高校時代に留学を決めたリーチマイケルの日本愛に感動!日本で培った魅力的なプレースタイルも紹介

rugby-reach00

2019ラグビーワールドカップにおいて、日本代表のキャプテンを務めるリーチマイケル選手。

日本チームをプレイ面、メンタル面で牽引。まさに、リーダーにふさわしい選手ですね。

 

ニュージーランド生まれのリーチ選手。

来日したのは高校時代。北海道の高校へ留学し、以降日本でラグビーの腕を磨いてきました。

日本人の奥さんと結婚、本人も2013年に日本国籍を取得。

日本への愛がとにかく深く、ワールドカップにおいても獅子奮迅の活躍をされています。

 

ここで気になるのが、日本の高校を選んだ理由。

 

母国ニュージーランドといえば、代表チームオールブラックスを擁するラグビー大国。

「格下」である、日本の高校へ進学したのはなぜでしょう?

気になります・・・

 

本記事では、そんなリーチマイケル選手の高校時代にフォーカス。

「なぜ日本へ留学を?」「高校時代はどんな選手だった?」

などなど、情報をまとめています。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

リーチマイケルが日本に留学を決めた理由は?

rugby-reach01

1988年10月7日、ニュージーランドのクライストチャーチでリーチマイケル選手は生まれます。現在31歳ですね。

ラグビーを始めたのは5歳の頃。

ラグビー経験者である父親の影響を受け、興味を持つようになったそうです。

 

高校はセントビーズカレッジへ進学。伝統あるラグビー強豪校で、日本との交換留学が盛んに行われています。

リーチ選手の実家で、日本の留学生が生活することも。

ニュージーランド時代から、日本人、そして日本ラグビーに触れる機会が多かったようですね。

 

ニュージーランドへ留学する高校生は、全国クラスの有望な選手ばかり。

真面目さと謙虚さ。そして確かなテクニックを持ち、チーム内でも一目置かれることが多かったとのこと。

 

そんな日本人留学生と接する中で、ふと疑問を感じるリーチ選手。

この人たちは真面目で技術も優れている。だが、なぜ日本代表は弱いのだろう?

日本ラグビーへに対して、さらに関心を持つようになります。

 

その折、札幌山の手高校への交換留学の話が舞い込んできます。

何があっても、日本に行きたかった。NZを出たかった。出ていった方がお父さん、お母さんの負担も減るし、自分で好きなこともできると思った。

後にインタビューで、このように語るリーチ選手。

ニュージーランドで過ごした少年時代。苦労も多かったようですね。

 

日本ラグビーへの強い関心、そして母国を離れたいという思い。

これらが重なり、リーチマイケル選手は日本へのラグビー留学を決断します。

リーチマイケルの高校時代は?

rugby-reach03
出典 : Twitter

札幌山の手高校へ留学、日本でのラグビー生活をスタートしたリーチ選手。

そんな彼ですが、早々に大きな試練を経験することになります。

それは1年生の時の全国大会。

 

2回戦で、埼玉県代表の正智深谷高校と対戦。

当時の正智深谷といえば、トンガ人留学生数名を擁する重量級フォワードが最大の武器。

全国優勝を成し遂げるほどの強豪校です。

 

結果は5対89の完敗。技術面や体格面、全てにおいて勝る相手にボッコボコにされてしまいます。

自分の力不足、そしてチームとしての弱さを痛感したリーチ選手。

この経験を機に、より一層ラグビーへの情熱を燃やすように。

 

特に力を入れたのが肉体改造

日々のハードな練習に加え、本格的なウェイトトレーニングを実行。

誰にも負けない強靭な肉体を目指しました。

 

その努力が実を結び、3年生のころには体重が100kgに。

1年生のころは76kgでしたので、20kg以上の増量に成功しています。

 

ラグビープレイヤーに推奨される摂取カロリーは、一説には4,000kcal以上。

それほどハードなスポーツであり、体重を維持するだけでもかなりの食事量が必要になります

食事もトレーニングの1つと捉え、満腹でも我慢して食べていたのでしょうね・・・

 

そんなストイックすぎる高校時代を送ったリーチ選手。

根底には、「チームとして強くなりたい」という強い思いがありました。

人情味溢れる人柄、そして皆を率いるリーダーシップは、このころに培われたのかもしれませんね。

ここがすごい!リーチマイケルのラグビープレーの魅力は?

rugby-reach02

オフェンス面、ディフェンス面ともに優れた技術を持つリーチ選手。

特にディフェンスのテクニックに関しては、間違いなく世界トップクラスでしょう。

 

ワールドカップ2019において、世界の強豪国と対戦するリーチ選手。

低く突き刺さるタックル」で、相手の動きを止める場面が何度も見られました。

体格に勝る海外プレイヤーをもなぎ倒し、日本の窮地を幾度となく救っています

 

また、相手のボールに絡みつく「ジャッカル」も、リーチ選手の得意技。

ボールを奪う・相手の反則を誘発するなど、成功すれば味方チームにとって有利な状況に。

 

とは言え、決めるのが非常に難しいテクニック。

まず第一に、相手チームのサポートよりも速くボールに反応、絡む必要があります。

相手の人数が揃い安定してしまえば、いかに怪力だったとしてもボールに触れることすらできないでしょう。

 

さらに相手のプレッシャーに負けてボールの上に倒れてしまうと、反則を取られることも。

一転、ピンチを迎えることに。

 

ボールに対する素早い反応、足腰の強さやバランス感覚などが求められる、高度なプレイ。

やっぱりすごいよ、リーチマイケル。

まとめ

ここまで、リーチマイケル選手の高校時代を中心にお話してきました。

いかがでしたか?

 

ラグビーワールドカップ2019において、強豪国を打ち破り躍進を続ける日本代表。

フィジカルやテクニック面もそうですが、やはり選手同士の連携がすごいですよね。

常にチームワークを意識し、練習に取り組んできたのが見て取れます。

 

そのチームを率いるのがニュージーランド生まれ、日本育ちのリーチマイケル選手。

彼のストイックで優しく、思いやりのある人間性。

それが日本代表チームのプレイに表れている、そんな気がします。

 

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です