ピアノ経験なし!鈴鹿央士のプロ並みのピアノ演技はどこで身につけたの?

鈴鹿央士さんは、芸能界屈指の顔の小ささと抜群のスタイルが魅力の俳優です。

2019年から本格的に俳優活動を開始し、出演した映画『蜜蜂と遠雷』での演技は高く評価され、多くの新人賞を受賞しました。

鈴鹿央士さんが高い評価を得ているピアノの演技は、どのようにして身に付けたのでしょうか。

今回は鈴鹿央士さんのピアノについてまとめました。

鈴鹿央士のピアノを弾く演技に絶賛の声!

鈴鹿央士さんは2019年に公開された映画『蜜蜂と遠雷』で、天才ピアニスト役の風間塵役を演じています。

そのピアノを弾く姿に、感動する人が続出でした!

『蜜蜂と遠雷』の原作は、恩田陸さんが書いた小説です。
『蜜蜂と遠雷』は、第156回直木三十五賞第14回本屋大賞ダブル受賞作品としても話題になりましたよね!

物語は国際ピアノコンクールに挑戦する4人のピアニストたちが、悩みや葛藤を抱えながらも、成長していく姿を描いています。

映画『蜜蜂と遠雷』は作品としての評価も高く、第43回日本アカデミー賞で優秀作品賞を受賞しています!

鈴鹿央士はピアノ経験なしでどちらかと言うと体育会系

そんなピアノの演技で高評価を得た鈴鹿央士さんですが、学生時代はスポーツに打ち込んでいました。

中学時代はサッカー、高校生ではバトミントンで汗を流していました。

鈴鹿央士さんの中学時代のサッカーのポジションはトップ下です。

トップ下と呼ばれるポジションは、味方の選手にパスを送って決定的なチャンスを演出しつつ、
自らもゴールを狙う司令塔と呼ばれるポジションになります。

日本代表で言うと香川真司選手、本田圭佑選手、中島翔哉選手らが務めているポジションで、チームの勝敗を左右する重要なポジションですね。

鈴鹿央士さんは高校に進学するとサッカーは続けず、バトミントンを始めます。

高校時代に打ち込んだバトミントンでも、鈴鹿央士さんは優秀な成績を収めており、県大会でベスト16に輝いた実績を持っています。

バトミントンは運動量も多く、相手の打つショットを予測しながら、プレイすることが求められます。
頭と身体両方を使うスポーツなので、非常にハードです。

鈴鹿央士さんは2つのスポーツをハイレベルにこなせることから、運動神経に優れているのでしょうね!

スポンサーリンク

鈴鹿央士はピアノをどこで練習したの?

鈴鹿央士さんは、家とレッスン場でピアノの練習を繰り返していました。

鈴鹿央士さんは映画の役作りのために、クランクインの3か月前から電子ピアノを購入し、家でピアノの練習をしていたんだとか。

忙しい日々の中でも時間を見つけては、ピアノの練習を続け、自宅以外では週3回レッスンを受けて、技術を向上していきました。

先生の動きを動画に撮影して、自宅での練習に活かすなど努力を続けた結果、ドビュッシーが作曲した月の光まで弾けるようになったそうです。

素晴らしい努力の結果ですよね!

ドビュッシーの月の光はCMや映画にも使われることが多く、ご存知の方も多いと思います。

月の光は簡単に弾ける曲ではありません。
鈴鹿央士さんの努力の成果を感じさせる、エピソードではないでしょうか。

まとめ

鈴鹿央士さんは、2019年に公開された映画『蜜蜂と遠雷』で、天才ピアニスト役の風間塵役を演じています。

そのピアノ演技で新人賞も受賞し、素晴らしいと話題になりました!

鈴鹿央士さんの学生時代はスポーツに打ち込んでおり、中学時代はサッカー、高校時代はバトミントンで日々汗を流していました。

バトミントンは、県大会でベスト16に輝いた実績を持っています。

鈴鹿央士さんはピアノ未経験でしたが、クランクイン3か月前から家やレッスンで猛練習を積み重ねました。

努力の結果、ドビュッシーが作曲した月の光まで弾けるようになっています。

2019年から本格的に俳優業をスタートさせた鈴鹿央士さん。

今後はどのような作品に出演するのか…活躍が楽しみですね!!

こちらの記事も一緒にどうぞ!!

あごが残念?イケメン鈴鹿央士の顎が出ている理由は顔が小さいから? 出会いはエキストラ!鈴鹿央士と広瀬すずの最初の関係は芸能人と一般人 もしや芸能界一?鈴鹿央士の顔が小さすぎて嫉妬!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です