【第5話】シロクロパンダのあらすじと感想をまとめ

「シロクロパンダ」第4話では、レンと直輝の正体が次第に周囲に知れ渡って、特にレンの担当医であり直輝の教授でもある門田の怪しい動きが目立っていました。

またコアラ男からあずさにコンタクトがきたりと、コアラ男も徐々にその姿を表し始めています。

第5話では一体どんな展開になるのか、あらすじをまとめてみました。

「シロクロパンダ第5話」のあらすじ

神代は直輝に詰め寄り、ミスパンダの正体を聞く。

そこで直輝は神代にコアラ男の正体を暴いたらミスパンダの正体を教えると交換条件を出し、一旦二人は協力し合う体制になった。

今回の事件は爆破事件の犯人として逮捕されているが、現在は無罪を主張している死刑囚をミスパンダが誘拐。

本当にやったのか視聴者にシロクロつけてもらうことを提案していた。

しかしこれはニセパンダの仕業だった。

この事件についてMr.ノーコンプライアンスや直輝、そして神代も動くことに。

この動画を見ていた囲碁のカフェのオーナーは複雑な心境だった。門田にミスパンダがレンだと聞かされた時に、門田は同時にレンのことで記憶のすり替えの事例のレポートを書いている、だから今レンにリコに戻られては困ると、レンをサンプル呼ばわりして利用していたことを話した。

門田はなかなか診察に来ないレンの元を訪ね、直輝と離れろと伝え病院に無理やり連れて行こうとする。

サンプルとしてのレンの様子を見たかったのと、リコに戻られないようにするためだったのだろう。

しかしレンはそれを振りほどき直輝へ連絡。そして直輝に気持ちを聞くことにした。

直輝は「レンは自分にとって大事な存在」と伝え、レンも直輝に「好き」と伝える。しかしその直後催眠にかけられてしまったレン。

そしてふたりは偽物のミスパンダや飼育員と戦いに行く。

神代やあずさは、事件の被害者家族に話を聞いていた。被害者家族は空手経験者、この二人が偽物のミスパンダと飼育員だと神代と直輝は疑っていた。

事件現場に到着したミスパンダと飼育員さんは、偽物のミスパンダと飼育員を発見。

偽物はすでに誘拐した死刑囚を殺害してしまっていて、それを発見したちょうどその所を警察に見つかって濡れ衣を着せられることに…

なんとか警察を巻いて逃げ出したミスパンダと飼育員だったが、ミスパンダがナイフを持ってきてしまっていた。

翌日講義の席についていた直輝やその友人。教授の門田がなかなか来ずざわついていた中で、直輝は何か企んでいるような表情を浮かべていた。

そしてなんと門田が自宅で殺害されている事が判明…

展開がガラッと変わっていく…

「シロクロパンダ第5話」の感想は

https://twitter.com/Kei230916/status/1226514703133728768?s=20
https://twitter.com/keishuta3/status/1226647405677826049?s=20
https://twitter.com/fuk032/status/1226685892552605696?s=20

「シロクロパンダ第5話」の写真を紹介!

シロクロパンダ第5話の写真がこちら!

https://twitter.com/shirokuro_drama/status/1226053076512956417?s=20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です