【画像】宍戸錠の弟・郷鍈治は兄に似ていない?俳優としての活躍や死因・ちあきなおみとの馴れ初めも調査!

2020年1月21日、俳優の宍戸錠さんの訃報が報じられました。

昭和の時代を代表する宍戸錠さんの死は、とても悲しいですよね。

そんな宍戸錠さんには郷鍈治さんという弟がいました。

今回は宍戸錠さんの弟・郷鍈治さんについてまとめました。

宍戸錠と弟の郷鍈治は似ていない?

宍戸錠さんと弟の郷鍈治さんですが、4つ年の離れた兄弟です。

二人は仲も良くお互い俳優として活躍していたことも合って関係は良好だったようです。

そんなお二人ですが、強大なのにあまり顔が似ていないような…!?

画像で比較してみましょう!

まず宍戸錠さん!

めちゃくちゃにめちゃくちゃ二枚目俳優ですね!イケメンすぎる!!

そして弟の郷鍈治さん!

何だか野性的なお顔…

目鼻立ちははっきりとしていて宍戸錠さんに似ている気もしますが、宍戸錠さんの若い頃のお顔と比較してしまうと、あまり似ていないような…

表情や髪型がいけないのかな…

宍戸錠の弟・郷鍈治の俳優としての活躍は?

郷鍈治さんは1960年に放映された映画『狂熱の季節』で俳優デビューを果たします。

容貌が強面なことから悪役を演じることが多く、誘拐犯や間抜けなチンピラ役など、悪役としても様々な顔を演じていました。

兄の宍戸錠さんとも、度々ドラマで共演していたようです!

1978年に女優のちあきなおみさんと結婚すると、ちあきなおみさんの個人事務所を設立し、郷鍈治さんはそこの社長兼マネージャー・プロデューサーになります。

これを機に俳優業は1980年代に引退しました。

郷鍈治と妻・ちあきなおみの関係が素敵すぎる!

郷鍈治さんは兄の宍戸錠さんの紹介で妻のちあきなおみさんと出会い、結婚しました。

二人は結婚した1978年にテレビ番組「ラブラブショー」に出演するなど、仲の良さはお墨付きだったようです。

そして1992年に郷鍈治さんが亡くなってからは、妻のちあきなおみさんは歌手業を含めた芸能活動を完全に休止。

その後もちあきなおみさんは郷鍈治さんの死が原因で芸能界復帰を全く考えなくなったのだとか。

それだけ深く郷鍈治さんを愛していたのでしょうね。

宍戸諒の弟・郷鍈治の死因は?

郷鍈治さんは1992年に55歳という若さで亡くなっています。

その死因は肺癌だそうです。

肺癌は治療が困難な病気なのだそうで、郷鍈治さんも治療が難しかったのかもしれませんね。

また55歳という若さが病期の進行を早めてしまったのかもしれません…

55歳という早すぎる死が、妻のちあきなおみさんが悲しむ原因になったのでしょう。

まとめ

宍戸錠さんの弟・郷鍈治さんについてまとめました。

兄弟で顔立ちはあまり似ていないようにも感じましたが、仲がよくドラマで共演したり、郷鍈治さんの結婚相手のちあきなおみさんを宍戸錠さんが紹介したりなど、良い兄弟関係を築けていたことがわかりました。

また、郷鍈治さんと妻のちあきなおみさんはおしどり夫婦であり、だからこそ郷鍈治さんが肺癌で若くして亡くなってしまったことは、ちあきなおみさんにとってとても辛いことだったのでしょうね。

宍戸錠さんも郷鍈治さんも、故人となってしまいましたが、お二人の俳優としての活躍は、これからも私達の中に生き続けていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です