【第4話】シロクロパンダのあらすじと感想をまとめてみた

徐々にレンと直輝の過去が明らかになっていく展開。

また周囲の人間の怪しい過去や、コアラ男の出現にも目が離せません!

第4話では一体どんな展開が…

「シロクロパンダ」の第4話をまとめました。

シロクロパンダ第4話のあらすじは?

直輝は自分の教授でありレンの担当医でもある門田のもとを訪れ、“レンが本当はリコであること“を問う。

それを認めた門田は、火事にあいレンとして生きる決意をしたリコに相談されて仕方なかった事を伝えるが、本当に仕方がなかったのか、他にもなにか目的が合ったのではないかと門田に問いかけた。

門田の表情は変わり、直輝に対しても「レンに何をしているんだ」と怪しく詰め寄った。

レンはバイト先の囲碁のお店で、もう一度囲碁を頑張ることを決意。

リコも喜ぶんじゃないか、自分に自身が持てるんじゃないかという気持ちを伝え、直輝への淡い恋心も打ち明けた。

一方で記者の神代は、直輝の学校に行き直輝のことを聞いて回っていた。その中で直輝の父親の事件のことを知る。

しかしそこにも門田が出てきて、神代の行動にストップをかける。

そして今回の事件は、学校でのいじめ。
いじめの被害者生徒が加害者生徒を拘束し、助けてほしかったらミスパンダを呼べと遅していた。

Mr.コンプライアンスはこの事件に関しては関わるなと言ったが、直輝はこの事件にミスパンダを行かせることに。

そんな中門田はレンの元へいき、「直輝と関わるな」「直輝は君に好意を持っていない」と伝えレンは戸惑った表情を見せる。

しかし「それでも良い、むしろ彼の役に立てて嬉しい」「これから好きになってもらえるように頑張る」と伝え、直輝のもとに向かう。

いつもの待ち合わせ場所にこないレンを待っていた直輝だが、結局人形でミスパンダに成り代わり事件の起こった学校に潜入することに。

遅れて到着したミスパンダ。結果この事件は自作自演で、真犯人はスクールカウンセラーの先生だったことが判明した。

事件後あずさのもとにコアラ男と名乗る人物から、直輝とレンが抱き合う写真が送られてくる。
あずさは呼吸が乱れ、座り込んでしまった。

一方直輝を待ち伏せしていた神代。「ちょっといい?飼育員さん」と声をかける。

また、れんのバイト先のオーナーのもとには門田が…「ミスパンダがレンだったらどうする…」とこちらも意味深な会話をしていた。

「シロクロパンダ第4話」の感想は?

今回のシロクロは、直輝のアクションとビジュアルが最高でしたね!

メガネスーツの横浜流星さん、めちゃくちゃイケメンでした!!

そしてレンの担当医であり直輝の大学の教授でもある門田が、何やら怪しい動きを見せています。

直輝に「これ以上レンに近づくな」と脅したり、レンにも直輝に関わらないように言ったり、囲碁のオーナーにレンとミスパンダの関係を伝えたり…

表情や声の感じもかなり怪しいので、何か秘密を持っていることは間違いなさそうです。

そして、直輝の恋人であるあずさの元へはコアラ男からメールが…

あずさは大丈夫なのか、直輝との関係はどうなっていくのか、はたまた直輝とあずさの父親でもあるMr.コンプライアンスの関係もどうにかなっていってしまうのか…

徐々に直輝とレンの正体が周りにバレ始めてきましたね。

今後どういった展開になっていくのか、気になります。

シロクロパンダ第4話の公式特別画像!

公式ツイッターでシロクロパンダ第4話の際に宣伝される、第4話ならではの写真をご紹介します!

https://twitter.com/shirokuro_drama/status/1223826957898412033?s=20
https://twitter.com/shirokuro_drama/status/1223955631838646277?s=20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です