タラおばあちゃんのエイのタトゥの意味とモアナの世界でのエイの存在とは!?

2017年に公開されたディズニー映画「モアナと伝説の海」

モアナが冒険をするハラハラ・ドキドキする模様が描かれている映画ですが、そんな映画で重要な役わりなすのが、モアナの祖母のタラおばあちゃんとエイ。

タラおばあちゃんの存在やエイのタトゥの意味とは何なのか、またそもそもなんでこんなにエイがピックアップされているのかについてまとめました。

タラおばあちゃんのエイのタトゥの意味は?

島に暮らす大人たちには身体にタトゥーが刻まれていますが、タラおばあちゃんは背中に「エイ」のタトゥーがあります。

この「エイ」は、モアナの世界で重要な役割をなしていますよね。

『モアナと伝説の海』の舞台となる島は、オセアニアの文化を題材にしていて、エイもポリネシア諸島の人々の一部では神の使いと思われている存在。

ちなみにタトゥーもオセアニアの人たちにとっては重要な文化の一部です。

タラおばあちゃんは「あたしが死んだらエイになってもどってくるよ。このタトゥーを選んだんだからね。」と言っているように、神の使いであるエイを自分のタトゥとして刻んだタラおばあちゃん。

おばあちゃんの名前タラは、サモア語で「物語」の意味もあることから、物語を語り継ぎ、死後は神の使いのエイとなる、とても重要な意味を示しているのが、タラおばあちゃんのエイのタトゥなのだと思います!

モアナの世界でのエイの偉大な存在

上でも少し触れましたが、エイはポリネシア諸島の人々の一部では、エイは神の使いとされています。

エイは海底の砂にじっと隠れることができるため、砂の動きで獲物を捕るサメでも、なかなか捕えられない魚。

そのためポリネシアの先住民たちは、優雅な強さと賢さの象徴であるエイを守護神と考えていたそうです。

そんなポリネシア諸島に人々の考えをもとに描かれたモアナの映画でも、エイは所々でモアナを導いてくれる重要な存在となっていますよね!

スポンサーリンク

タラおばあちゃんの吹替版は

そんな重要な役柄のタラおばあちゃんの日本語吹替版を、やっているのが夏木マリさんです。

夏木マリさんはメッセージもつぶやいてくれています!

https://twitter.com/disneymusicjp/status/1240614005187567616?s=20

タラおばあちゃんもかっこいいですが、その声優を務める夏木マリさんも、芯のあるとても素敵な女性ですよね!

モアナの音楽も絶賛している夏木マリさんなので、ぜひそこにも注目してみていきたいですね!!

まとめ

いかがでしたか。

モアナの世界のエイの存在についてまとめました。

モアナのもととなったポリネシア諸島で神の使いとして崇められてきたエイ。

そんなエイをとても綺麗に、神秘的に描いているモアナの世界もとても魅力的です!

ぜひタラおばあちゃんとエイの関係、エイの神秘的な存在感に目を向けて映画モアナをみてみたいですね!

こちらの記事も一緒にどうぞ!

モアナとマウイが結婚する可能性は0!?なぜ二人は恋に落ちないのか モアナのポスターを日本と海外で比較!なんでこんなに違うの? モアナの年齢は8歳ってどういう事?マウイが言った言葉の意味とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です