【第3話】「シロクロパンダ」のあらすじや感想をまとめ!ネタバレあり

第2話では、レンの記憶が蘇ってきたことで周囲の人との関係など様々な謎が深まった会となりましたが、第3話は一体どんな展開で進められていくのでしょうか。

第3話のあらすじや感想をまとめました。

「シロクロパンダ」第3話のあらすじは

レンと面談をしていた担当医の門田先生は、記憶を取り戻しそうなレンの周囲の環境の変化を気にしたような質問をしており、レンが帰った後には「1卵生双生児の記憶」についての資料を見ていた。

今回の事件、クライミング選手のさなえは、練習中にロープが切れて転落し、脚に怪我を追った。

そのさなえがテレビで会見をし、ロープは誰かに切られたもので、誰かが自分を殺そうとしていると証言。

実はレンとさなえとは中学時代の同級生だった。

そしてこの事件が今回Mr.ノーコンプライアンスから直輝に依頼された事件だった。

さなえは怪我が原因で代表入りを逃し、代わりに代表になったあかねのもとへミスパンダが登場し、「あなたがロープを切った犯人でしょ」と疑いの言葉をかけた。

レンは早苗のお見舞いに行き、そこで双子のリコの話になる。なぜかソワソワするレンは、その帰り道また過去の火事の記憶を思い出し、胸を痛める。

その後図書館で待ち合わせをしていたレンと直輝。

レンは直輝に過去の記憶が時々蘇ってくることを話す。

10年前レンとリコ、母親の3人はキャンプに行き、そこのバンガローが放火されリコを見捨ててしまった過去を明かし、リコを助けられなかった自分を攻めているとのことだった。

そして直輝も父親が亡くなった事を明かし、自分たちは一緒なのだということをレンに伝えた。

それを窓越しにコアラの着ぐるみを着た何者かが見ていたのであった。

一方今回の事件は三浦大知演じるコーチとフィフィ演じるコーチ、二人の仕業だということが判明。

犯行を暴いたミスパンダは、直輝と逃げる途中で過去の記憶が蘇るが、間一髪神代に見つかる前に逃げることができた。

無事シロクロつけたことを。Mr.ノーコンプライアンスに報告する直輝。

Mr.ノーコンプライアンスは直輝と父親の写真をもっており、過去の事件(コアラ男)のことで直輝の父親と何か関わりがある様子が伺えた。

そして直輝は門田先生のもとへ、レンは本当はリコだということを訪ねに行く。

「シロクロパンダ」第3話の感想は?

「シロクロパンダ」第2話の、皆さんの感想がこちら!

https://twitter.com/Happy11yo/status/1221443825509392386?s=20

第3話は特にレンと直輝のドキドキするシーンが多かった!w

そんな面も見せつつ、徐々に明かされていくレンの過去や今回はMr.コンプライアンスと直輝の父親との接点があることもわかり、どんどん謎が深くなっていきます!

「シロクロパンダ」第3話のゲストは誰?

https://twitter.com/shirokuro_drama/status/1221025932342771712?s=20

まとめ

「シロクロパンダ」第3話についてまとめました。

レンの過去について明かされましたね!この事件と直輝の事件の関係が気になるところ!

そして直輝も同じく、Mr.ノーコンプライアンスとの関わりが何だか怪しくなってきました!

この先の展開が気になるところ…!第4話も見逃せませんね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です