被害アイドルAはN岡健吾?ワタナベエンタの常務・大澤剛からのセクハラ報道がひどい!

2020年6月11日。

週刊文春によってワタナベエンターテイメントの所属アイドルが、常務からセクハラ被害を受けているという報道がありました。

ワタナベエンターテイメントといえば、業界最大手であり、多くの有名俳優や芸人さんが所属しています。

そんな芸能プロダクションの常務である大澤剛さんからセクハラ被害を受けていた所属アイドルは一体誰なのか、ネットではある程度特定されているようです。

このアイドルは誰なのか、またどのようなセクハラ被害を受けてきていたのかについてをまとめました。

ワタナベエンタ常務からセクハラ被害を受けていたアイドルは西岡健吾?

今回の報道でセクハラを受けていたというのが、ワタナベエンターテイメントに所属していたアイドルと記事には書かれています。

このアイドルについては、マジックプリンス(通称:マジプリ)に所属していた西岡健吾さんではないかとネット上で囁かれています。

https://twitter.com/tete240216/status/1270939146836566016?s=20

服装も同じものと言うことで、ほぼ西岡健吾さんで間違いないのかと感じます。

男性とは思えないほど、美しくてきれいな顔をしています。

西岡健吾さんの簡単なプロフがこちら。

https://twitter.com/kengo_gonchi/status/1270370918603190272?s=20
  • 名前:西岡健吾
  • 生年月日:1997年10月22日
  • 出身地:愛知県(育ったのは静岡県浜松市)
  • 身長:172cm
  • 趣味:書道

自称アイドルオタクで、アイドルのコンサートやイベントに通う中で「自分もやってみたい」と思うようになったことがきっかけで高校在学中にオーディションに応募しマジプリメンバーに加入。

MAG!C☆PRINCEのセンターポジションに就き、中性的なイメージがあるところから、メンバーカラーはピンクになりました。

2019年12月20日に体調不良を理由にグループを卒業し、2020年4月からフリーランスのタレントとして活躍されているそうです。

ワタナベエンタ常務・大澤剛ってどんな人?

気になるのは西岡健吾さんにセクハラをしていたという大澤剛さん。

一体どんな人物なのでしょうか。

  • 年齢:47才
  • 出身:静岡県浜松市
  • 学歴:静岡県浜松市内の高校を卒業し、その後神奈川県内の大学に進学
  • 前職:自動車会社
  • 職業:ワタナベエンターテインメント常務取締役、YESMAN代表取締役社長

大澤剛さんは、業界では凄腕で有名な広報担当なようで、若手タレントからは『BOSS』と呼ばれ、毎日彼らを怒る神様のような存在だそうです。

マネージャーも大澤剛さんの前ではビクビクして『大澤さんだけは怒らせるな』が口癖といわれているよう。

影響力も大きく、「ナベプロナンバー2」とも言われているようです。

かなり凄腕の実力のある方なことが分かりますね!

またそれ故に自分の考えを押し通すところもあるようで、敵も多いんだとか…

トップに立つ素質のある方なのでしょうね!

スポンサーリンク

ワタナベエンタ常務から受けたセクハラがひどい!

2020年6月に文春によって報道された、セクハラ騒動の内容については、文春記事に詳細が書かれています。

https://bunshun.jp/articles/-/38328

書かれている内容を少し要約すると…

  • 別宅のマンションで身体の関係を迫り、目隠しをして写真を撮影した。
  • 卑猥な内容のLINEが頻繁に送られてきていた。
  • トイレやタクシーの中でも手を出してきた。
  • 給料が急に上がり、ワタナベエンタからでなく大澤さんの個人会社『YESMAN』から振り込まれた。
  • 先輩アイドルも大澤剛氏に水着の写真を送っていた。

読んでいても不快になるような内容です…

こんなことを不本意でやられていたかと思うと、とても苦しかったでしょうね…

この事実につて大澤剛さんはこのようにコメントしています。

「自分は、Aがこれまで(仕事先で)トラブルを起こしていたので教育的指導の意味合いでやりました。タワーマンションに呼んだのは、Aを辞めさせたくなくて、よかれと思ってやったことです。あそこは知人から借りたマンションで私の所有物ではありません。(キスなどは)彼から誘ってきました。セクハラだと指摘された私のLINEの文章は、Aを辞めさせないため。管理するためです。彼は精神的にも病んでいて、私たちが支えてあげなくてはいけなかった。そもそも自分は男性に対して性的興味をもっていません」

https://bunshun.jp/articles/-/38328?page=4

一方でアイドルのAさんはこのように話しています。

「僕は大澤さんのことを恋愛対象だと思ったことは、一度だってないです。逆らえない立場(プロデューサー)なので、話を合わせたり媚びることはしていましたが、本音はリアルタイムで友達に報告しています。あのようなことが仕事上の関係の中で許されるのでしょうか」

https://bunshun.jp/articles/-/38328?page=4

大澤剛さんの話もしっかりと伺わないと分からないところはあるかもしれません。

しかしAさんの言葉やLINEのやり取りを見ていると、とてもひどい内容であることが分かります。

パワハラとセクハラと、立場の違いを利用しているように思えてしまいます…

Aさんもこのようなことを発信するのはすごく勇気がいったでしょうね。

まとめ

いかがでしたか。

ワタナベエンターテイメントの常務を務める大澤剛さんのセクハラ報道について、お相手のアイドルA氏は誰なのか、またセクハラの内容についてなどをまとめました。

とてもリアルな告発内容で、Aさんの苦しかった日々がよく分かりました。

大澤剛さんサイドの意見を聞かなければ真実は分かりませんが、LINEのやり取りなどはとてもひどいです。

こういったパワハラは現代ではとても問題となっていることですし、しっかりと解明してこういったことがないように改善していってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です