【宇野樹】宇野昌磨の弟・樹は名古屋国際高校で1年にして生徒会長!兄のコネで有名人になった高校生活とは?

フィギュアスケートで日本を代表する選手・宇野昌磨さん。

そのう弟の宇野樹さんもまた、
イケメンと話題で最近では
メディアにも度々登場しています。

そんな弟の樹さんは現在
名古屋国際高校に通っていますが、
なんと高校1年生にして
生徒会長に就任したという
すごい方だったんです!!

今回は昌磨選手の弟・樹さんについて
高校で生徒会長になった過程や、
彼の高校生活を調査しました。

生徒会長になったのは兄のコネのおかげだった!?

宇野昌磨さんの弟・樹さんは、
2018年10月8日放送の
「有吉ゼミ2時間SP」に出演した時に、
高校で生徒会長になったときのことを語っていました。

樹さんは高校1年生で
生徒会長に就任出来た理由として、
立候補の選挙演説VTRに兄の昌磨さんに
出演してもらったこと
を話していました。

VTRのなかで昌磨さんは、

    「もし生徒会長になったらすごい迷惑を掛けると思います。
    本当にみなさんの支えが必要になると思うので、
    樹のことを支えてあげてください。
    よろしくお願いします」

と呼び掛けています。

このおかげもあって、なんと80%の得票率でを得て
生徒会長に就任したのだそうです!!

まず高校1年生という、まだ高校について
良くわかっていない段階で生徒会長になろうと思う
樹さんの心意気がすごいですよね!

そして「兄の昌磨さんのコネを使った」と
堂々と言えてしまう所も
流石だなと思いますw

逆にそう素直に公表できる所が
樹さんの好かれる理由でもあるでしょうね!!
 

生徒会長になった宇野樹の学校生活は?

生徒会長になった宇野樹さんは、
学校でもだいぶ目立っていたようです。

卒業式では生徒会長が代々旗持ちをするそうですが、
そこでは樹さんにむかってフラッシュの嵐。

そして樹さんと一緒に写真を取ろうとする
保護者や生徒で溢れたのだそうです。

宇野昌磨さんの弟というだけでも有名人なのに、
そのコネで生徒会長になり
全生徒に自分の存在をアピールしたことで、
みんなからの注目を更に集めてしまったのでしょうね。

スポンサーリンク

宇野樹が通う名古屋国際高校ってどんな学校?

宇野昌磨さんの弟・樹さんは
名古屋国際高校に通っていて、
現在は高校3年生です。

名古屋国際高校は、
愛知県名古屋市昭和区にある
中高一貫の私立高校です。

偏差値は47〜49と平均より少し低め。

学科は、「普通科」「国際教養科」があり、
中高6年の一貫教育を通し国際人の
育成を目指す学校です。

英語を母国語とする多国籍の
英語科教員数が多く在籍していて、
日本人教員と共同で担任する
学級運営をしているのだとか!

宇野樹は英語も堪能!

宇野昌磨選手の弟・樹さんは、
名古屋国際高校に通っているだけあってか
英語も堪能なのだそうです。

どれくらいかというと、
兄の昌磨さんの海外遠征についていって
通訳が出来てしまうほど
なんだとか!!

通訳ができるレベルだと、
英検で1級・TOEICで600点以上
が基準となるそうです。

国際高校に通っているからといって、
誰しもがそこまでのレベルに
到達できるものではないですよね。

きっと本人もたくさん勉強して
努力をしたのだと思います。

宇野樹は陸上ホッケー部に所属していた!

宇野昌磨さんの弟・樹さんは
名古屋国際高校の陸上ホッケー部に
所属
していました。

現在は高校3年生で、7月に
引退してしまったようです。

2019年には愛知県の代表選手に選ばれて
国体にも出場!

しかもキャプテンとしてチームをまとめる
リーダーシップも兼ね備えた
素晴らしい選手でした!!

さすが生徒会長を勤め上げただけありますよね!

お兄さんの昌磨さんも
樹さんのホッケーを応援にきてくれていたようです!

まとめ

いかがでしたか。

宇野昌磨さんの弟・樹さんについて
通っている名古屋国際高校で
1年にして生徒会長になった理由や
高校生活をまとめました。

兄・昌磨さんのコネを使い生徒会長になった樹さんですが、
その生徒会長をやり遂げられたのは
樹さんの実力もあったのでしょうね。

また、英語が堪能で、部活の陸上ホッケーも
国体に出場するほどの実力の持ち主。

樹さん自身も努力家で素晴らしい才能を
持っているのだと思います。

モデルとして活躍していたり、
最近ではテレビにも度々出演しているので、
今後は益々テレビで活躍が見れるかもしれませんね!!

こちらも一緒にどうぞ!!

【宇野樹】宇野昌磨の弟はホッケーの国体選手だった!実力や初めたきっかけは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です