【動画】夫婦別姓にヤジを飛ばした杉田水脈議員にやっぱりの声が多い理由は?

2020年1月22日の衆院代表質問で、「それなら結婚しなくていい」というヤジがあったとされる問題で、自民党の杉田水脈氏の疑惑が向けられています。

そして杉田議員が野次を飛ばしたという自体については、ネット上ではやっぱりという声も多くつぶやかれています。

このヤジの問題と、すぎたぎいんがやっぱりと言われる訳をまとめました。

問題となっている“ヤジ”がこちら!

1月22日の衆院代表質問で、国民民主党の玉木雄一郎代表が「速やかに選択的夫婦別姓を実現させるべきだ」と述べた際、「それなら結婚しなくていい」というヤジが飛ばされました。

その時の動画がこちら!15秒あたりでヤジが飛ばされたと思われます。

ヤジ聞こえましたか?

私には聞こえなかったのですが…

この発言に野党はヤジを飛ばしたのは、杉田水脈衆院議員とみられると指摘しましたが、自民党側は「ヤジは確認していない」と回答。

杉田議員はコメントしていません。

杉田議員が本当に野次を飛ばしたのかは不明ですが、やっていなかったらすぐに否定するはずですよね。

だんまりを決め込んでしまっているということは、逆に疑われる原因にもなる気がします…

スポンサーリンク

杉田議員のヤジに“やっぱり”の声が多い理由は?

この杉田議員が野次を飛ばしたという疑惑が浮上すると、ネットでは「やっぱりな」といったつぶやきも多く見られました。

杉田議員は、伊藤詩織さんが元TBS社員の山口敬之氏からレイプをされたと訴えた時に、テレビ番組で「伊藤詩織さんに落ち度がある」と発言したり、LGBTは生産性がないと批判したりと、過去にも多くの問題発言をしていました。

これらが原因で、「またか」「やっぱり」と非難されてしまったようです。

自民党は夫婦別姓に消極的だった

もともと自民党は夫婦別姓に消極的でした。

このような記事も…

自民党の青山繁晴参院議員は16日のインタビューで姓の在り方はその国の「伝統」に由来するとし、夫婦別姓制度の導入について「伝統を大事にする場合は、少なくとも法制度化することはない」と否定的な見解を示した。「女性の姓に合わせる場合も日本に結構ある」とし、現行の民法が「女性差別というのは誤解」と語った。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-19/PUTPTOT1UM1101

これはそもそも論点がずれている部分があるようにも感じますが…

あまり説得力のない考え方ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です