超強豪校。ニュージーランド代表選手を何名も輩出しています。

 

実は高校まで、バレーなど他のスポーツも行っていたラファエレ選手。

入学時、父親から『1つのスポーツを選んで集中してやりなさい』と言われたそうです。

それ以降はラグビーに専念。人生をかけて取り組むように。

 

デラセラカレッジ在学中、ニュージーランド国内王者にもなっています。

日本の大学に進学したラファエレ選手

高校3年の頃、ワールドユースに選抜。その中で、日本で遠征試合をする機会がありました。

ニュージーランドへ帰国したラファエレ選手。彼のもとに、山梨学院大学からのスカウトが届きます。

 

ご両親からも賛成され、日本行きを決心したラファエレ選手。

2010年高校卒業後、満を持して来日。山梨学院大学へ入学します。

 

今では日本語ペラッペラのラファエレ選手ですが、当時はもちろん全く喋れなかったそうです。

ラグビーは意思疎通が重要なスポーツ。周囲の協力のもと、一生懸命勉強に励みます。

ラファエレ選手の生真面目さ・実直さが伝わってきますね。

 

日本のラグビー事情についての知識もなく、来日後に教わったそうです。

その中で、日本の国内リーグ「トップリーグ」の存在を知ります。

それ以降、トップリーグでプレイすることを目標に。日々激しい練習に明け暮れます。

 

2014年山梨学院大学卒業後、国内トップリーグチームのコカ・コーラレッドスパークスに加入。

rugby-raphaele01
出典 : 公益財団法人日本ラグビーフットボール協会

大学で培った実績・実力が評価され、念願が叶います。

 

加入当初は、試合途中での起用が多かったラファエレ選手。

しかし、そのチャンスを逃さずに結果を残し、周囲からの信頼を獲得。

徐々に出場機会も増え、チームの中心選手となります。

 

2016年には日本代表に選出。

2017年からはサンウルブズに加入。

rugby-raphaele02

国際リーグのスーパーラグビーに参戦し、活躍の舞台を広げています。

 

2019年には神戸製鋼コペルコスティーラーズに移籍。

神戸製鋼は、平尾誠二、大畑大介など数々のスーパースターを輩出した名門チーム。

「より高レベルの環境で自分を試したい」という考えから、移籍を決意したとのこと。

 

また、2017年に日本国籍を取得。

ニュージーランド人の奥さん、愛犬と共に日本での生活を続けています。

好物は寿司。舌もすっかり日本に馴染んだみたいですね。

スポンサーリンク

ラファエレティモシーのパスは神業!ラグビー歴もすごかった!!

ラファエレティモシー選手の神業パス、ラグビー経歴や来日の経緯などについてお話してきました。

いかがでしたか?

 

パスの技術のみならず、突破力や走力もハイレベルなラファエレ選手。

今後も日本の中心選手として、チームを牽引してくれることでしょう。

 

余談ではありますが、ラファエレ選手は奥様を大切にする良き夫であり、柴犬のJax君を溺愛する愛犬家。

サモアに住むご家族も大事にされていて、人としての魅力に溢れています。

ラグビーの腕に加えて、こういった内面を持つラファエレティモシー選手。応援せずにはいられませんね!

 

本記事をご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です