【転倒動画】吉田沙保里がリレーでコケた!新国立競技場オープニングイベントでパプニング!

2019年12月21日。

東京オリンピックの開催地・新国立競技場の
オープニングイベントが開催され、
多くの芸能人や一般の方が現地を訪れました。

そんな中でハプニングが…!

なんと女子レスリングでかつやくしていた
吉田沙保里さんがイベントで転ぶという
アクシデントが発生したのです!

あの霊長類最強女子の吉田沙保里さんが…

レスリングで3大会連続五輪金メダルをとった
吉田沙保里さんが…!?

なんだか気になって仕方がありませんww

ということで動画をまとめてみました!!

吉田沙保里のリレーずっこけ動画!

こちらが新国立競技場の
オープニングイベントで
転んでしまった吉田沙保里さんです!

トップで走ってきた吉田沙保里さん。

バトンを渡す辺りで転んでしまったようです。

けれどしっかりとバトンはつないでからのコケ!!!

ちゃんと仕事は果たしているところが
やっぱりプロですよね!!

ファーストコケw
勢い余って、コケてしまいましたぁー
その瞬間をお見逃しなく…

って完全に自虐で笑いに変えている吉田さん。

さすがです!!!

久々に運動するとコケやすい?原因はなぜ?

よく運動会で久々に走って
転ぶお父さんとか見かけますよね?

それって原因が2つ考えられるそうです。

「2つの原因」をこのように解説する。まずは「筋力低下型」だ。

「1つ目は足が地面に着いた時、体を支えられるかどうか。これが、すごく重要です。仮にジョギングなどで日常的に運動していても、短距離のダッシュは一歩に通常の5倍、6倍の負荷がかかる。これはジョギングにはないものです。年齢とともに、体を支えるために必要な中臀筋という臀部の奥にある必要な筋肉が衰えている。そうした状態で全力疾走すると、負荷に耐えられずに腰が下がり、一歩一歩進むうちに目線もどんどん下がってくる。結果的につま先が地面に当たって転んでしまう。これが一つのパターンです」

 もう一つは「意識先行型」という。

「前のめりになって転んでしまうパターンです。速く走ろうと意識だけ前に進んでしまう。どうなるかというと、上半身が前に出て、下半身が後ろで回るため、体の軸が自然と前傾に傾く。進んでいくうちに傾きがどんどん大きくなっていき、最後はバランスが崩れて足がもつれ、倒れてしまう。陸上の110メートルハードルで転倒するのと一緒の理論。スピードが落ちてくると傾きが自然とできてしまい、最後の10台目を越えた時に前傾になって倒れてしまうのと同じようなものです」

引用:https://the-ans.jp/column/4319/2/

吉田沙保里さんは2つ目のパターンかな?

筋力低下ってなかなか無さそうですw

スポンサーリンク

運動神経抜群の吉田沙保里の姿も!

吉田沙保里さんといえば、
長年レスリングで培ってきた
運動神経の良さで有名です!

https://youtu.be/c1IFFnPTKo0

やっぱり圧倒的な強さですよね!

相手だって他国の代表なはずなのに、
吉田沙保里さんが強すぎて
全く敵いません!!

そしてレスリングだけでなく、
他のスポーツでもその運動神経の良さを
披露してくれています!!

こちらははじめてのサーフィン!

https://www.instagram.com/p/B3GUvwblDH7/?igshid=1e2ittixo9re0

普通に乗ってる!!w
はじめてとは思えないですよね!!

上のリレーでも一位独走でしたし、
人並み以上の能力は確実ですよね!

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です